FC2ブログ










lw´‐ _‐ノv保守短編( ФωФ)


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/05(日) 21:15:18.53 ID:v1HrcdLvO
lw´‐ _‐ノv「まざー2やってるんよ、今」

( ФωФ)「名作であるな」

lw´‐ _‐ノv「で、せっかくだから知り合いの名前片っ端から使ったんだ」

( ФωФ)「ありがちな話である」

lw´‐ _‐ノv「そしたらうっかり家帰る度にカニバリズm(;ФωФ)「好物もかぁあああ!!」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/05(日) 21:16:01.16 ID:v1HrcdLvO

lw´‐ _‐ノv「まざー2やってるんよ、今」

( ФωФ)「……さっき聞いたである」

lw´‐ _‐ノv「言い忘れてたが君の名前も使わせてもらった」

( ФωФ)「…………誰? ってかどれにつけた?」

lw´‐ _‐ノv「ふふ」

(;ФωФ)「ちょ、え、まさか…」

lw´‐ _‐ノv「あーなんかおなか減っt(;ФωФ)つΔノ「やる食え米だおむすびだ!!!」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/05(日) 21:17:05.52 ID:v1HrcdLvO

( ФωФ)「え、友達のメガネくん?」

lw´‐ _‐ノvΔ「ん。その目の○がそこはかとなくメガネを思わせた」

( ФωФ)(…つまり素の顔はこんなん→『( |ω|)』だとでも?)

lw´‐ ‐*ノv<ウマウマ
    `




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/05(日) 21:18:29.16 ID:v1HrcdLvO

( ФωФ)「まざー2やっておるそうだな」

lw´‐ _‐ノv「いかにも」

( ФωФ)「結局どれに誰の名前あてたであるか?」

lw´‐ _‐ノv「んー、普通だよ」

おとこのこ→( ・∀・)
おんなのこ→*(‘‘)*
ともだち1→( ФωФ)
ともだち2→lw´‐ _‐ノv

lw´‐ _‐ノv「そんでもって……」

( ФωФ)「あー、ちょっとよいかシューよ」

lw´‐ _‐ノv「すまない、まさか君が素っ裸で夢の国回りたかったとは」

(;ФωФ)「誰もそんなこと言ってないである。てかそんな言い方するな怒られるぞ」

lw´‐ _‐ノv「なら全滅の危機でも平気でママや好物思ってトリップする
      ホームシッk(#ФωФ)「お主にネスの何がわかるってんだぁああああ!!!」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/05(日) 21:20:03.00 ID:v1HrcdLvO

( ФωФ)「何故に( ・∀・)と*(‘‘)*なのだ?」

lw´‐ _‐ノv「主役を自分に、ヒロインを好きな子に設定、
      エンディングまで一度も気絶させず護り抜く」

( ФωФ)「む…、おまじないか何かか?」

lw´‐ _‐ノv「ん」

( ФωФ)「頼まれたのか? 自力でやらねば無意味ではないか…」

lw´‐ _‐ノv「や、ホントにくっついたらおもろいなぁって」

(;ФωФ)「そんだけのためぇええ?!」

lw´‐ _‐ノv「第一ないしねそんなまじない」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/05(日) 21:20:51.79 ID:v1HrcdLvO

(;ФωФ)「ちゅーか、そもそも何故に自分を王子にしたのだ?」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´  _ ノv「ピザやハンバーガーで生き長らえるくらいなら水とPSIだけあればいい」

∑(;ФωФ)

lw´‐ _‐ノv +「という覚悟? みたいなー」

(;ФωФ))(今の目はマジであったぞ…)



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/05(日) 21:21:16.23 ID:v1HrcdLvO

lw´‐ _‐ノv「ちなみにカッコいいと思うものはSASUGAにしてみた」

( ФωФ)「ふむ、いい医者紹介するである」

lw´‐ _‐ノv「待っておくんなせぇお代官様、発想の転換てヤツでさぁ」

(;ФωФ)「誰がお代官様であるか…」

lw´‐ _‐ノv「いや、例えばさ…」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/05(日) 21:21:45.48 ID:v1HrcdLvO

―――――――――

( ・∀・)「『PK・SASUGAβ』!」

ok>(´<_` )( ´_ゝ`)<ハアクシタ

( ・∀・)σ「いっけええ!」

≡(* ´_ゝ`)「カッコいいと思うもの=俺らというのは嬉しいな」

≡(´<_` )「いや、どうやら単にΩでの母者召喚が目的じゃまいかと」

( ・∀・)<アニジャカー。ヤッパリアノヒトハラストカナ

*(‘‘)*<シカタナイワヨサイキョウキャラダシ…

≡( ;_ゝ;)「だ、打算で動くばかりのこんな世の中じゃ……!!」

≡(´<_` )「はいはいポイズンポイズン。さっさとやって帰るぞ」

― ――――――――
 o。
lw´‐ _‐ノv「とか想像すると楽しくね?」

( ФωФ)(駄目だこいつ早くなんとかしないと)



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/05(日) 21:22:11.89 ID:v1HrcdLvO

lw´‐ _‐ノv「あ、ちなみに好物は/ ,' 3にしました」

( ФωФ)…………

(  ω )

lw´‐ _‐ノv「ん? どした?」

/((  ω ))\(一瞬でも『あ、いけそう』とか思った我輩をだれか殴ってくれである…)

lw´‐ _‐ノv「そうやってると内藤と見分けつかんね、君」

lw´‐ _‐ノv

lw´‐ _‐ノv +「オチなどないよ、保守だから」



[ 2008/10/05 21:30 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/519-61c0a514