FC2ブログ










lw´‐ _‐ノvは暇を潰すようです

※グロ的な意味で閲覧注意





105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 13:28:18.52 ID:x7+JaQpV0

プチッ


プチッ


プチッ


プチッ


(´_ゝ`)「…なぁ」



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 13:29:40.15 ID:x7+JaQpV0

プチッ


プチッ


プチッ


(´_ゝ`)「さっきから、何を潰しているんだ?」


プチッ


プチッ


プチッ


( _ゝ )「素 直 シ ュ ー ル ?」




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 13:31:16.20 ID:x7+JaQpV0

プチッ



プチッ




プ チ ッ



lw´‐ _‐ノv「見たらわかるだろう?」



ドサッ



lw´‐ _‐ノv「暇、だよ」






108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 13:33:01.06 ID:x7+JaQpV0

―少女が落としたは男の身体
  どうやら死亡してから幾日も経過しているようで
   所々腐食してそこから蛆が出てきている
    ソレを少女は無言でただひたすらに
   プチッ プチッ と潰しているモノだから
  何を潰しているかと問えば
―それは暇だと答える
  青年は目覚めたばかりで何もわからないが
   理解したコトといえば
    ひたすら少女が
   男の死体から這い出てくる蛆を
  プチッ プチッ と潰しているという現実だけ
―青年は何処へも行けないようにベッドに固定されている



109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 13:34:49.99 ID:x7+JaQpV0

lw´‐ _‐ノv「なかなか面白いモノだよ。なんせ何もしなくとも湧いて出てくる」

ゴソッ


プチッ


プチッ


プチッ


( _ゝ )「お前は、ソレを開始してから何日経過しているんだ?」



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 13:38:37.62 ID:x7+JaQpV0

プチッ


プチッ


プチッ


プチッ


プチッ


(´_ゝ`)「答えろ。素直シュール」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 13:40:23.83 ID:x7+JaQpV0

プ チ ッ


lw´ _ ノv「私は お 前 ではない!」


ガタッ

ゴトッ



ガッ



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:01:42.98 ID:x7+JaQpV0

―少女が男の死体を抱きなおして
  お前とは誰かと問う
   青年が何時からかを聞く態度が悪いと
    答えずに時間が過ぎる
   一声少女が悲鳴を上げると
  スッ と立って落ちる身体 近寄るは冷蔵庫
―開けたは冷凍庫 あるのは青年に似た首


( _ゝ )「!!!!」


  青年の双子の弟の首
   表情は非常に安らかで
    腐乱した気配など微塵もない
   少女は閉じ 座り込み
  男の身体を抱き直し 独り言を語り出す
―暇を プチッ プチッ と潰すのをBGMとさせながら



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:04:29.84 ID:x7+JaQpV0

lw´‐ _‐ノv「一週間だ」


プチッ


プチッ


lw´‐ _‐ノv「お前の大切な弟は」


プチッ


プチッ


lw´‐ _‐ノv「死んだよ」


プチッ


プチッ



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:08:28.13 ID:x7+JaQpV0

( _ゝ )「ウソ、だ…」


プチッ


(#゚_ゝ゚)「嘘だッ!!!!その手を止めろおおおおお!素直シュール!!11111」


プチッ


プチッ


(#゚_ゝ゚)「止めろと言ってるだろ!!!!!111や め ろ!!!11111」

lw´‐ _‐ノv「騒ぐな、煩い」


プチッ


プチッ



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:11:12.35 ID:x7+JaQpV0

―手は休むコトを知らず 動く
  青年はガチャガチャとベッドを揺らし
   制止せよと訴えるが
    少女は何も聞こえない
   暇を持て余すことなどなく
  一つ々ヽと潰しは喋る
―語られるのは 夢か 現か



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:12:42.82 ID:x7+JaQpV0

lw´‐ _‐ノv「カミソリでな、手首がシュッと」


プチッ


lw´‐ _‐ノv「鮮やかに朱が散った」


プチッ


(#゚_ゝ゚)「お前がッ!お前が殺したのかあああああ!!???」


プチッ


lw´‐ _‐ノv「 煩 い 」


プチッ



ブ チ ッ



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:13:58.30 ID:x7+JaQpV0

(#゚_ゝ゚)「!!!????」

lw´‐ _‐ノv「ほら。お前が煩いから」

( _ゝ )「ッッ!!!!!!」


lw´‐ _‐ノv「弟が も げ た ぞ 」


ゴトッ



122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:15:29.97 ID:x7+JaQpV0

―男の腐乱死体を乱暴に落とす
  少女の手には男の薬指 薬指には同じ指輪
   青年は声にならない悲鳴 涙を流し
    少女が男の腐乱死体が赤茶色い蛆の這う床に
   落ちる様を凝視していた
  スローモーションの様にゆっくりと落ちる身体は
―落ちきった瞬間に 全て壊れた
  青年は目を丸々と広げ
   青年はその腐乱死体が落ちるのを目を丸々と広げ
    双子の弟が 壊れたのを 青年は
   見届けて 放心して 目を瞼を瞬きを
  暫く何も喋らずに 見て観て視てミテ
―青年も堕ちた



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:17:20.61 ID:x7+JaQpV0

( _ゝ )「ぉ…と……じゃ……」


lw´‐ _‐ノv「壊れた」


( _ゝ )「違う」


lw´‐ _‐ノv「お前のせいだ」


( _ゝ )「違ウ」


lw´‐ _‐ノv「何故ずっとここにいたんだ」


( _ゝ )「ちガう」



124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:19:01.51 ID:x7+JaQpV0

lw´‐ _‐ノv「どうして身体を貪っていたんだ」


( _ゝ )「チガウ」


lw´‐ _‐ノv「素直シュールに預けると言ったじゃないか」


( _ゝ )「アぁ……あ…」


lw´‐ _‐ノv「何 故 殺 し た」


( _ゝ;)「あああ…ッ」


lw´‐ _‐ノv「何故?」


(;_ゝ;)「あアあああァあああぁああああアアアああ!!!!!!!1111111」


lw´#‐ _‐ノv「う る さ い!!!!!!!!!!!」



125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:19:43.97 ID:x7+JaQpV0

ガッ


ゴンッ

ゴンッ

ゴンッ




ゴ ン ッ



133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:36:54.37 ID:x7+JaQpV0






( _ゝ )








135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:38:35.39 ID:x7+JaQpV0

―冷凍庫は開かれたまま
  溶けかけた首は 青年を見続け泣いている様
   少女は新しく出来た朱の海の中
    男の首を愛おしげに抱きしめる
   あァ 何も スるこトガないョ
  あぁ アァ 嗚呼 アぁ
―暇とハ何とモ暇ナモノか



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 14:40:47.19 ID:x7+JaQpV0

…チッ


ブチッ



lw´ _ ノv「あァ…暇だ…」




ブチッ




【lw´‐ _‐ノvは暇を潰すようです】終


[ 2008/10/27 19:01 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/650-65e9ee27