FC2ブログ










( ^ω^)1レス保守


822 :保守:2008/10/23(木) 20:42:50.76 ID:T3kI7gYpO

閃光。
地に伏せるツンと、黄緑に光る魔法陣。
まるで彼らが初めて会った日を焼き直しするかのように、舞台は広がる。

ξ゚⊿+)ξ「でも、なんで……」
('A`)「MTだよ」
ξ゚⊿+)ξ「ミッ……ション?」
('A`)「アナログな、手書きの魔法だ。俺は使う気にはなれないけどな」

「あいつなら」、そう呟いて、ドクオの口が奇妙に歪む。
それが笑顔なのだと数秒遅れで気付いたツンは、再びブーンの姿を目で追いかけた。
魔力を持たないはずのブーンが走った後に、黄緑の線は広がっていく。

('∀`)「あいつの足なら、それが出来る」

ブーンは覚えていた。
あの日のツンが呟いていた意味不明な言語を、全て。

ブーンは覚えていた。
あの日自分が転がっていた位置、その安全圏を。

ブーンは覚えていた。
二人が初めて出会った日の、その魔法を。

( ^ω^)「火吹竹!」


( ^ω^)は保守するようです


[ 2008/10/23 21:37 ] 1レス短編・保守文 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
ドクオスマイル
[ 2009/10/10 20:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/610-800acc0c