FC2ブログ










ξ゚⊿゚)ξ ツンは新しいときめきを見つけていくようです

※性的な意味で閲覧注意





790 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 19:25:56.62 ID:LcSocyff0


ξ;>⊿<)ξ 「………いっ」

( ;・∀・) 「あっ、悪ィ!大丈夫?」

ξ;゚⊿゚)ξ 「べっ別に……何ともないわ、奥までしてよ!」

(; >∀<) 「うー……いやいや!……んーっどうしよ………」

ξ*゚⊿゚)ξ 「…………」

( ;・∀・) 「……うん。やっぱいいよー、ほれ片すぞー」

ξ゚⊿゚)ξ 「…………」

( ・∀・) 「服はどこかな~っと」 がさごそ

ξ゚⊿゚)ξ 「………て!」

( ・∀・) 「?」

ξ゚⊿゚)ξ 「手でするー!手でするわ!」

( ・∀・) 「あははwwいいってww」

ξ゚⊿゚)ξ 「………するのっ!」



792 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 19:27:51.87 ID:LcSocyff0
   ~5分たちました~


( *・∀・) 「……あんがとー」 スッキリ

ξ゚⊿゚)ξ「んーん……(こういうときお礼言われるとちょっと切ないのはなぜかしら?)」

( ・∀・) 「(しかし何だろう、この手でされたあとの背徳感……未成年者略取?)」
( ・∀・) 「あー…あーと、ティッシュどこだっけ」

ξ゚⊿゚)ξつ□ 「んっ」

( ・∀・)づ◇ 「サンキュ。ほれ足をお見せ」 ふきふき

ξ///)ξ 「ちょっ…もう!自分でするのに////」 

( ・∀・) 「ハハハ、じゃあ俺のしてー」

ξ*゚⊿゚)ξづ◇ 「もー……」 ふきふき

( ・∀・)y━ 「おおーあんがと」 シボッ

ξ゚⊿゚)ξ 「手洗ってくるー洗面所貸してー」

( ・∀・)y━・~ 「おーう」



793 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 19:29:25.89 ID:LcSocyff0


ξ゚⊿゚)ξつっ川 「はー……ていうか、うん。やっぱまだ無理。むりむりむり」 ざばざば

( ・∀・) 「なーんでだろね、俺は全然バッチコイなんだけどー」

ξ゚⊿゚)ξっ 「あんたの準備態勢なんて知んないわよ」 きゅっきゅっ

( ・∀・) 「まーそりゃそーだけどさあ」 


( ・∀・) 「……こーんなこと今までなかったのになあー」


ξ゚⊿゚)ξ 





ξ゚⊿゚)ξ ツンは新しいときめきを見つけていくようです





795 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 19:32:45.52 ID:LcSocyff0
――――学校

川 ゚ -゚)  「そういえば、週末お前の彼氏をラウンジ駅で見たよ」

ξ゚⊿゚)ξ 「えーウソ、なんで?何してたアイツ」

川 ゚ -゚) 「んっ、お前知らんかったのか」

ξ゚⊿゚)ξ 「え、何を?」

川 ゚ -゚) 「あ、いや。あー誰かと待ち合わせている風だった」
川 ゚ -゚) (いかん、何やら声かけまくってたぞ、とからかうつもりだったのだが)」

ξ゚⊿゚)ξ 「……ふーん、ツレとでも遊びに行く予定だったんじゃない」

川 ゚ -゚) 「なんだなんだ、恋人の週末を把握していないのか」

ξ゚⊿゚)ξ 「あいつとはそんなんじゃない……のかな。一応社会人だし」
ξ゚⊿゚)ξ 「…………たぶん」

川 ゚ -゚) 「…………」
川 ゚ -゚) 「……で、最近どうなのだ」

ξ゚⊿゚)ξ 「ん、何が」



796 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 19:34:03.10 ID:LcSocyff0

川 ゚ -゚) 「ッッッセェーーーーックス!!!!!!11」

ξ;゚⊿゚)ξ 「ちょw大声出すな!!!」

川゚ -゚ )b 「クリスマスまでの猶予期日が減少するにつれ、声量が反比例する仕組みだ」

ξ;゚⊿゚)ξ 「……ったくもー、まあ普通よ普通」

川 ゚ -゚) 「何だ、もう済ましたのか」

ξ゚⊿゚)ξ 「ん、まあ……はいんなくてさ」

川*゚ -゚) 「でかいのかあー!!!!!!!!!!」

ξ#゚⊿゚)ξ 「大概にせえよ」

川 ゚ -゚) 「正直すまんかった」



ξ゚⊿゚)ξ 「かくかくしかじかしかくいむーぶ……というわけなのよ」

川 ゚ -゚) 「なるぺそ」

ξ゚⊿゚)ξ 「いや、ね。あの別にわざとじらしてるとかそんなんじゃなくて、てかまず持ってないしそんなテク」



798 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 19:37:39.15 ID:LcSocyff0

川 ゚ -゚) 「追い込まれたときアンタの流暢に喋る癖。ウチ……嫌いやない!」

ξ゚⊿゚)ξ 「(スルー)でもまあ向こうもそんな期待してないみたいだし」


      ( ・∀・) 『……こーんなこと今までなかったのになあー』


ξ゚⊿゚)ξ 「……まあそんな期待、されても、困るし」

川 ゚ -゚) 「むう。まあそういうこともこの世の常、多々あろうよ。お前達だけではないさ」


      ξ゚⊿゚)ξ 『ねえ、これまで彼女何人いたの?』
      ( ・∀・) 『え?んーとね……どーだろ、自然消滅多かったからなあ……』
      ξ゚⊿゚)ξ 『………………』

      ( ・∀・) 『5、6人とかじゃない?』


ξ゚⊿゚)ξ「…………」



799 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 19:40:40.73 ID:LcSocyff0

ξ゚⊿゚)ξ 「やっぱ皆……そゆもんなのかな?」

川 ゚ -゚) 「その証拠に外国人なんかとしてみろ。日本人のじゃ裂けるぞ実際」

ξ;゚⊿゚)ξ 「エッ!ちょ、痛くなかったの!?」

川 ゚ -゚) 「デカい奴のは手ぐらいあるぞ、セルフフィストだセルフフィスト」

ξ;゚⊿゚)ξ 「(フィストって何?)もし裂けたらどうすんの!?やっぱ縫うの!?」

川 ゚ -゚) 「さあ」

ξ゚⊿゚)ξ 「………さあ?」

川 ゚ -゚) 「知らんよなの。グリ友が言ってただけだしな」

ξ゚⊿゚)ξ 「(コイツほんと面白い奴だなあ)」

川 ゚ -゚) 「……まあでも」

ξ゚⊿゚)ξ 「ん?」


川 ゚ -゚) 「待ってくれている、ということは愛されている証拠ではないのかな」




ξ゚-゚)ξ 


800 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 19:42:04.66 ID:LcSocyff0

ξ゚⊿゚)ξ 「おじゃまー」

( *・∀・) 「よーこそ。おお……やっぱ制服はたまらんばい ドゥフフ」

ξ゚⊿゚)ξ 「ナマ言うなぺド野郎仕事しろ社会不適合者」

( ;・∀・) 「相変わらず手厳しい!ていうかやっとるもーん。こないだもティッシュ配りしたし」

ξ゚⊿゚)ξ 「……ラウンジ駅で?」

( ・∀・) 「お、なーんで知ってんの、言ったっけ俺。いやー在宅だとサボっちゃ……

ξ゚ー゚)ξ 「………材料買ってきたし、今から作るわ。今日はカレーよ!」

(* ・∀・) 「カレー!やたー!!!」


( ・∀・) 「でーもー、その前にー」

ξ゚⊿゚)ξ 「?」

ξ゚⊿゚)ξ (・∀・ ))) ススス… 

ξ゚⊿゚)(・∀・ )ピタッ

ξ゚⊿゚)(・∀・ *)スリスリ

モー ξ*゚⊿゚(・∀・ *) テヘッ


801 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 19:43:15.77 ID:LcSocyff0

( ・∀・) 「ちゅー。ここきもちー?」

ξ///)ξ 「……んー」

( ・∀・) 「ここもすきでしょー」

ξ///)ξ 「んーんーっ」

( ・∀・) 「(そろそろかな……)よし、じゃあいい?」

ξ;゚⊿゚)ξ 「う……うん」


( ・∀・) 「ん……どーお?」

ξ;>⊿゚)ξ 「う………」

( ・∀・) 「ほんとに無理なのかね……よっ」

ξ;>⊿<)ξ 「……っ!」

( *・∀・) 「……(おやこれは)」




802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 19:45:15.91 ID:LcSocyff0

ξ;>⊿<)ξ 「(うーわダメダメやっぱ絶対無理!!)」


      ( ・∀・) 『5、6人とかじゃない?』
      ( ・∀・) 『……こーんなこと今までなかったのになあー』


ξ゚⊿゚)ξ 

ξ;⊿;)ξ じわっ

( ;・∀・) 「わ、わあー!ごめん!痛いよねやっぱ!」

ξ;⊿;)ξ 「や、違うの!これは……っいいから続けて!」

( ・∀・) 「……泣かれてるのに出来ないでしょJK」


~いつものごとく手でしてもらいました~


( * ・∀・) スッキリ 

ξ゚⊿゚)ξ 「……………」 ざぶざぶ

( ・∀・) 「いや、なかなかいいもんだよー手もさ。こう……オナニーと違ってぎこちないかんじがまた……」

ξ゚⊿゚)ξ 「………ごめんね」



805 :さるったので携帯から:2008/10/23(木) 20:04:44.79 ID:UKWL1SQ8O

( ・∀・) 「いやいや、無理やりはよかねーよ、うん」

ξ*゚⊿゚)ξ 「ふ、ふーん。優しいじゃない」

( ・∀・)b 「でもさ、いっぺんグリグリねじ込んでみたら意外とスッポリ入るかもNE!」

ξ#゚⊿゚)ξ テメェ…

( ;・∀・) ウソウソ

ξ゚⊿゚)ξ 「……でもさ」

( ・∀・) 「おう?」

ξ゚⊿゚)ξ 「いいわよ、今日もっかいしても」

( ・∀・) 「え、ウソ!なんで!どしたん!」

ξ゚⊿゚)ξ 「(……せめて同じ土俵に立たなきゃ)」

( *・∀・) 「まじでー嬉しいかもーまじでーでへへ」

ξ゚⊿゚)ξ 「(勝負にすら、ならないんだよね)」



808 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 20:07:04.32 ID:UKWL1SQ8O

( *・∀・) 「ネーネーツンチャーン、なんか俺ーもう準備できちゃったみたいー」

ξ゚⊿゚)ξ 「……ものすんごい変な顔するかもだけど」

( ・∀・) 「いやいやそのほうが俺的には」

ξ゚⊿゚)ξ 「は?」

( ・∀・) 「や、なーんでも!じゃあ……しますか?しませんか?」

ξ゚⊿゚)ξ 「……言わずもがな・・・さ、するわよ!」





810 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 20:08:43.62 ID:LcSocyff0

( -∀-) ぐーぐー 

ξ;⊿;)ξ 「(ぜんっぜん気持ちよくない……ぱねえ!!!)」

( -∀-) ぐーぐー 

ξ;⊿;)ξ 「(お腹まで裂けるかと思った……!クーの言ってたことも一理あるわ……)」

( -∀-) ぐーぐー 

ξ゚⊿゚)ξ 「(……でもなんだか意外とぽっかり穴があいちゃったみたい……心にも)」

( -∀-) ぐーぐー 

ξ゚⊿゚)ξ 「(こいつ気持ちよさそうだったな……それに、こんなぐっすり寝てんの初めて見たかも)」

( * -∀-) ……ぐふっ

ξ*゚⊿゚)ξ 「(ったく、何の夢を見てるやら………)」

ξ゚⊿゚)ξ 「…………でも、見れなくなっちゃったな、あの顔」


      (; >∀<) 『うー……いやいや!……んーっどうしよ………』


ξ゚⊿゚)ξ 「これから、もう絶対に見ることは出来ないんだろうな……」



811 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 20:11:14.28 ID:LcSocyff0

――――――――・・・… ・・ ・

( ・∀・) 「ところでさーあ、なんでさっき急に覚悟決めちゃったの?」

ξ゚⊿゚)ξ 「うーん……べつに」

( ・∀・) 「言え!吐けーおらー!」

ξ゚⊿゚)ξ 「………せめて対等になりたかったから、かな?」

( ・∀・) 「誰と?」

ξ゚⊿゚)ξ 「負けず嫌いなもんでー」

( ・∀・) 「あ、そうなの?へー…………え?」

ξ゚⊿゚)ξ 「だからかなー」

( #・∀・) ……ぽか!

ξ>⊿<)ξ 「あいた」
ξ#゚⊿゚)ξ 「ちょっ、なによー!」



813 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 20:12:34.06 ID:LcSocyff0

( #・∀・) 「ばかたれーばかたれーそんなこと気にしてー!」

ξ;゚⊿゚)ξ 「は、えっ、何が?」

( #・∀・) 「(そんないらん心配で俺の……俺の萌えを……)」

ξ゚⊿゚)ξ 「……わけわからん」

( ・∀・) 「俺がお前をどんなに………まあいっか。ごはん食べよー」

ξ゚⊿゚)ξ 「?? はいはい」




( ・∀・) 「ごっそさん!うまかったーカレーは国宝」

ξ゚⊿゚)ξ 「いや発祥日本じゃないし。ほらほら台所まで運んでよ洗うんだから」

( ・∀・) ハイママー

ξ゚⊿゚)ξ 「……そろそろ寒くなるねー」 がちゃがちゃ

( ・∀・) 「ん、そだね」 がちゃがちゃ



815 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 20:14:20.67 ID:LcSocyff0

ξ゚⊿゚)ξ 「水も冷たくなるわあーw」 がちゃがちゃ

( ・∀・) 「………どっかいこっか」 がちゃがちゃ 

ξ゚⊿゚)ξ 「えっ」 がちゃ

( ・∀・)9m 「つっても車持つほど甲斐性ないから電車でだけどNE!」

ξ^⊿^)ξ 「……知ってるわよw」

( ・∀・) 「フフフー。でもーバイト先の社員の紹介で、フルタイムで仕事就けることになったんだー」

ξ゚⊿゚)ξ 「………うそ!!?」

( ・∀・) 「ホーント。いい加減お前からニートニート言われ続けるのは堪えられんからねww」
( ・∀・) 「憧れのスーツ!とかも着てみよっかなって」
( ・∀・) 「それに実はもー面接とか契約とか終わってんだよねー。ちっちゃい事務所だけどさ」

ξ゚⊿゚)ξ 「まじでか……」

( ・∀・) 「ずっとケツ叩いてくれててあんがとね。女にあそこまで言ってもらったことなくてさあ」

ξ;゚⊿゚)ξ 「(いやそれはただ年上男性をなじる私ゾクゥーくらいにしか思ってなかったけど……)」



816 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 20:17:09.98 ID:LcSocyff0

( ・∀・) 「でなきゃ一生こんままだったよ俺」

ξ゚⊿゚)ξ 「(スーツ……革靴……)」

( ・∀・) 「まーなんつーか、大したお礼は出来ないけどさ」
( ・∀・) 「金貯まったらローンで何か車買ってー、ドライブくらいは連れてくよ」
( ・∀・) 「なんてったって、やっとこさまともな社会人だものー!給料も今よりいいしー」

ξ゚⊿゚)ξ 「(車を運転してる横顔……バックするときの腕の位置……新たなる萌えが生まれようとしている……!)」


( ・∀・) 「あとさー」

ξ゚⊿゚)ξ 「?」



( ・∀・) 「それで温水器付けるから……手、冷たくないよ?」




817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/23(木) 20:20:42.33 ID:LcSocyff0

ξ゚⊿゚)ξ 「………えっ」

( ・∀・) 「これから毎年冬になっても、ごはん、作れるでしょ」

ξ゚⊿゚)ξ 「!」
ξ*゚⊿゚)ξ 「しょ、しょうがないわね!だったら作ってやってもいいわよ!ふん!」

( ・∀・)b 「もち制服にエプロンでね!ああでもお前の私服もすきー!デニムのショーパン!」

ξ゚⊿゚)ξ 「……………」

( ・∀・)+ 「……萌えってやつさ」


ξ*^⊿^)ξ 「……バーカwwww」




ξ゚⊿゚)ξ ツンは新しいときめきを見つけていけるようです。   おしまい。




[ 2008/10/23 21:35 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/608-95e7eaf3