FC2ブログ










('A`)1レス短編


300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 22:10:25.74 ID:09VMpV7V0

時は冬。
木枯らしが吹き荒れ、道行く人は自らの家に帰ろうと足を速める。
しかし俺は家がなかった。ここを歩いている全ての人が家があるにもかかわらず、だ。


('A`) 「どうして、俺にはないのに彼らにはあるのだろう」


さらに俺は腹が減っていた。
歩いている人が腹が減っていないにもかかわらず、だ。


('A`) 「人は腹が減る。それを解消するには食物を食さなくてはいけない」

('A`) 「しかし俺は食物を食することができない。金がないから。これはおかしい」

('A`) 「生きていくのに必要なのに俺に割り当てられていない説明がつかない」

('A`) 「おかしい。おかしい。おかしい。おかしい。」


そうして俺は野垂れ死に、天使にお迎えされたを受けた後、神の御許に通された。
そして神に食物として摂取され、胃袋で分解され、小腸で吸収されたあと、大腸を通り、排泄物として外に出た後意識は途切れた。


―了―


[ 2008/12/21 23:33 ] 1レス短編・保守文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/958-075342d3