FC2ブログ










川 ゚ -゚)サファイアのようです


959 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中:2008/12/03(水) 13:35:32.96 ID:vW4yq/PQ0

風鈴はからからと
虚しく悲しく音鳴らす
傍らに寝た彼女の髪も
音と同時に、風にゆられて……









川 ゚ -゚)サファイアのようです





961 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中:2008/12/03(水) 13:36:41.76 ID:vW4yq/PQ0
川 ゚ -゚)「おっと……寝てしまったようだ」

(´・ω・`)「寝ててもよかったのに。兄さんが来たら起こしてあげるから」

川 ゚ -゚)「馬鹿言うなショボン。男の側で無防備になるなんて、女としてやってはいけないことだ」

(´・ω・`)「僕は手なんかださないよ」

川 ゚ -゚)「お前は甘い。人間は本能に気づいたら、それに逆らえなくなるものさ」

彼女はそう言い静かに笑う
その様はまるで女神のよう
やっぱり僕にはできないよ
君に手をだすことなんて



963 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中:2008/12/03(水) 13:38:06.17 ID:vW4yq/PQ0

(´・ω・`)「……」

川 ゚ -゚)「にしても、今日は日差しが強いなあ」

(´・ω・`)「……そうだね」

川 ゚ -゚)「あ、アゲハ蝶」

(´・ω・`)「ほんとだ。大きいね」

川 ゚ -゚)「このサンダルかりていいか? 庭に出て捕まえたいんだ」

(´・ω・`)「どうぞどうぞ」

川 ゚ -゚)「サンキュー。それじゃ」

真夏の光が君を包んで
その白い肌に反射して
宝石のように淡く光るよ
ライトをあてたみたいにね



965 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中:2008/12/03(水) 13:40:49.11 ID:vW4yq/PQ0

(´・ω・`)「……サファイアかな」

川 ゚ -゚)「ん?」

(´・ω・`)「いや、クーを宝石に例えるならサファイアかなーと思ってさ」

川 ゚ -゚)「私の誕生石はサファイアだぞ」

(´・ω・`)「そっか。九月生まれだもんね」

川 ゚ -゚)「うむ」

(´・ω・`)「じゃあサファイアで決まりだ」

川 ゚ -゚)「決められてもどうしようもないがな」

(´・ω・`)「……アゲハ蝶はどうしたの?」

川 ゚ -゚)「あ」

(゚ 川川「…………」

川 ゚ -゚)「……逃げられた」

(´・ω・`)「……」



966 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中:2008/12/03(水) 13:42:52.71 ID:vW4yq/PQ0

川 ゚ -゚)「ショボンのせいだぞ」

(´・ω・`)「なんでさ」

川 ゚ -゚)「あのタイミングで話しかけてきたからだ」

(´・ω・`)「蝶を逃がすために話しかけたんじゃないよ」

川 ゚ -゚)「……まあいいか」

(´・ω・`)「…………」



968 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中:2008/12/03(水) 13:44:55.18 ID:vW4yq/PQ0

川 ゚ -゚)「やっぱり縁側はいいな。うちにも欲しい」

(´・ω・`)「兄さんと結婚して、うちに入ればいいじゃないか」

川 ゚ -゚)「そこまで長く続くかわからない」

(´・ω・`)「……そう……だね」

川 ゚ -゚)「ああ…………」

(´・ω・`)「……あ、あと」

川 ゚ -゚)「ん?」

(´・ω・`)「あ、あの……」

川 ゚ -゚)「なんだ?」

(´・ω・`)「に…………」


兄さんじゃなく僕と結婚して、うちに住むこともできるしね

その一言の冗談が、なかなか言えなくて……



970 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中:2008/12/03(水) 13:47:00.20 ID:vW4yq/PQ0

「ただいまー」

(´・ω・`)「あ」

川 ゚ -゚)「む」

(`・ω・´)「……ん?」

川 ゚ -゚)「おかえり」

(`・ω・´)「クー、きてたのか」

川 ゚ -゚)「ああ。ショボンにノート貸してもらうののついでに、シャキンに会おうと思ってな」

(`・ω・´)「俺はノートのついでか……」

川 ゚ -゚)「冗談だ」

(`・ω・´)「わかってる」

川 ゚ー゚)「ふふ」

(´・ω・`)「……」

二人の世界があっというまに
僕の前に作られる
かみ合ったパズルの隙間は
狭くて狭くて入れない



972 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中:2008/12/03(水) 13:49:01.49 ID:vW4yq/PQ0

(`・ω・´)「買い物でもいくか」

川 ゚ -゚)「映画が見たい気分だ」

(`・ω・´)「それもいいな。ショボン、クーと出かけてくる」

(´・ω・`)「わかった」

川 ゚ -゚)「それじゃ、また今度な」

(´・ω・`)「うん、また……」

君は輝くサファイアで
兄は分厚い綺麗なガラスで
僕は無力な傍観者
盗むことなどできやしない



973 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中:2008/12/03(水) 13:51:07.01 ID:vW4yq/PQ0

僕はガラスを割ることも

取り除くこともできなくて

サファイアはいつまでも

僕のものにならなくて


 川 ゚ -゚)(`・ω・´)


傍観者は何をやっても

ガラスにはなれなくて

サファイアはいつまでも

ガラスの中でひとり、

煌々と輝いている―‐。




[ 2008/12/03 20:49 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/856-dca89a9b