FC2ブログ










( ♀ω♀)はゴミを拾うようです


135 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/06(土) 12:16:23.37 ID:6FEEuZxk0

ここは町
だった場所

でも今はただのゴミ溜め
辺りに広がるのは鉄くずの原っぱ
後は所々に肉の塊があるのみです



136 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/06(土) 12:16:39.35 ID:6FEEuZxk0

地平線まで鉄くずしかありません
そんな生気など微塵も感じられない場所に
一つだけ動く物がありました

( ♀ω♀)「…ギギギ……」

それは1台の機械人形でした
彼は足元を見回しながら何かを探しています
そして、手ごろな大きさのゴミを見つけると
背中の籠に放り込みました



138 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/06(土) 12:18:52.66 ID:6FEEuZxk0

( ♀ω♀)はゴミを拾うようです



139 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/06(土) 12:19:16.88 ID:6FEEuZxk0

  ~~~~~


  ずっと昔
  何百年も昔
  ここには”ニンゲン”という生き物が住んでいました
  彼は、その”ニンゲン”達に作られたのでした

  ”ニンゲン”は彼に一つの仕事を与えました

  ( ^ω^)「ゴミを拾って、町を綺麗にするんだお
         そうすればもっと住みやすい町になるお!
         みんな喜ぶお!」



140 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/06(土) 12:19:34.39 ID:6FEEuZxk0

  彼は一生懸命その仕事に取り組みました
  誰よりも一生懸命ゴミを拾いました
  だれも褒めてなどくれませんでした
  それでも彼はゴミを拾い続けました


  ~~~~~



141 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/06(土) 12:20:21.54 ID:6FEEuZxk0

( ♀ω♀)「……ガガガ…」

数分後には彼の背中の籠はいっぱいになっていました
彼はそれをある所に持って行きます

ゴミ処理場
だった場所

今はもうゴミ処理場はありません
そこにはただ大きな穴が開いているだけです


  ~~~~~



143 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/06(土) 12:21:01.67 ID:6FEEuZxk0

  ( ^Д^)「おい、ポンコツ
        誰がこの家の周りを掃除してくれだなんて頼んだ?」

  ( ♀ω♀)「………ギギ」

  彼に悪気はありませんでした

  ただゴミがあったから
  拾おうとこの家の前を通っただけでした

  ( ^Д^)「テメエみたいなポンコツロボット見てると
        イライラすんだよ
        錆を撒き散らして、逆に汚してんじゃねーのか?」

  彼は庭の外に蹴飛ばされたのでした



144 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/06(土) 12:21:23.54 ID:6FEEuZxk0

  ~~~~~


( ♀ω♀)「……グギギ…」

穴にゴミを流し込みます
焼かれる事もなく、山のようにゴミがたまっています


  ~~~~~



145 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/06(土) 12:21:44.32 ID:6FEEuZxk0

  l从・∀・ノ!リ人「また掃除してるのじゃ?」

  いつだったか”ニンゲン”の子供が
  話しかけてきたことがありました

  ( ♀ω♀)「……グギギ…」

  ただ彼は言葉が分からなかったので
  かすれた機械音で返事をするしかありませんでした

  l从・∀・*ノ!リ人「毎日続けれるなんて偉いのじゃー!
            兄者なんていつもアルバイトが三日も続かないのじゃー」

  ( ♀ω♀)「……ゲゲゲ…」

  言葉は分かりませんでしたが、
  彼はこれが”喜ぶ”という事なのだと感じました


  ~~~~~



146 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/06(土) 12:22:31.55 ID:6FEEuZxk0

( ♀ω♀)「……ガガ…ギ」

”ニンゲン”達はある日を境にいなくなりました
辺りが急に明るくなったと思ったら
目を開けた時には町は跡形もなく無くなっていました

彼を作った科学者も
彼に気付かなかった”ニンゲン”達も
彼を蹴飛ばした”ニンゲン”も
喜んでくれた”ニンゲン”もいなくなりました

それでも彼はゴミを拾い続けます

それが彼の仕事だから

それだけが彼の意味だから



            ~おわり


[ 2008/12/06 21:27 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ウォーリー
[ 2008/12/07 21:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/885-b957e13d