FC2ブログ










( ^ω^)そらのすいへいせんのようです。


661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/11/12(水) 11:26:32.54 ID:F4gBUYEJO


みて、そらのすいへいせん


 君は満面の笑みを浮かべて、空を指差して言った。
 空には横に長い雲、水平にのびる長い雲
 その上から、昇ってきた朝の光が少しだけ顔を覗かせていた。

 ああ、空の水平線。

 オレンジ色をした光のラインが真っ直ぐのびる空を見上げて、僕も満面の笑みを浮かべた。



( ^ω^)そらのすいへいせんのようです。




663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/11/12(水) 11:28:22.71 ID:F4gBUYEJO

 君はどこにでも居てどこにも居ない、かわった女の子。
 よく僕の手を握って歩くのだけれど、僕からは握れない。


( ^ω^)「どこに行くんだお?」

ζ(゚ー゚*ζ「そら」

( ^ω^)「空?」

ζ(゚ー゚*ζ「そら!」

( ^ω^)「お……おっおっ、良い天気だから楽しそうだお!」


 かわった女の子。
 君は二つに結い上げた、薄茶の柔らかい髪を揺らして笑うんだね。

 僕は不思議な事を言う君に戸惑う事もある。
 でも、難しく考えなければ、何でも楽しくとらえられる。

 君は不思議な女の子。
 かわいいかわいい女の子。




664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/11/12(水) 11:30:11.80 ID:F4gBUYEJO

 君は知らないかな、君のお陰で僕はこんなに心が軽くなる事を。

 手を引かれて歩けば、ほら
 田んぼの畦道も、土手の上も、木々の緑も、みんなみんな綺麗に見える。
 空も風も、もちろん君も。


ζ(゚ー゚*ζ「ぶーん、みて」

( ^ω^)「お?」

ζ(゚ー゚*ζ「みて、そらのすいへいせん」

( ^ω^)「おっ、おー……綺麗だおー……」


 指差された空を見上げる。
 ああ、今は朝だったんだな。そんな事すら忘れそう。

 君がとびっきりの笑顔をくれるから、みんな忘れてしまいそうだ。




665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/11/12(水) 11:32:19.08 ID:F4gBUYEJO

 水平線は空と海の境界線。
 でも、君の言うそらのすいへいせんは不思議と耳に心地よく溶けるんだ。
 きっと君が言うのだから、これはそらのすいへいせん。

 朝からずうっと一緒に居る。
 君と一緒が一番幸せ。

 僕の隣で笑う幼い君が、何よりの幸せ。


( ^ω^)「デレ」

ζ(゚ー゚*ζ「う?」

( ^ω^)「ここは、どこだお?」

ζ(゚ー゚*ζ「どこでもないよ、どこでもあるよ」

( ^ω^)「そうかお」

ζ(゚ー゚*ζ「う」

( ^ω^)「デレが居れば、どこでも良いお」

ζ(^ー^*ζ「う!」




667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/11/12(水) 11:33:50.92 ID:F4gBUYEJO

 ほらね、君は笑う。
 空を見上げたまま朝日を浴びて、白い服と薄茶の髪を風にさわさわ遊ばせて。

 大きくこっくり頷く君の笑顔が大好きで。
 僕は、僕とデレ以外に何も居ない世界がいとおしいんだ。


( ^ω^)「デレ」

ζ(゚ー゚*ζ「う?」

( ^ω^)「ここは、何だお?」

ζ(゚ー゚*ζ「なんでもないけど、なんでもあるよ」

( ^ω^)「そうかお」

ζ(゚ー゚*ζ「う」

( ^ω^)「大好きだお、デレ」

ζ(^ー^*ζ「う!」




668 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/11/12(水) 11:35:09.64 ID:F4gBUYEJO

 何度も何度も問いかける。
 その返事が待ち遠しくていとしくて。



「デレ、今は何時だお?」

「デレ、夜はどこだお?」

「デレ、僕らはどこで生きてるんだお?」

「デレ、他に誰も居ないのかお?」

「デレ、僕らはいつから一緒なんだお?」

「デレ、」

「デレ、」

「デレ、」




669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/11/12(水) 11:36:17.01 ID:F4gBUYEJO

 そらのすいへいせんを見上げて、僕は問います。
 そして君は答えます。



「デレ、僕らは生きてるのかお?」

「いきているけど、いきていないよ」

「デレ、君は誰だお?」

「わたしだけど、わたしじゃないよ」

「デレ、君は本当に居るのかお?」

「ここにいるけど、ここにいないよ」


 君は幸せそうに笑うから、僕も幸せだった。

 狭い箱の中は、何よりも幸せだった。


 今日も、そらのすいへいせんが綺麗だ。



おわり。



[ 2008/11/12 20:10 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/744-ec187169