FC2ブログ










三文の得のようです


192 :三文の得のようです:2008/11/14(金) 07:49:30.50 ID:POtDdSBpO

俺にとってのいつもの朝は、いわゆる一つのチキンレースだ。
遅刻せず、かつ限界ギリギリまで眠れる絶妙な時間。
そいつを嗅ぎ分ける能力は、義務教育が終わる頃には粗方この身についていた。

( ー ゝー)zzZ...
   「
今日も今日とて布団を抱えて睡魔の手を取りランデブー。
崖っぷちまでまだ間はあるから臆さず逃さず睡眠タイムと…―――

( う_ゝー)。゚ 「む…」

いきましょう、ってのがいつものパターンなんだが、この日はちょっと勝手が違った。
涼しいを通り越しつつある室温が、くん、と意識を引き上げる。

(  ~_ゝ~)「……さみぃ…」

布団を求めてもそもそ動くも、一部乗り上げてしまっているのかすっぽり被ることができない。
それまで快眠できてたはずが一度寒さを感じた途端に辛抱堪らなくなるのはどういう理屈なんだろう。
対策を打てないままそんなことを思う内に寝続けるのも難しくなって、結局俺は体を起こした。




193 :三文の得のようです:2008/11/14(金) 07:50:45.74 ID:POtDdSBpO

( (   _ゝ ) )「あ゛ー…」

しばしふらふら達磨みたく揺れる。
寝惚けた頭はなおもしつこく起床オア睡眠の最終審判。いつもならきっと布団へ再ダイブだったに違いない。
が、しかし。

( ´_ゝ`)「……あら?」

自分でもびっくりなことにだんだんと頭が冴えてきてしまった。
そういや昨日は姉者にやいのやいのとこき使われて、PCもろくにいじらないまま寝たんだっけ。

早起きにはまず早寝から。単純明快な真理だな。
いや、真理とは単純明快であるからこそ真理と呼ぶのか。

( ´_ゝ`)「起きるか」
言葉遊びはさておいて、眠くないなら起きるとしよう。
そうと決めれば素早いもので、さくさく身支度を済ませてしまった。
そもそも支度自体とチャリ漕ぎの速さには定評があったりする。
睡眠を優先させるには他の時間を縮める以外になかったのだからまぁ当たり前と言えば当たり前だ。



195 :三文の得のようです:2008/11/14(金) 07:51:58.27 ID:POtDdSBpO

最近では俺に抜かされる=遅刻確定を意味することから、一部生徒に『遅刻魔の使い』と恐れられる始末……
あ、今日遅刻者二、三人は増えるかもな。内藤とか打田とか、いつも俺見るなり本気出してるし。

(<_`  )「む、早いな兄者」

(  ´_ゝ)ノ 「おぉ、おはようさん」

なんて考えながら洗面所を後にすると、寝癖のせいで鳥の巣ヘアーと化した弟者とすれ違った。

あ、今のちょっと優越感。

寝てる背中を出がけに蹴っ飛ばしてく奴より先に準備万端あとは飯食うだけでおkってのは、なかなか。




196 :三文の得のようです:2008/11/14(金) 07:52:48.83 ID:POtDdSBpO

  彡⌒ミ
 ( ´_ゝ`)「やぁ兄者、おはよう」

 @#_、_@
  (  ノ`)「おや、随分と早いじゃないかい」

∬´_ゝ`)「あらま、槍でも降らす気?」

あー、でもこれはなんだか悲しくなるね。泣けてきちゃうね。

( ´_ゝ`)ー3「なんだなんだ、みんなして珍獣見たような顔をして」

そりゃまぁ確かに朝にこうしてじっくりお顔を拝見するのは久々ですが。

(´<_` )「日頃の行いだろ」

(  ´ ゝ)「ちぇー」
     '
あぁやっぱりそこを突いてきますか、ワックス隠すぞこの野郎。
それにしても身支度早いな、我が弟ながら流石、ってかあのボンバーヘッドをものの数分で
今風セットに変えられちゃうワックス様が流石なのかこれは。




199 :三文の得のようです:2008/11/14(金) 07:54:04.15 ID:POtDdSBpO

∬´_ゝ`)「悔しかったら毎日ちゃんと起きなさい」

( ´_ゝ`)「善処するよう検討しよう」

(´<_` )「あぁ、そうしてくれ。
      『遅刻せぬためにと……17才少年トラックに衝突』なんて見出しになる前に」

(;´_ゝ`)「普通に事故る前にとか言ってくんない?
      なんかそれ無駄にリアルでものっそい嫌なんだが」

(´<_` )「童貞のまま享年17才になるのは嫌だろう」

(#´_ゝ`)「どど、童貞ぬかすなお互い様だろがこんにゃろう」

(<_`  )「あ、すまん姉者、俺にもお茶くれ」

∬ ´_ゝ)「はいはい」

あ、聞いてないし。しかも俺の分はなしですか姉者よ。

(   _ゝ)「ふっ……。まぁ、たまに起きてきてもこんなml从・∀・ノ!リ人「おはようなのじゃー!」

(* ´_ゝ`)「おぉ、妹者じゃまいか。おはよう」

よろしく哀愁のはずが即さよならになってしまったが心のオアシスがお目覚めとあっては仕方ない。
うむ、流石妹者、今日も今日とてかわいらしい。




201 :三文の得のようです:2008/11/14(金) 07:55:07.53 ID:POtDdSBpO

l从・∀・ノ!リ人 「む、おっきい兄者も早起きなのじゃー!
      いいこいいこするのじゃー!」

訂正。いつにもまして目も眩まんばかりに愛らしい。
小さな背を目一杯伸ばして頭撫でようとしてくれるこの姿にときめかない奴がどこに居るというのか。

(* ´_ゝ`)「なんと。三文の得とはよく言ったものだな」

l从・∀・ノ!リ人「ちゃんと起きたら明日もしてあげるのじゃー」

(* ´_ゝ`)oそ「よーしおっきい兄者頑張っちゃうぞー!」

Σσl从・∀・ノ!リ人「頑張るのじゃー!」

あぁもういいです、バカで。しゃがんだまま誓いもしようってもんですよ何この可愛い子。

∬´_ゝ`)「「……」」(´<_` )

冷ややかな視線が刺さってる気がするけどもそんなの関係ねぇですよ、いやホント。

∬´_ゝ`)(明日って、土曜よね…)

d(<_`  )+(流石だな、妹者)

イエーイ!(* ´_ゝ`)人l从・∀・ノ!リ人 ナノジャー!

なんかこそこそ言ってるようだが意識に留めない方向で、
意味もなくと妹者と手を叩き合わせたりして遊んでみる。

と、



203 :三文の得のようです:2008/11/14(金) 07:55:46.50 ID:POtDdSBpO

 @#_、_@
  (  ノ`)「遊んでないで座りな。ご飯できてるよ」

お玉を片手に母者が台所から顔を覗かせる。
食卓にはご飯と味噌汁、塩鮭が湯気を立てていて、仕上げとばかりに漬物まで追加された。
反射的に、ぐぅ、と腹の虫が鳴く。

∬´_ゝ`)「あ、ごめん弟者、ふりかけとって」

◇⊂(´<_` )「ん」

( ´_ゝ`)「ぬっ、出遅れたか。行くぞ妹者」

l从・∀・ノ!リ人「合点承知なのじゃー!」

さくさく食べ始めている薄情者達に負けじと、二人して慌てて、卓についた。



l从・∀・ノ!リ人「いただきますなのじゃー」

( ´_ゝ`) 「いただきまーす」

 @#_、_@
  (  ノ`) 「しっかり食べな」


そう笑う母者の表情は、心なしかいつもよりも穏やかだった。



205 :三文の得のようです:2008/11/14(金) 07:57:47.82 ID:POtDdSBpO

l从^~^*ノ!リ人 「母者のご飯は最高なのじゃー」

(* ´ ゝ`)「うん、うまうま」
   ~

皆でゆっくり食う朝飯は、自転車を漕ぎつつ慌ただしく飲み込むトーストよりも、やはりずっとうまかった。


  彡⌒ミ
 ( ´_ゝ`)「ご馳走様。それじゃあ…」

 @#_、_@
  (  ノ`)「あぁ、行ってらっしゃい」

( ´_ゝ`)∬´_ゝ`)「「「「行ってらっしゃい(なのじゃー)」」」」(´<_` )l从・∀・ノ!リ人

  彡⌒ミ
 (* ´_ゝ)ノシ「行ってきます」


普段からにこやかだが控え目な父者が手まで振って出掛けていったのが何だか印象的だった。


久しぶりの団欒の朝は、よくこの中で寝てたなぁ俺、なんて感心しそうになるほどに賑やかで、
充実感みたいなのもあって、

( ´_ゝ`)(早起きも悪くない、かもなぁ)

ガラにもなく、そう思った。



207 :三文の得のようです:2008/11/14(金) 07:58:25.42 ID:POtDdSBpO

∬´_ゝ`)(いい感じ、かしら)

前日に何かと手伝いを頼み早く寝るよう仕向けた姉者が、

(´<_` )(まぁ、第一歩としては上出来か)

自分の支度を後に回してまで人の部屋の窓を開けた弟者が、

l从・∀・ノ!リ人(兄者早起きさん化作戦、絶対成功させるのじゃー)

かわいらしい策略でひとまず明日の自主的な早起きを約束させた妹者が、

  ∬´_ゝ`) l从・∀・ノ!リ人 (´<_` )

それぞれそっと目配せなんぞしていたのだが、


(* ´_ゝ`)(まぁ妹者との約束もあることだし、明日は絶対に起きるとしよう)


時間相手のチキンレースは元より、『遅刻魔の使い』のあだ名をも過去のものに変わる可能性も含めて、
この時の俺に気付けるわけがなかった。



三文の得のようです  おわり



[ 2008/11/14 17:17 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/752-13e6d680