FC2ブログ










川 ゚ -゚)麗しき獣のようです


340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 22:51:13.99 ID:2KWPFg+FO

>>281―土下座
>>283―刹那の見切り
>>284―1億円分のゴミ
>>285―雌獣人


―川 ゚ -゚)麗しき獣のようです―



341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 22:57:11.05 ID:2KWPFg+FO

雌獣人クールは悩んでいた、彼女が見つめる先にあるの山と積まれた骨、骨、骨

鳥、魚、獣、人骨、あらゆる骨が1つの小高い山を作っている

川 ゚ -゚)「さて、どうしたものか。モララーにでも頼んでみるか」

クールは携帯を取りだし、短縮ダイヤルを押した



342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 23:03:26.18 ID:2KWPFg+FO

Trrrrr、ガチャ

( ・∀・)「まいど!毎日ニコニコ現金払い、便利屋モララーです!」

川 ゚ -゚)「人間モモ肉の唐揚げ弁当(男)1つ」

( ・∀・)「すいやせーん、人間(男)はさっき全部出ちゃったんですよー」

川 ゚ -゚)「きさま、骨になるまで食らってやろうか」



344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 23:08:19.80 ID:2KWPFg+FO

(; ・∀・)「ま、まて!冗談に聞こえない!話せば分かる!土下座するから!お願い!このとーり!」

川 ゚ -゚)「冗談だ、骨まで食らってやる」

( ・∀・)「うひゃぁぁぁぁぁぁ!お助けおぉぉぉぉ!で、何の用?」

川 ゚ -゚)「いや、実はな食らったやつらの骨の処理に困っていてな、なんとかならんか」



349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 23:17:08.04 ID:2KWPFg+FO

( ・∀・)「なに?おまえんちの裏山をなんとかしろと?のび太くん御一行さまを招待しろと?」

川 ゚ -゚)「それがいい、ドラえもんは今週で打ち切り最終回を迎えることになるが」

(; ・∀・)「子供達の夢までも食らおうというのか、化け物め!」

川 ゚ -゚)「……なぁに、生まれながらにして化け物さ……」



350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 23:23:38.77 ID:2KWPFg+FO

( ・∀・)「あっ……ごめんなさい……」

電話ごしに、気まずい空気が流れる

川 ゚ -゚)「気にすることはない、事実だ」

( ・∀・)「ほんとにごめん……骨の件は受けるよ……やらせていただきます」

川 ゚ -゚)「いつもすまないな、恩にきる」



352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 23:28:58.71 ID:2KWPFg+FO

( ・∀・)「今から行くよ。じゃあ、後で」

川 ゚ -゚)「あぁ、ニラ茶でも淹れて待ってる」

そこで、終話ボタンを押した

30分ほど経ち、モララーの愛車・慧虎(軽トラ)がクールの自宅前に到着した



354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 23:34:20.87 ID:2KWPFg+FO

( ・∀・)「どこぞの馬の骨がいると聞いて飛んできました」

川 ゚ -゚)「ニラ茶の前に仕事だ、馬の骨」

( ・∀・)「なんと……私が馬の骨だったとは!710(ナント)大きな馬の骨!」

川 ゚ -゚)「また少し山が高くなってしまうが、致し方ないか」

そういうと、クールは鋭く尖った犬歯を剥き出しにした



356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 23:39:39.49 ID:2KWPFg+FO

( ・∀・)「ふんぬぁぁぁ!」

シュザッ

川 ゚ -゚)「ちっ、刹那で見切りおってからに」

( ・∀・)「ふふん……あらやだ、素敵な犬歯様じゃない。今晩、いかが?」

川 ゚ -゚)「生憎だが、夕飯はとうに済ませた」

( ・∀・)「あら、連れない犬歯様ね……私泣いちゃうから……知らない!」



357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 23:43:43.27 ID:2KWPFg+FO

川 ゚ -゚)「貴様の喉仏、さぞ美味かろうな」

( ・∀・)「………リアルだからヨダレ流すのはやめようね」

川 ゚ -゚)「すまない、さっきのは本音だ」

( ・∀・)「……」

川 ゚ p゚)「……ジュルリ」

( ・∀・)「さぁーさっ、お仕事お仕事。で、あの山をどうすんの?」



358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 23:48:09.83 ID:2KWPFg+FO

川 ゚ -゚)「うむ、邪魔だから片付けてほしい。用件はそれだけだ」

( ・∀・)「なんであんなになるまでそれに気付かないのかと」

川 ゚ -゚)「こんな寂れたところに文句を言う奴など住んでいない、何より私は隔r」

( ・∀・)「あーあーみなまで言うな、なんとかする。実は当てがあるんだ」



359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/14(金) 23:52:53.66 ID:2KWPFg+FO

川 ゚ -゚)「710(ナント)賢い馬の骨」

( ・∀・)「もうどうにでもして!今夜は帰りたくないの!お願い!」

川 ゚ -゚)「で、その当てとやら申してみよ」

( ・∀・)「(ここまできてスルーかよ…)ほいほい、今ね巷じゃボーンアクセサリーってのが流行っててね。骨を削って細工するんだけど、原材料の骨が高値で取引されてるんだ、特に人骨が。調達もやり方次第で法に触れるからね」


364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 00:05:30.07 ID:Phh/cY6eO

川 ゚ -゚)「なんという、偶然」

( ・∀・)「よってこのゴミの山は宝の山だったとゆーわけっすよ先輩」

川 ゚ -゚)「そーいうわけだね後輩」

( ・∀・)「で、カラマロスさんに相談したところ、人骨だっけってのもあれだし山ごと1億円で買い取るよ、と言ってきたんだけど、どうする?」



365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 00:09:54.01 ID:Phh/cY6eO

川 ゚ -゚)「1億円?なんだか実感がないのだが、いい例えはないか?」

( ・∀・)「君が!死ぬまで!毎日!人間モモ肉の唐揚げ弁当(男)を食い続けても!なくならない!」

川 ゚ -゚)「……」

( ・∀・)「……」



川 ゚ -゚)ノ▽「すごいやないかーい(チーン)」▽、(・∀・ )


~糸冬~


[ 2008/11/15 19:13 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/756-a8762a54