FC2ブログ










無題


317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 19:42:45.12 ID:yz19JwGxO

( ^ω^)「スピーーッド!」(・∀・ )


(;'A`)「始まった!しかし、二人ともとんでもないスピードだ!」

ミ,,;゚Д゚彡 「てかなんであんなに真剣なんだ?」

('A`)「あぁ、お前は知らないのか。アイツら、あるモノを賭けてるからな。」



318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 19:44:08.24 ID:yz19JwGxO

ミ,,゚Д゚彡「何をだ?」

('A`)「コレだよ。コレ。」

ハッ!ソォイ!

ミ,,゚Д゚彡「コレは……?カードみたいだが。いや、トランプか?スペードのAの。」

ドギャー!

('A`)「クオカードだよ。トランプにも使えるけど、二人ともこれ集めててな。ラスト一枚をさっき拾ったんだ。」

ラッセーラ!ラッセーラー!

ミ,,゚Д゚彡「なんだそんな事か。」

ショォウリュウケン!

('A`)「ただ、これが揃うと何か良いことがあるらしい。詳しくは知らん。」



320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 19:46:23.61 ID:yz19JwGxO

(;^ω^)「(クッ……なかなかやるお…)」

(;・∀・)「(なかなか手ごわい……こうなったら……)」

( ^ω^)「(必殺技を使うしかない!)」(・∀・ )

(#^ω^)「奥義!トランプの舞!」

ブゥワァァァァァ!!

(;'A`)「出たぁ!トランプの舞い!教室中に舞い上がったトランプがまるで意思を持つように順番通りに捨て山に降っていく!いつ見ても美しい……!!」

(#・∀・)「負けるか!秘技!大瀑布!」


(;'A`)「何ッ!とんでもない量のトランプが滝の様に流れてゆく!荒々しくもその流れはしなやかで繊細だ!これがモララーの技か!!」



321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 19:47:45.04 ID:yz19JwGxO

(;'A`)「これは……双方共に互角ッ……!!」

ミ,,゚Д゚彡「あーちょっと出てくるわー」

ざわ……ざわ……


(;^ω^)「ふぅ……互角……かお…」

(;・∀・)「そのようだ……な。こうなったらサドンデスだ!」

(;^ω^)「望む所だお!」



322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 19:49:21.82 ID:yz19JwGxO

('A`)「では二回戦……初めてッ!」

(#^ω^)「スピードッ!!」(・∀・#)

……一時間後…

('A`)「んじゃ、250回戦目初めて。俺漫画読んでるし。」

(#^ω^)「スピードッ!!」(・∀・#)


(;^ω^)「(ラチが開かないお……)」

(;・∀・)「(何か…手はないか!)」


ミ,,゚Д゚彡「オイッス!え?まだやってんの?」



323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 19:50:18.63 ID:yz19JwGxO

('A`)「おう。あれ?何買ってきたの?」

ミ,,゚Д゚彡「適当に食べ物とか。あ、コレ返すわ。」

バクネツ!ゴットォ!フィンガァァァ!!

('A`)「ん?あぁ……って」

(#'A`)「使ってんじゃん!」

ナンノ!スターライトブレイカァァァァ!!

ミ,,;゚Д゚彡「え?だってカードが欲しいんなら別に良いじゃん。」

ナニヲイッテルンダ?オレノターンハマダ…

(#'A`)「使わない事に意味があるんだよ!おい、二人とも!」


(#^ω^)「なんだお!」

(#・∀・)「ってスペードのA使ってあるんじゃん!誰だよ!」




324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 19:50:55.78 ID:yz19JwGxO

ミ,,;゚Д゚彡「ゴメン……使っちまった…とりあえずコレでも食ってくれ…」

(#・∀・)「とりあえず拾得物横領で通報しとくけどね。」

( ;ω;)「これじゃ、願いが叶わないお……」

('A`)「そういえば二人の願いって何だったんだ?」



326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 19:53:21.02 ID:yz19JwGxO

( ^ω^)「ジャンクフード腹一杯。」

( ・∀・)「ライバル。強くなりすぎたし。」

('A`)「そうか……また残り一枚探して頑張ってくれ。とりあえず→ミ,,━Д━彡が買ってきたポテチとかハンバーガーとか食って落ち着いてくれ。腹も減っただろ。」

(;^ω^)「ミ,,━Д━彡って誰だお……」

('A`)「一応容疑者だし。そういえば、スペードのAを落とした人が来そうな気がしたがそんなこと無かったぜ!」

<コンナンデ!ツカマッテタマルカァァ!

( ・∀・)「あ、警察来たねー。あー逃げてる逃げてる。そういえば、ライバルが出来た気がするけど、そんな事無かったわ。ブーンは友達だし。とりあえずコレ食おう。」

( ^ω^)「なんか夢が叶った気がしたけど、そんな事なかったお。」


こうして、激しい戦いは幕を閉じた……


おーわり







お題:スペードのA


[ 2008/10/16 21:07 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
フサギコならりっぱな警察犬になれる
[ 2009/10/07 20:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/564-92024132