FC2ブログ










( ´_ゝ`)兄者が増えたようです


819 :1/16:2008/11/01(土) 21:32:22.75 ID:epimTRaCO

流石な弟こと俺が、ありのまま今起こったことを話そう。

《兄者が増えていた》

何を言っているかわからないと思うが、生憎俺もわからん。
超スピードとか催眠術なんて大それたものじゃないとは思うし、
俺の頭がどうにかなったわけでもなさそうなんだ。

( ´_ゝ`)´_ゝ`)「おkブラクラゲット」「流石だな」

(*´_ゝ`)*´_ゝ`)「一人流石兄弟wwwww流石だよな俺らwwwww」

とにもかくにも、兄者の頭がどうかしてるのはわかっていたが、
体までどうにかなってしまうとは思わなかったよ。

(´<_` )「ただいま、兄者(のようなお二方)」

(*´_ゝ`)*´_ゝ`)「おかえりんこwwwww」



822 :2/16:2008/11/01(土) 21:34:15.68 ID:epimTRaCO

(´<_` )「時に兄者、確かめておきたいことがある。どっちがオリジナルだ」

( ´_ゝ`)´_ゝ`)「え?」

(´<_` )「一人だったのが増えたなら、どっちかはコピーだろ?」

( ´_ゝ`)´_ゝ`)「…ワカンネ」

(´<_` )「じゃあ、区別するために1号、2号と呼ぼうと思うんだが」

( ´_ゝ`)´_ゝ`)「「じゃあ俺が1号な!」」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)´_ゝ`)「…」

(´<_` )「おk、初号機と零号機にしような」

(零´_ゝ`)弐´_ゝ`)「うはwwwwwレイタンとアスカタンのにほひがwwwww」

(´<_`初)(キレちゃダメだ…キレちゃダメだ…)



823 :3/16:2008/11/01(土) 21:36:06.34 ID:epimTRaCO

从・∀・ノ!リ人「おっきい兄者に番号がついてるのじゃ!?」

(零´_ゝ`)弐´_ゝ`)「エヴァみたいでかっこよくね?」

从・∀・ノ!リ人「じゃあ妹者は第14使徒なのじゃ!」

(´<_`初)(僕はこんな流れには乗りません。真人間の世界に帰ります)

(弐´_ゝ`)「ちょwwwww妹者強スwwwwww」

(零´_ゝ`)「俺の頭wwwwwくぱぁwwwww」

(´<_`初)(…僕は流石家唯一の真人間、流石弟者です!)

从・∀・ノ!リ人「次はちっさい兄者なのじゃ!」

(´<_`初)「…」

从・∀・ノ!リ人「アニジャー?」

(´<_`#) ウォォォォォォォン!!!



824 :4/16:2008/11/01(土) 21:37:56.14 ID:epimTRaCO

从・∀・;ノ!リ人「うわぁ!ちっさい兄者がキレたのじゃ!」

(零´_ゝ`)「妹者をwwwww食ってるwwwww」

(弐´_ゝ`)「あれは貞操帯ではなくwwwwwただのジッパーなんだwwwww」

从・∀・;ノ!リ人<_`初)) ウォォォォォン!

(零´_ゝ`)弐´_ゝ`)「流石家はじまったなwwwwwオワレwwwww」

(´<_`初)(最低だ…俺…)



825 :5/16:2008/11/01(土) 21:39:48.92 ID:epimTRaCO

そんな感じで、兄者が増えてから初めの数日間は何事もなく過ぎていった。
夏休みと言うこともあり、インドア派な兄者が人目にふれることはなく、
気のふれた我が家族など最初から兄者が二人いたかのように振る舞っている。

(´<_` )「姉者、増えるっておかしくないか…?」

∬´_ゝ`)「ま、兄者がおかしいのは昔からだったし」

从・∀・ノ!リ人「ちっさい兄者は気にしすぎなのじゃ!」

ヾ(*´_ゝ`)*´_ゝ`)ノ〃 ウェーイ

(´<_` )(ダメだこいつら…)

しかし俺は気付いてしまった。

(´<_` )「兄者、ちょっとパソコンを使わせてほし…」

( ´_ゝ`)「おk、ブラクラゲット」

( ´_ゝ`)「俺たち、流石だよな…」

(´<_` )「…」

俺の居場所は、無くなっていた。



826 :6/16:2008/11/01(土) 22:01:48.34 ID:epimTRaCO

思えば、俺の隣には何時だって兄者がいた。
寝ても覚めても、家でも学校でも、双子の縁か偶然か何時だって隣にいた。
それはつまり兄者の隣には何時だって俺がいたということで、
今だって兄者の隣にいるべきは兄者ではなく俺なのだ。
だと言うのに、兄者は隣に俺がいないことを気にも留めず、
何時ものようにパソコンをいじっている。

(´<_` )「兄者…」

(*´_ゝ`)*´_ゝ`)「ソニン様ハァハァハァハァ」

気が付けば俺は、家を飛び出していた。



828 :7/16:2008/11/01(土) 22:06:17.41 ID:epimTRaCO

从 ゚∀从「昼間っから酒場なんぞにお越しのクズ野郎様、よーこそバーボンハウスへー」

(´<_` )「…」

从 ゚∀从「っと、なんだ弟者か。ショボンは今いねーぞ」

(´<_` )「いや、良いんです。出来るだけ強い酒を」

从 ゚∀从「しけた面しやがって、何かあったのか?」

(´<_` )「…まぁ、少々」

从 ゚∀从(このオーラ…恋の悩みか!?)

从*゚∀゚从(おねーちゃん恋バナ大好きー!!!!!)

从*゚∀从「今凄ぇの作るからな!作るからな!作r(ry」

扉|´・ω・`)「ただい…」

(;´・ω・`)(ハインさんが仕事をしているだとッ!?)



829 :8/16:2008/11/01(土) 22:08:31.90 ID:epimTRaCO

从*゚∀从「んでさ、何があったんだよ? 悩みならおねーちゃんが聞いてやるぜ?」

(´<_`;)「いや…何と言いますか…」

从∀゚* ≡ *゚∀从「恋の悩みか? ほれ、話してみろって」

(´<_`;)(「兄者が増えました」なんて言えないし…)

(´<_` ) ピコーン

(´<_` )「“順調な両想い”が急遽“寝とられ横恋慕”になったような物ですよ」

从;゚∀从;´・ω・`) ナナナナンダッテー!?

(´<_` )「ま、例え話ですがね」

从;゚∀从 あばばばば

((;´・ω・`)) ガクガクブルブル

(´<_`;)(え、あれ? 地雷踏んだ?)



830 :9/16:2008/11/01(土) 22:10:25.56 ID:epimTRaCO

从;゚∀从「弟者はマトモだと思ってたのに…どうやら勘違いだったらしいな!」

((;´・ω・`))「弟者くん不潔ッ!キライッ!」

(´<_`;)「いや、一つの例えであって…」

(;´・ω・`)「鬱入る前にテンプレ通り粛々と処理しようね」

1)興信所へ行く
2)素行調査
3)NTRの経緯を白状させ鬱勃起
4)離婚調停、慰謝料請求

从 ゚∀(;´・ω・`)「これに沿って行動するんだ!さあ、今すぐはじm」

 ゴインッ
从 ゚(´゚ω゚`)

(´ ω `) ゲフゥ…

从 ゚∀从「後はアタイに任せな…」



831 :10/16:2008/11/01(土) 22:12:19.70 ID:epimTRaCO

从 ゚∀从「鉄則その1! 目には目を、歯には歯を!」

从 ゚∀从「お前はこの問題で、何を失ったんだ?」

(´<_` )「んー…居場所と言うか、人生における立ち位置とでも言いましょうか…」

从;゚Д从

(´<_` )「相手にとっては何事も無かったようで…俺の存在価値は何だったのかと…」

从;゚Д从 ァゥァゥァ…

从;゚Д从「じゃ、あの、そりゃ…人生にとってかけがえの無い物を失ったと…」

(´<_` )「んー、まぁ、そんなもんですかね」

从;゚∀从「立ち位置とか居場所ってのは、命と同じくらいの物じゃねぇかよ」

(´<_` )「ええ、まあ」

从 ゚∀从「ぶっ殺すわけにもいかねえしな…」

(´<_` ) !



833 :11/16:2008/11/01(土) 22:14:25.12 ID:epimTRaCO

(´<_` )「ふ…ふははは…はははははは…!」

从 ゚∀从 ?

(´<_` )「盲点だった…こんな良い手があったとは…」

从;゚∀从「なんだよ…何を思い付いたんだ?」

(´<_`*)「目には目を…非現実的な事態には非現実的な手段をってことですよ」

(゚<_`*) フヒヒヒヒヒヒ!

从;゚∀从 (何かヤベぇwwwww)

(゚<_`*)「では、この辺で失礼します」

(゚<_`*)) ≡

从;゚∀从「ま、毎度ありー」



834 :12/16:2008/11/01(土) 22:16:27.43 ID:epimTRaCO

それは最も原始的な手法であり、誰もが最初に考え除外する手法であった。

『殺す』

それはリスクの付きまとう手法ではある。
禁固刑やそれに等しい通院生活、釈放の後に絶望的な社会復帰…等々。
しかし、それはあくまで法によって裁かれればの話だ。
元々一人だった兄者には戸籍や保険証や出生届等、本人と証明する物は一つだけ。
片方が殺され遺棄された所で、社会的には何の変化も認められないのだ。
人間が増えるなどと言う非常識極まりない事態は、
むしろ解決を容易にする最大の要因でもあったのだ。

(゚<_`*)「俺と言うものがありながら…兄者の奴め! フヒヒヒヒ!」



835 :13/16:2008/11/01(土) 22:18:21.08 ID:epimTRaCO

(´<_` )「ただいま、兄者(のようなお二方)」

(*´_ゝ`)*´_ゝ`)「おかえりんこwwwww」

(´<_` )「兄者、俺が思うに兄者は一人であるべきなんだ」

( ´_ゝ`)´_ゝ`)「流石兄者は二人で一つッ!」

(´<_` )「…変わったな、兄者。昔は“流石兄弟は二人で一つ”だったのにな」

( ´,_ゝ`)´,_ゝ`)「嫉妬ですか、醜いですね」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)´_ゝ`)「…」

(´<_` )「兄者、ちょっと来てくれ」

(((*´_ゝ`)*´_ゝ`)

(゚<_` )「いや…一人だけで良いんだ…一人だけ、でな」



836 :14/16:2008/11/01(土) 22:20:13.58 ID:epimTRaCO

( ´_ゝ`)「なんだよこんな所で…俺日光ダメなんだって」

(゚<_` )「兄者知ってるか? 世間のあらゆる物は兄者が一人しかいないことになっている。
     あらゆる公的文書も、人々の認識もな…」

壁┃´_ゝ`)) (兄者ある所に兄者あり…お前らの話は筒抜けさ!)

(゚<_`*)「つまりな…二人のうち一人が消えたとこで、誰も、何も、思わないんだ」

(;´_ゝ`)「まさか…弟者…!」

壁┃;´_ゝ`)(こ、殺す気か…!)

┃≡ (((;´_ゝ`)「よすんだ、弟者ー!!」

(;´_ゝ`(;´_ゝ`(゚<_゚ #)「お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!」

(;´_ゝ`)「やめて! 私のために争わないで!」

モゾモゾ ((( ´_ゝ`((( ´_ゝ`(゚<_` ))) モゾモゾ



841 :15/16:2008/11/01(土) 23:00:07.63 ID:epimTRaCO

(゚<_` )「あんたさえいなければ! 兄者は私を、私だけを見てくれるのッ!」

(;´_ゝ`)「待て弟者! 包丁ヤバい!」

(゚<_` )「どうして止めるの? 兄者のことを幸せに出来るのは私だけなのに」

(;´_ゝ`)「キャラを見失っちゃダメだ弟者!」

((゚<_` ))「足の一本でも無くなれば浮気する元気も無くなるのかなー?」

俺の記憶は兄者を呼び出したところで途切れている。
気が付いたのは翌朝日の出の時刻で、俺の背中には注射針が刺さっていた。
兄者は一人に戻っていた。
一体これはなんだったのか、今となっては知る由もない。



843 :16/16:2008/11/01(土) 23:02:10.25 ID:epimTRaCO

ガガガガガガガ…

( ´_ゝ`)「おk、ブラクラゲット」

(´<_` )「俺たち、流石だよな…」

アニジャー!アニジャー!

从・∀・;ノ!リ人「大変じゃー!」
从・∀・;ノ!リ人『妹者も増えたのじゃー』从・∀・;ノ!リ人

(*´_ゝ`)「なら俺と弟者で一人ずつ可愛がr」

从・∀・;ノ!リ人「ちっさい兄者、どうすれば良いのじゃ」

ベタベタ 从;・∀・ノ!(´<_`;)・∀・;ノ!リ人 ベタベタ

( ´_ゝ`) …

( ´_ゝ`)(弟者め…こいつさえいなければ妹者は俺を…)

( ´_ゝ゚) クワッ

おわり


[ 2008/11/01 23:24 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/692-ba8c0f21