FC2ブログ










( ^ω^)と( ФωФ)はフタヒトのようです 2話


76 :保守代わりに投下:2008/12/17(水) 05:33:57.67 ID:9LWgM6Ir0

いい天気だ、と心から思えるような清清しい日差し
そして森の澄み切った空気は体の中から洗われるように感じられた

ブーンは東へ向けて歩を進める、なぜ彼は旅を続けるのだろうか
それはまたいずれ分かるでしょう

今は彼の物語を少しづつ紐解いて行くことにしましょう・・・
いえ失礼、「彼等」でしたね


( ^ω^)と( ФωФ)はフタヒトのようです~2話目~


( -ω-)「ロマネスク、今日のご飯は何がいいお?」

( -ω-)『そうであるな、我輩は今日は魚が食いたい気分がする気もする』

( -ω-)「どっちなんだお・・・」

( -ω-)『そういうホライゾンはどうなのであるか?昨日は我輩の要望で鳥肉であったが』

( -ω-)「んー、特にはないけd・・・!」

( -ω-)『進行方向2時の方向に兎であるな、距離30mといったところであるか』

( -ω-)「今日のご飯は決まりそうだお」

( -ω-)『まぁ悪くはないであるな』



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:38:58.82 ID:9LWgM6Ir0

動物の気配を察知したのブーンは自分の気配を瞬時に断った
人間よりも危険に鋭い動物に気取られないために

しかしブーンはその動物よりも鋭い察知能力を持っている
これはどういうことだろうか?

いえこれはまたのお話、今は狩人となったブーンを見守りましょう



( -ω-)「・・・ロマネスク、この兎さんはダメだおね」

( -ω-)『よくわかっているではないかホライゾン』

ブーンの手には兎が抱かれていた、しかしそれは獲物として捕らえた扱いではなく
明らかに兎を傷付けないように、優しく
母親が赤ん坊を抱くようにそっと抱かれていた

( -ω-)「うさぎさん行くんだお、いい子を産むんだお」

( -ω-)『我々が刈り取らずともいずれは摘まれる命やもしれぬ』

( -ω-)「『でも僕(我輩)にはそんな多くの命は刈り取る必要はないのである』お」

そっと兎を野に帰すと兎はぴょこぴょこと逃げ出した
敵ではないとわかった故だろうか、その足取りには安心すら感じられた



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:43:18.02 ID:9LWgM6Ir0

( -ω-) 「さてロマネスク、ご飯どうするかお・・・」

( -ω-)『保存食があるとはいえ、メインディッシュが悩みどころであるな』

( -ω-)「まぁ日没まではまだ時間もあるし、歩けば何かみつかるかもしれないお」

( -ω-)『弟者の保存食ならば十分に満足できるのであるしな』

流石兄弟との別れから2週間が経過していた
弟者の作ってくれた保存食はまるで時間がたてば経つほど旨みが増すような不思議な保存食
きっとスパイスにブーンの流石兄弟への重いが凝縮されていっているのであろう

もちろん保存食以外にもブーンが旅を続ける途中に見つけた果物、動物、魚など
様々なものが消費されているので保存食の減りは意外と少なかった

この森に入ったのは1週間ほど前であったが道が整理されており道中に行商とすれ違う事もあった
東の事を聞けばどうやらここから一番近い国は阿部国らしい
そこから着たという男商人は国の名前以外あまりしゃべりたくなさそうであり

(商人)「悪いことはいわねぇ・・・あの国には近づくんじゃねぇ・・・」

と、ブーンに注意を促したほどであった


( -ω-)「ロマネスク、あの商人は馬車で5日程度だと言っていたおね?」

( -ω-)『阿部国とやらまでであるか、確かそう言っていたであるな』



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:49:45.73 ID:9LWgM6Ir0

( -ω-)「あの商人と出会ったのが一昨日だから、1週間以内には着くかおね?」

( -ω-)『順調に行けばその程度で到着するであろう、しかしあの商人の脅えようがきになるであるが』

( -ω-)「何であの人はあんなに脅えていたんだおね・・・」

( -ω-)『悪政の支配する国なのか、はたまた奇病の蔓延する国なのか、行ってみなければ分からないのである』

( -ω-)「国というのは久々だおね、ヒロユキを出て以来初めてじゃないかお?」

( -ω-)『国というのは統治者の元での生活であるからな、しかし阿部国とやらは流石兄弟の話にも出ていなかったか?』

( -ω-)「そういえば、弟者が嫁ぐとかどうとか・・・」

( -ω-)『男が嫁ぐ・・・アブノーマル・・・むぅどんな国なのであろうな、詳細を聞いておけばよかったのである』

( -ω-)「でも兄者からは注意も受けなかったし、問題はないと思うお・・・っ!」

ブーンの足が止まる、明らかに自分に向けられている敵意を感じ取ったからだ

( -ω-)『フム、囲まれているであるな』

( -ω-)「ちょっと阿部国について語りすぎたかおね、6、7・・・9人かお」

( -ω-)『気付いてないフリをして様子をみるであるか、どうせ野盗の類であろう』

( -ω-)「そうだおね、この程度ならどうにでもなるお」

( -ω-)(「『無駄な命は散らしたくないのである』お」)



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:57:18.90 ID:9LWgM6Ir0

戦いになれば必ず自分達が勝つ、確信があった
決して自信過剰なのではない、自分にはそれだけの力がある、そう自覚しているだけなのだ
そしてブーンにはその力が確かにあった

  _
( ゚∀○)「なんだあいつら動きを止めやがったぞ・・・気付かれたか?」

望遠鏡ごしにブーンを見張る野盗

(野盗1)「この距離で気付くわけないっすよジュルジュさん」

(野盗2)「俺らですら望遠鏡ごしじゃないと見えないのにw」

ジョルジュと呼ばれた男が眉をしかめる
野盗の頭目ジョルジュ、仮にも野盗を束ねる男は勘は鋭いようだった
  _
( ゚∀゚)「まぁ、この距離で気が付ける野郎はいねーよな」

(野盗1)「そうっすよwどうしますか?いつもの位置でやっちゃいますか?」

(野盗2)「この前の商人は逃しちまいましたしね、久々の獲物っすよ」
  _
( ゚∀゚)「この前はおっぱい談義に熱くなりすぎたからな・・・あの商人もおっぱい好きならしょうがねぇだろう」

・・・ジョルジュは無類のおっぱい好きだった
そしてこの野盗はおっぱい好きで構成されるおっぱいのためのおっぱい好きによるおっぱい野盗

               【合言葉は「美乳は正義」】



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:01:03.21 ID:9LWgM6Ir0
  _
( ゚∀゚)「いつもの場所で仕掛けるぞ、準備はいいか野郎ども」

(野盗1)(野盗2)「了解っす」

胸の前で両手で2つの輪を作りながら野盗が配置についていった
もちろんこの合図を決めたのはジョルジュである

( -ω-)(「動いたおね」)

( -ω-)(『約30m先で仕掛けてくるようであるな』)

( -ω-)(「話せば分かる奴らであってほしいお・・・」)

( -ω-)(『むぅ、しかし不思議な敵意であるな、随分固い信念を持っているようであるが』)

歩を進めるブーン、そして予測通り約30m先でその道が丸太によってふさがれた
囲んでいた野盗が次々と姿を見せる
手にはナイフ、弓、片手剣など様々な得物を手にしている、明らかに強盗であった
  _
( ゚∀゚)「旅人か?すまねーが金目のものを置いて行ってもらおうか」

丸太の先に立つジョルジュ、片手で斧を担いでいるが明らかにその斧は巨大であった
人間一人を超える重さを持つであろう斧を片手で軽々と担ぐジョルジュ、並外れた肉体であるのは間違いない

( -ω-)「野盗かお、すまんが君たちに渡せる金目のものはないお」

しかし、落ち着きはらった様子でブーンは切りかえした



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:07:58.82 ID:9LWgM6Ir0

(野盗1)「おいおいおめえの目は節穴か?」

(野盗2)「その腰につけてる刀は飾りもんかwそれをよこせってんだよw」

(野盗3)「ついでにその荷物もおいてけよwww」

得物をちらつかせ口々に煽る野盗達、しかしまったく動じないブーン
  _
( ゚∀゚)「おめぇらちょっと黙れ、こいつに脅しは通用しねぇよ」

( -ω-)「君が頭かお?」
  _
( ゚∀゚)「おう、君じゃなくてジョルジュな、てめぇ何でそんなに落ち着いてやがる」

( -ω-)「失礼したお、ジョルジュ、僕は冷静にものを見てるだけだお」
  _
( ゚∀゚)「この状況で冷静になれる人間ってのはそういねーと思うがな、てめぇ名はなんつーんだ」

( -ω-)「これは度々失礼だお、僕の名前はブーンだお」
  _
( ゚∀゚)「ブーン、てめぇは大馬鹿なのか、腕に自信があるのかどっちだ?」

( -ω-)「腕に自信のある大馬鹿だお」

ブーンがそう言った直後に「チン」と鍔鳴りの音がした
  _
( ゚∀゚)「・・・お前ら、アジトに戻れ」



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:13:07.17 ID:9LWgM6Ir0

(野盗1)「なにいってんすかジョルジュさん」

(野盗2)「久々の獲物っすよwwwその刀結構よさげなのにwww」

( -ω-)「お願いしますお「退いて」くださいお」
  _
(# ゚∀゚)「お前ら、俺の言う事が聞けねぇのか、アジトに戻れっつってんだよ!」

聞き分けのない野盗達に凄むジョルジュ、明らかに最初と空気が違うことに野盗達もやっと気が付いた
そそくさと森の中へ散って行く野盗達を見届けてジョルジュはブーンに向き直った
  _
( ゚∀゚)「これでいいんだろう・・・」

( -ω-)「部下の前では冷汗一つかかず、中々器量のある男で僕も助かったお」

ジョルジュの着ていた服に切れ目が入っていた
ジョルジュとブーンの距離は10mほど、しかも間には巨大な丸太を挟んでだ
鍔鳴りの音の直後にジョルジュは気付いた

自分達は手を出してはいけない人間に手を出そうとしているのだと

  _
( ゚∀゚)「おめぇなにもんだ?ここまで凄腕の奴なら名前くらい聞こえててもいいもんだが・・・」

( -ω-)「僕は【フタヒト】なんだお」
  _
(; ゚∀゚)「・・・!!」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:21:05.41 ID:9LWgM6Ir0

【フタヒト】それはこの世界での生態系のTOPに立つものの名前
ジョルジュも知っていた、【フタヒト】は人間でありながら人間を超えた存在であると
  _
( ゚∀゚)「そうかい・・・詳しくは知らんが俺はとんでもないものに手をだしちまったようだな」

( -ω-)「このままジョルジュも退いてくれると助かるお」

圧倒的な力の差、今目の前で見せ付けられたこの差


しかし


  _
( ゚∀゚)「ブーン、男ってのは何だと思う?」

( -ω-)「・・・唐突だおね、それは生物学的な意味でかお?」

意図を分かった上で質問を逸らすブーン

そして両手に斧を握るジョルジュ
  _
(# ゚∀゚)「質問に質問で返すのは最悪の解答なんだぜ!!」

丸太を飛び越えブーンに向けて一気に斧を振り下ろす
空気を裂く音が聞こえ、轟音が一帯に鳴り響いた
土が舞い、あたりが粉塵に包まれた



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:27:17.20 ID:9LWgM6Ir0

( -ω-)「すまなかったおジョルジュ、男ってのは「逃げない」ものだと思うお」

「チン」と鍔鳴りの音をさせ、先ほどと変わらぬ姿勢で立つブーン
  _
( ゚∀゚)「そうかい、俺はおっぱいを愛するのが男だと思ってる」

ブーンの真横に立つジョルジュ
お互いに傷は無い、傷があるとすれば


無残に切り刻まれ、小さな鉄の塊になったジョルジュの斧だろう
  _
( ゚∀゚)「かなわねーな・・・、好きにしろや」

( -ω-)「命は取らんおジョルジュ、それに僕は君みたいな人間は好きだお」

( -ω-)『いまどき珍しい気概のある男であるな』
  _
(; ゚∀゚)「!?腹話術か?それとも仲間か?!」

突然の声、ジョルジュが何が起きたのか分からないといった顔で目を白黒させる
そりゃそうだろう、人間思いもよらない事には中々対応できないものだ

( -ω-)「ジョルジュ、君は「逃げなかった」、真っ向から僕に向かってきた」

( -ω-)『我輩と話をする権利を得たであるな』
  _
(; ゚∀゚)「1人称変わってる?!我輩?!」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:34:43.34 ID:9LWgM6Ir0

なにがなんだか分からないというジョルジュ
ささやかな笑みを浮かべジョルジュに相対するブーン
奇妙な光景だった

先ほどまでは片方は命を賭けた勝負を挑んでいたというのに・・・

( -ω-)「ジョルジュ、僕たちは今日のメインディッシュについて悩んでいるんだお」

( -ω-)『我輩の口に合いそうな料理を何かご存知であるか?』

あっけに取られるジョルジュ
メインディッシュ・・・?飯?
この状況で飯について悩むのか・・・
  _
(; ゚∀゚)(器が違うな、そして何より力の差も・・・)

ジョルジュはブーンに興味を持ってしまった
彼にとって幸運なのか不幸なのか、それは彼のみぞ知るところである
しかしジョルジュは妙にすがすがしい気分だった
  _
( ゚∀゚)o彡゜「おう!いいぞ!俺の特製おっぱいフルコースをてめぇにご馳走してやる!」
  _
( ゚∀゚)「その代わりてめぇの話いっぱい聞かせてもらうかんな!」

( ^ω^)(『やれやれ、また【フタヒト】について色々説明しないといけないようである』お)



( ^ω^)と( ФωФ)はフタヒトのようです 2話おしまい







関連:( ^ω^)と( ФωФ)はフタヒトのようです


[ 2008/12/17 21:00 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

続きwktk(* ・∀・)
[ 2008/12/18 12:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/933-4ea31f81