FC2ブログ










从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです

※性的な意味で閲覧注意








38 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです1/14::2008/11/13(木) 21:30:24.05 ID:Y9Ji+B8AO

彼の、いや、男の力は強かった。
彼女も女性離れした力の持ち主ではあったが、その男にはかなわなかった。

从#゚∀从「離しやがれっ」
  _
( ゚∀゚)「それでハイ離しますって言う奴は居ないだろJK」

立ったまま、背後から抵抗を封じるように体全体で押さえ込まれる。
壁に押しつけられた豊満な乳房が痛いほどだ。
おまけに、彼女の尻の辺りには硬い何かが当たっていた。

从;゚∀从「やめ───ッぁ、こら…ッ! ど、どこ触っ…」
  _
( ゚∀゚)「どこって…そりゃ、」

 



39 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです2/14::2008/11/13(木) 21:32:46.26 ID:Y9Ji+B8AO

男はわざとらしく言葉を切り、彼女の耳朶を口に含む。

从;゚∀从 ビク!

舌を動かす度にがくがくと揺れる体が、押し付けた性器をこすりあげて男に快楽を与えた。
とりわけ彼女のスカートの生地が男を興奮させた。
冬物の制服は微かにザラザラとして、女子高校生を意のままにする己の力を知らしめている。
  _
( ゚∀゚)「ここだよ。あんたの体に触らなきゃなんねぇとしたら、誰でもここを選ぶと思うけどな…」
从;∀从「ぅあ、ぁ、何でだよぉっ」

 



41 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです3/14::2008/11/13(木) 21:34:01.30 ID:Y9Ji+B8AO

常々彼女のコンプレックスであった大きな乳房。それをたゆん、と音をたてるように手の平で弾ませる。

从;∀从「やだっ、や、触るな…ッ」
  _
(* ゚∀゚)「減るもんじゃなし、好きにさせろって。揉まれるためのおっぱいだろ」

制服のブラウス越しにもその重量と柔らかさは伝わり、男はいっそう興奮してブラウスのボタンを外した。
ひきちぎるような愚行をおかさなかったのは男に残った最後の理性の証かもしれない。
冷たい外気にむき出しにされたのは、彼女のサイズにしては珍しい、花モチーフの刺繍が施された可愛らしいブラジャーだった。
 



42 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです4/14::2008/11/13(木) 21:35:07.92 ID:Y9Ji+B8AO
  _
( ゚∀゚)「ふーん、黒とかのが似合うのに。肌白いしさ、こんなピンクのなんて似合わねぇよ?」
从#;∀从「うるせぇ…っ!」

こんな状況下にあっても、勝気な性格は鳴りを潜めないらしい。涙を滲ませながらも鋭く睨む彼女に一瞬気圧された男は、それを恥じるように殊更下卑た笑みを浮かべる。
  _
( ゚∀゚)「…決めた、泣かす」

男は乱暴にブラジャーを押し上げると、力強い指を柔肉に食い込ませ、刺激と寒さに尖りはじめた突起をつまみあげる。弾かれたように背筋を反らせた彼女はいやいやをするように身をよじらせた。
 



43 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです5/14::2008/11/13(木) 21:36:18.93 ID:Y9Ji+B8AO

从;∀从「ぁ…ッぁ、くそ…っ!」
  _
( ゚∀゚)「ちんこみてぇに勃起してきたぜ、ここ」
从//д从「あぁあっ」

品の無い男の言葉に煽られ、彼女はこっそりとスカートの中で内腿をこすり合わせた。ぬらり、とした粘液の感触。濡れている。

从//д从「ふ、ァ、‥っ!?」

男の手が、おもむろにスカートをめくった。外気に晒されるのを感じた彼女が振り向こうとした時には遅く、ブラジャーとお揃いの下着がつままれる。クロッチの部分がぬるぬるになっているのを男に悟られてしまった。
  _
( ゚∀゚)ゴクリ
  _
( ゚∀゚)「…動くなよ」
 



44 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです6/14::2008/11/13(木) 21:37:15.92 ID:Y9Ji+B8AO

しかし男は予想されたように彼女を揶揄することも無く、押し殺したような声で彼女を制す。ごそり、と股間で男の両手が動き───。

シャ  キン 。

从;゚∀从「え…?」

すぅ、と、濡れた股間が冷えた。
遅れて、何をされたのかを理解する。
切られた。───何を。下着だ。
下着のクロッチ部分をつまんで切り、円状に穴を…つまり穴開きパンティの如き形状に仕立てたのだ。

从;゚∀从「…っちょ、えぇ…?」

困惑する彼女をよそに、無遠慮な指は下着の上縁を掴んで引っ張りあげる。当然『穴』は大きくなった。
 



45 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです7/14::2008/11/13(木) 21:38:24.53 ID:Y9Ji+B8AO
  _
( ゚∀゚)「前から使ってみたかったんだよな」
从//д从「ひぅ…ッ」

乾いた指が濡れ始めた割れ目をこすり、彼女は背筋を凍らせる。しかし男の目的は更にその後ろだった。
男はあろうことか、ぬるぬるになった指を彼女の肛門に這わせたのである。

从;д从「ゃ…ッだ、やだやだやだぁ…っ!!」

限界を越えて振り切れた恐怖と羞恥にか、そこはひくひくと誘うように震えていた。
  _
( ゚∀゚)「あー心配すんなって、ちんこいれたりはしねぇから。違うもんはいれっけど」
从||д从「ぎ…ッ!?」
 



47 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです8/14::2008/11/13(木) 21:39:52.15 ID:Y9Ji+B8AO

己の肛門を何か細長いものが貫くのが、ハッキリと分かった。押し込むように、節くれ立った指までが肛門括約筋を押し広げる。

从;д||从「くぁ、ぁ、痛、あ…ッ」
  _
( ゚∀゚)「悪ィなー、俺も坐薬タイプは初めてでさ」

悪いとは言いながらも全く悪びれた所のない男。最も、強姦を決行するような男である。モラルを求めても無断なのは確かだった。

从#゚∀从「何いれやがったてめぇ…」
  _
( ゚∀゚)「うん? ただの媚薬だって。FOXのだけど」

───製薬会社FOX。ありとあらゆる非合法な薬物の老舗である。
イチオシの媚薬は依存性は無いが効き目の確かさときつさに定評があった。
 



49 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです9/14::2008/11/13(木) 21:41:21.40 ID:Y9Ji+B8AO
  _
( ゚∀゚)「塗るタイプはすぐ薄まっちゃうからさ、オーダーしといたんだよね」

直腸からの吸収は肝臓を経由しない分、かなり早い。
既に体の芯が火照りはじめたのを悟って鳥肌をたてた彼女は、無駄とは知りながら体をよじり───こすれた布の刺激にさえ甘美な疼きを感じて震え上がった。

从//д从「ひぁ、ァっ、ぁ、こ、こんなの…!」
  _
( ゚∀゚)「流石FOXだよな。もうどこ触ってもたまんねぇだろ」
从//д从「やぁッあっだめ!ちくび、だめ、だめえぇえっ、やらぁッ」
 



50 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです10/14::2008/11/13(木) 21:42:23.87 ID:Y9Ji+B8AO

硬く張り詰めた乳首を容赦なくつまむと、彼女の腰がいやらしく揺れる。
短いスカートの中で、痛いくらいに充血したクリトリスを、無意識に腿の内側で圧迫していた。
  _
( ゚∀゚)「なぁ、どこに一番触って欲しいんだよ?」
从//д从「あ、あ、…ーッだめ、しゃべ、しゃべるなぁっ」

甘い毒でも流し込むかのような囁きが彼女の脳まで犯してゆく。決定的な刺激は与えられないまま、彼女は軽い絶頂を味わい続けた。
その頃には、男は彼女の微かなみじろぎに気付いていた。巧みな指先が、刺激を待ちわびるクリトリスに忍び寄る。
 



52 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです11/14::2008/11/13(木) 21:43:20.90 ID:Y9Ji+B8AO

从//д从「き───ッ!? いやあああっ、イッてる、もうイッてるからぁあぁっ!! さわ、…っな、ぃで、あぁっ」

つぅ、と下から撫で上げ、包皮を捲って固定してから、男はおもむろに器用な中指でクリトリスをこすりはじめる。
指の腹を使った柔らかで強烈な快感は一気に彼女を押し上げた。
割れ目から噴き出すように潤みが滴る。

从//д从「はぁっ、ぁ、溶ける、とけちま…ッもぉやだ、やだあぁあっ」
  _
( ゚∀゚)「おっと…あんまりいかせ過ぎるとこの後が大変だしな」
从;∀从「は…ッ、は、はぁ…」
 



53 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです12/14::2008/11/13(木) 21:44:19.17 ID:Y9Ji+B8AO

荒い息をつく彼女を気遣っているようでそうでもない呟きを漏らして、男は彼女を狂乱に導いた小さな突起から指を離した。
その指はすぐさま、ポタポタと滴を垂らす割れ目にかけられたが。

从;∀从「───ッう、ぁ…ッ?」
  _
( ゚∀゚)「さてそろそろ、俺も天国に連れてってくれよ、と…」

背後から回された腕に力がこもり、既に力の入らない左足を抱えられる。むき出しになった性器の内側まで、ひやりとした外気にさらされた。
  _
( ゚∀゚)「じゃ、イタダキマース」

ぐちゃぐちゃに濡れそぼった性器に、熱くなめらかな粘膜が当たった。
 



54 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです13/14::2008/11/13(木) 21:46:59.43 ID:Y9Ji+B8AO
 









从#゚∀从「───この愚弟ッ、中出しすんなっつったろうが! しかも何だあの設定は!? 誰がパンツ切れっつったよ、弁償しやがれ!」

所変わって、セミダブルベッドの上。全裸に黒のニーハイソックスだけという極めてマニアックな装いで、ハインは眼下の男───二卵性双生児の弟、ジョルジュを見下ろした。
  _
( ゚∀゚)「いいじゃん、姉貴だってその方が興奮するだろ」
从#゚∀从「…よし分かった、お前これ着ろ」
从#゚∀从つ□

差し出されたのは装飾・露出共にやたらと華美なミニワンピのようなもの。
  _
( ゚∀゚) …?
 



56 :从 ゚∀从と( ゚∀゚)は○○なようです14/14::2008/11/13(木) 21:53:02.62 ID:Y9Ji+B8AO
  _
( ゚∀゚)「ナニコレ」
从 ゚∀从「土曜早朝にやってる魔法少女モノアニメのコスチューム」
  _
( ゚∀゚)「うん俺が聞きたいのは何故姉貴じゃなくて俺が着るのかってことなんだけどさ!」
从 ゚∀从つ「( ゚∀゚)+从从=从 ゚∀从」
  _
( ゚∀゚)「え?」
从 ゚∀从「幸いオレとお前の体型は胸以外は殆ど同じだ。可愛がってやるよ、FOXでな」
  _
(; ゚∀゚)「え?」


<チョ、イヤアァァソコハラメェエェ!





おしまい。
 







59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/13(木) 21:56:17.23 ID:Y9Ji+B8AO

初投下でした。
まゆげが行方不明になったりずれたり、もう、もうね…!ジョルジュ使いにくい。

お題は
・魔法少女
・媚薬
・( ゚∀゚)+从 从=从 ゚∀从(カツラ)



[ 2008/11/13 23:28 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/748-bcb30470