FC2ブログ










('A`)キャベツなようです


336 :('A`)キャベツなようです:2008/10/04(土) 04:21:38.71 ID:h3hTGRiOO

 緑色の葉が朝露に濡れ、太陽の光を受けて輝く。

 ここは10アールにも満たない家庭菜園。
 老後を優雅に暮らす1人の老人が気ままにキャベツを育てていた。

('A`)「今日はこいつにするかの」

 鎌を振るって一つのキャベツを収穫する。

('A`)ノ◎ ドクオは キャベツを てにいれた!!

 誰が何と言おうとキャベツである。



337 :('A`)キャベツなようです:2008/10/04(土) 04:23:45.29 ID:h3hTGRiOO

 朝食の時間だ。

 早速キャベツの出番だ。

('A`) バリバリ

 一番外の葉は捨て、半分に切る。
 片方にラップを掛けて冷蔵庫へ。

('A`) ザクッザクッ

 一口大ほどにに切ったキャベツを、既に煮立ったコンソメ入り鍋に入れる。

 朝食‐キャベツのコンソメスープ・食パン

('A`)「いただきます」

('A`) ムシャムシャ

('A`)=3 ゲプー

('A`)「ごちそうさまでした」



338 :('A`)キャベツなようです:2008/10/04(土) 04:25:14.90 ID:h3hTGRiOO

 玄関の掃除やコイの餌やりなどを済ませると、昼になっていた。

 ここでまたキャベツの出番だ。

 市販のお好み焼き粉を水で溶かし、先程冷蔵庫に入れていたキャベツの半分を刻んで混ぜ、それを油を軽く引いたフライパンで焼く。

 昼食‐お好み焼き・朝の残りのコンソメスープ

('A`)「いただきます」

('A`) ムシャムシャ

('A`)=3 ゲプー

('A`)「ごちそうさまでした」



339 :('A`)キャベツなようです:2008/10/04(土) 04:26:55.88 ID:h3hTGRiOO

 キャベツ畑に向かう。
 青虫を捕まえたり雑草を抜いたりする。別に売ったりする訳ではないので基本無農薬栽培である。

 夕方になると買い物に出かける。

('A`)「このミンチ肉200g」

( ^ω^)「あいよー」

 夕食の献立が決まった。
 今夜はロールキャベツだな。



340 :('A`)キャベツなようです:2008/10/04(土) 04:29:03.74 ID:h3hTGRiOO

('A`)「…!!」

 しまった。
 今日のキャベツは1玉使い果たしてしまったのだ。


('A`)「…まぁミンチ炒めでいいか」

 夕食‐ミンチ炒め・朝と昼の残りのコンソメスープ

('A`)「いただきます」

('A`) ムシャムシャ

('A`)=3 ゲプー

('A`)「ごちそうさまでした」

 食事を終え、床につく。



341 :('A`)キャベツなようです:2008/10/04(土) 04:30:09.32 ID:h3hTGRiOO

(-A-) ンゴーンゴー

 こうして彼の一日が過ぎてゆく。

 こんな平凡な日々が毎日過ぎていくだけだと彼は思っていた。






 10年後、彼の土地から『幻のキャベツ』が生まれることになるのだが、
 それが彼の人生に何ら影響を与えることはなく、彼は天寿を全うするのであった。

 おわり


[ 2008/10/04 09:04 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
さて、キャベツを食べるか
[ 2009/10/03 17:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/517-48bada2d