スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

('A`)は夜の王様のようです


217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 00:44:48.68 ID:4rBHs0gQ0

お題
>>50 寝る前に…
>>51 それでこそキング!

完成したので投下しま



218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 00:45:18.37 ID:4rBHs0gQ0
真っ黒な空を一生懸命照らすまんまるお月様。
草木も眠る丑三つ時だってのに、頑張り屋さんだ。
そんな時間に起きてる俺も頑張り屋さんだよな。

(*'A`)「誰か誉めてー!」

しーん。

あれだなぁ、ツッコミの存在って重要だな。

気を取り直して歩き出す。

わざと靴音高く歩いてみたり。
アニメのワンシーンを再現してみたり。
ミュージカルのように踊ってみたり。

それでも誰にも咎められない。

ああ、この夜は俺の物。



('A`)は夜の王様のようです



220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 00:45:44.79 ID:4rBHs0gQ0

子供の頃、俺には夢があった。
真夜中の街を一人闊歩する、そんな夢。今になって考えてみればなんとまぁスケールの小さい夢だろう。
とにかく、俺はその頃からずっと夜の闇に心惹かれていた。

('∀`)「あぁ…いいなぁ、夜!真っ暗って素敵だ!」

そして大人になった今。寝る前の散歩は俺の日課―いや、生活の原動力になっていた。
最初はほんの息抜き程度。段々時間が長くなって、仕事に差し障るようになった。
それならいっそと一念発起、仕事を変えた。
給料は前より少ないけど、その分働く時間も短い。朝遅くても問題ないので、散歩はたっぷり楽しめる。

('A`)「まわるーまーわるーよせかいーはまわるー」

両手を広げてくるくる廻る。
くるくる、くるくる、くるくる…やべ、気持ち悪くなってきた。
ちょっと座って一休み。こんなことしても、誰にも何も言われない。楽しいなぁ。

('A`)「……」

自然と視線がお月様に向いた。
俺は黒は大好きだけど、黄色はあまり好きじゃない。でもお月様は別だ。
俺による俺のための俺だけの夜を照らしてくれる、ありがたいものだからだ。

(*'A`)「お月様ありがとー!」

傍から見たら俺、シラフには見えねぇだろうなぁ。誰もいないけどさ。



221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 00:46:26.23 ID:4rBHs0gQ0

さて。気持ち悪いのも引いてきたし、散歩の続きと行きますか。
今度は思いっきりスキップしてみた。らんらんるー。

('∀`)「らんらんるー!」

(* ^ω^)「うはwww変なやつがいるおwww酔ってんのかおwww」

上機嫌にスキップしていたら、スーツをだらしなく着たおっさんが現れた。
肉でたるんだほっぺたは真っ赤で、足元も覚束ない。頭にはご丁寧にネクタイなんか巻いている。
どう見てもシラフじゃなかった。酒くせぇ。

('A`)「…酔ってんのはてめーのほうだろボケ」

気分がすっと冷めていくのがわかった。最高から最低に一気に落ち込むテンション。
酒を飲むなとは言わないが、俺に絡むな。

俺の世界に入ってくるな。

(* ^ω^)「そう怖い顔すんなおwwwさっきみたいに笑ってたほうがかっこいいおwww」

おっさんが笑うたび、ビール腹がたぷたぷ揺れる。

醜い。

こんなに素敵な真っ黒の中に、こんなに綺麗な俺の世界の中に、こんなに醜い奴がいていいのか?

良くない。良いわけがない。



222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 00:47:24.31 ID:4rBHs0gQ0

('A`)「…なぁ、おっさん。王様の仕事って何だろなぁ?」

(* ^ω^)「そりゃ税金を搾り取ることだおwwwお蔭で庶民の僕らは苦労してるおwww」

この野郎、頭の中までプリン体か?全然解ってねぇ。

('A`)「王様の仕事ってのはなぁ」

この真っ黒な夜のように―

('A゚)「世界を綺麗にすることさ」

懐に入れておいたナイフを取り出す。月光に照らされたそれは、銀色に輝いていた。
あぁ、綺麗だ。本当に綺麗。俺の世界で闇とお月様の次に綺麗なもの。

(* ^ω^)「危ないもん持ってるおねwwwおまわりさんに捕まっちゃうおwww」

(゚A゚)「あんたは俺の世界を汚した。制裁が必要だ」

(* ^ω^)「お?」

(゚A゚)「死ね」

返事はさせなかった。これ以上、汚い息で俺の世界を汚されたくなかったから。
腹から真っ赤な血を流して、おっさんは倒れた。抜けたナイフも真っ赤。
ちなみに俺は赤色が大好きだ。黒の次ぐらいに。

('A`)「これで俺の世界は汚されない」

世界は綺麗に保たれた。偉いぞ俺!それでこそキング!お努めお疲れ様であります!



223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/16(木) 00:47:51.29 ID:4rBHs0gQ0

一通り自分を称えた後、ぐったりとして動かないおっさんを眺める。
流れた血が、徐々にどす黒くなっていく。夜の闇に、俺の世界に溶け込んでくる。

そうだ、それでいいんだよ。郷に行っては郷に従え、ってな。

('∀`)「ようこそ、俺の世界へ」

なんつって。

(*'∀`)「お月様ー!俺、今日もこの世界の王様としてきっちり仕事したよー!」

(*'∀`)「お月様の大好きな、夜の世界を守ったよー!」

なんとなくお月様が微笑んでくれてるような気がした。嬉しいなぁ。
それじゃ、掃除も終わったことだし散歩を続けよう。

鼻歌を熱唱してみたり。
両手を広げて走ってみたり。
道路の真ん中で大の字になってみたり。

それでも誰にも咎められない。

ああ、この夜は俺の物。
誰にも渡さない。誰にも汚させない。

だって俺は、王様だから。



('A`)は夜の王様のようです   終


[ 2008/10/16 21:01 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
ドックンに夜はよく似合う
[ 2009/10/07 20:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/562-3b3c86bb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。