スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ゚∀゚)ジョルジュの無限の可能性のようです


377 :( ゚∀゚)ジョルジュの無限の可能性のようです:2008/10/22(水) 14:56:04.05 ID:CP766dXhO

ζ(゚ー゚*ζ 「じゃあ、このカードはな~んだ?」

そういって、デレは裏にしたトランプを自分の目の前でひらひら振って見せた。
  _
( ゚∀゚) 「ダイヤの8」

ζ(゚ー゚*ζ 「ブブー、はっずれ~」

ζ(゚ー゚*ζ 「正解は、スペードの5でした」
  _
( ゚∀゚) 「ありゃま、惜しいな」

ζ(゚ー゚;ζ 「え、どの辺が惜しいの?」
  _
( ゚∀゚) 「どっちも数字、ダイヤはスペードの次」

ζ(゚o゚;ζ 「トランプはジョーカー以外全部数字だと思う」

デレは心底呆れた様に口を丸くして言った。
間違いではないだろ? そう聞くと、さらにため息を1つつかれた。





378 :( ゚∀゚)ジョルジュの無限の可能性のようです:2008/10/22(水) 14:59:17.82 ID:CP766dXhO

ζ(゚ー゚*ζ 「そういえば、トランプに順番とかあるの? スペードの次とか言ってたけど?」
  _
( ゚∀゚) 「そりゃあるだろ。例えば、7並べとかの場に並べるタイプのゲームとか決まった並べ方しねー?」

ζ(゚ー゚*ζ 「そういわれればそうだね。でも、どんな順番だったかな?」
  _
( ゚∀゚) 「トランプの順番ってたら、スペード、ダイヤ、ヘイヘイヘヘイ、ハートにクラブだろ?」

ζ(゚ー゚;ζ 「途中の合いの手は何?」
  _
( ゚∀゚) 「そういうもんだろ、電撃的に」

ζ(゚ー゚;ζ 「はあ……」

デレはまだ何か言いたそうだっただが、何やら逡巡した挙句、無理やり納得する事を選択したようだった。
そして再び、トランプをシャッフルし始めた。




379 :( ゚∀゚)ジョルジュの無限の可能性のようです:2008/10/22(水) 15:05:06.29 ID:CP766dXhO
  _
( ゚∀゚) 「……なあ、それまだやんの?」

ζ(゚ー゚*ζ 「それ? これ?」

デレは首をかしげ、再び裏にしたトランプを1枚俺の前にかざした。
  _
( ゚∀゚) 「クラブの8」

ζ(゚ー゚*ζ 「残念、正解はクラブの10でした」

近いな、と俺が言うと、はずれははずれだよ、と、デレは言った。
  _
( ゚∀゚) 「で、だ……、これに終わりは来るのか?」

ζ(゚ー゚*ζ 「一通りのデータが取れたらね~」

そういってデレは再びトランプを手に取り、裏面を突き付けた。
  _
( ゚∀゚) 「……スペードの8」

デレは無言で首を横に振った。




380 :( ゚∀゚)ジョルジュの無限の可能性のようです:2008/10/22(水) 15:10:58.98 ID:CP766dXhO
  _
( ゚∀゚) 「……ツン、おせーなぁ」

ζ(゚ー゚*ζ 「お姉ちゃん? 何か用事?」
  _
( ゚∀゚) 「いや、用ってわけでもないけどな……

ツンが来たらこの不毛な実験から逃れることが出来る。そう思っていたが口には出さなかった。
  _
( ゚∀゚) 「ちっと電話借りてもいいか?」

ζ(゚ー゚*ζ 「携帯は?」

俺が、忘れたと答えると、デレは少し呆れた様に、現代人失格だねー、と笑った。

ζ(゚ー゚*ζ 「いいけど、ちゃんと返してね?」
  _
( ゚∀゚) 「真心的な何かを塗りたくって返してやるよ。主に白い」

ζ(-へ- ζ 「やっぱ貸さない」

冗談だよ、冗談、そういうとデレは、少し冷たい目のままで廊下を指差した。
携帯は貸してくれないらしかった。

・・・・
・・・




381 :( ゚∀゚)ジョルジュの無限の可能性のようです:2008/10/22(水) 15:15:50.87 ID:CP766dXhO

ζ(゚ー゚*ζ 「電話は? 終わったの?」

俺が戻ってくると、デレはそう聞いた。
相手が誰かを聞かないのはデレらしいと思った。
  _
( ゚∀゚) 「電話? あー……、誰も出んわ」

ζ(゚-゚ ζ 
  _
( ゚∀゚) 

ζ(゚-゚ ζ 
  _
(;゚∀゚) 

ζ(-へ- ζ 「電話料金100,000,000円也」
  _
(;゚∀゚) 「エ? 何それ? 高くね? つか、有料?」

ζ(゚-゚ ζ 「あまりに寒かったので、私への慰謝料も含みます」
  _
( ゚∀゚) 「寒かったんなら暖めt──ぶべらッ──」

無言で殴られた。




382 :( ゚∀゚)ジョルジュの無限の可能性のようです:2008/10/22(水) 15:21:13.08 ID:CP766dXhO

ζ(゚ー゚*ζ 「ジョルジュはさー……」
  _
(メ゚∀゚) 「……俺がなんだ?」

ζ(゚ー゚*ζ 「その、下ネタ?から入るのはやめた方がいいんじゃないかーって思う」
  _
( ゚∀゚) 「俺から下ネタをとったら何が残る? いや、何も残らなねーンだよ!!!」

ζ(゚-゚ ζ

デレの冷たいまなざしが痛かった。

  _
( ゚∀゚) 「まあ、それを即座に理解できるやつも大概なもんだがな」

俺がそういうと、一瞬の間の後にその意味を察したデレが顔を赤くして、再び殴ってきた。
動揺してたのか、先ほどよりは痛くなかった。



<「ただいまー」




383 :( ゚∀゚)ジョルジュの無限の可能性のようです:2008/10/22(水) 15:30:40.49 ID:CP766dXhO

ζ(/ー//*ζ 「あ、お姉ちゃん、おかえりー」

ξ゚⊿゚)ξ 「あれ? ジョルジュじゃない? あんたが何でいんの?」
  _
( ゚∀゚) 「俺がここにいちゃまずいような言い方だな?」

ξ゚⊿゚)ξ 「そういうわけじゃないけど、あんた今日、ブーン達と遊ぶ約束してなかった?」
  _
( ゚∀゚) 「あー……、あれか。あれは急に中止になったみてーだな」

俺の少し言い淀んだ様子から、ツンはその意を察したようだった。

ξ゚ー゚)ξ 「あら、そう。それなら私はブーンと遊びに行けばよかったかしらね?」
  _
( ゚∀゚) 「恋人同士なんだから、好きにすりゃいいんじゃね?」

ツンはにやりとした表情のまま、デレに話しかけた。

ξ゚ー゚)ξ 「で、何やってたの、2人で?」

ζ(゚ー゚*ζ 「これ」

そういって、デレはトランプを指差した。




384 :( ゚∀゚)ジョルジュの無限の可能性のようです:2008/10/22(水) 15:36:19.23 ID:CP766dXhO

ξ゚⊿゚)ξ 「トランプ?」

ζ(゚ー゚*ζ 「超能力実験」

その一言で全てを察したのか、ツンはああ、と疲れたようなつぶやきと哀れんだ目で俺を見た。

ζ(゚ー゚*ζ 「今のところ成功回数0なんだよねー、ってことで、はい」

再び掲げられるトランプ。
助けを求めるように視線を向けた先のツンに促され、俺は答えを口にした」
  _
( ゚∀゚) 「ハートの8」

ζ(゚△゚*ζ 「おお! すっごい!!! 当たった!!!」

当たった、当たったと子供のようにはしゃぐデレ。
その横で、音を出さずに拍手するツン。

下手な鉄砲が当たっただけなのだが、これだけ喜ばれると悪い気はしなかった。




386 :( ゚∀゚)ジョルジュの無限の可能性のようです:2008/10/22(水) 15:41:08.33 ID:CP766dXhO

ζ(゚ー゚*ζ 「すごいね、当たったよ。これでジョルジュにも超能力者の素質有り、かな?」

そう言って喜びを満面に表すデレ。
しかし、不意にぱたりと動きが止まり、真面目な表情でこちらに向き直った。

ζ(゚ー゚*ζ 「でも、何でさっきから8ばっかだったの?」
  _
( ゚∀゚) 「そりゃ8には無限の可能性が詰まってるからな」

そう言って指を輪にして両手で8の字を作り、横にして見せた。
無限の意味を理解したデレは、少し感心したように頷いた。


その後、両手をそのまま自分の胸に当てたら無言で二人に殴られた。


おしまい







387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/22(水) 15:45:21.98 ID:CP766dXhO

お題
>>265 電話
>>266 ダイヤの8
>>267 誰も出んわ
>>268 ハートの8
>>269 電話料金100,000,000円也

でした。

最後がきつかった……。特に也。諦めた。
コ○助、許すまじ。

保守&さる対策にしても、のんびり過ぎたかもですが、おかげでさるは回避できました

>>376
俺のお題消化率は100%だZE(^ω^)


[ 2008/10/22 20:23 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/593-f290f3d3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。