FC2ブログ










('A`)無題

※閲覧注意
300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 00:47:31.30 ID:lmq1znL80

 メーデーメーデー、もう駄目だ。
 どこにも繋がらない心の中で俺はそう繰り返す。
 もうあかんホンマまじピンチやでえ。

(゚A゚)「あばばっばばっあばばばばばばばばばばばばばばばば」

 どうしてこんなことになったんだよ。
 誰がこんなことしたんだよ。

 意味わかんねえ。
 ファックファックだよマジで。
 俺はTシャツGパンとラフな格好の彼女を見下ろす。

从 ∀从

(゚A゚)「どっひゃー!」

 何度見ても死体です。本当にナムアミダブツです。



302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 00:49:15.38 ID:lmq1znL80

 簡単に状況を整理しよう。
 仕事から帰ったら以前から憧れてたハインリッヒ高岡なる女性がアパートで死んでた。
 どっひゃー。

(゚A゚)「きゅーきゅーしゃ! けーさつ! かーげーべー!」

 落ち着けソ連国家保安委員会は関係ない。
 よし、けけけけけっけけけけけっけいさつよぶぞけいさつ!
 いやいやいやいやいやいやその前にきゅうきゅうしゃか!?

(゚A゚)「ええい、わからん! この際デリヘル以外なら何だっていい!」

 いきつけ(呼びつけ?)のデリヘル以外では唯一電話帳に登録されている内藤んちに掛けた。



303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 00:50:49.51 ID:lmq1znL80

「はい、内藤ですお」

(゚A゚)「あああああ、あのうっ! わたくし鬱田ともーしますが! 内藤係長はございたくでしょうか!?」

 ちなみに内藤は上司だ。友達でも何でもない。仕事の関係上自宅の番号だけ教えてもらった。
 なんたる孤独!

「あ、鬱田かお? 僕だけど、何かあったのかお?」

(゚A゚)「はい! あのーう! あのですねっ! そのっ! 高岡さんがですね!」

「ああ、ハインがどうしたんだお? 今日は確か欠勤してたと思うけど」

(゚A゚)「欠勤!? そうですね! 来てませんでしたね! 僕今日ほど生きてる意味ねえなーって日はなかったですよ!?」

 見下ろしたらハイン死んでるけどな! あばばばばばばばばばばば!



304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 00:52:16.73 ID:lmq1znL80

「知らんお。……鬱田。この際だから言うけど、お前のハインに対する態度、正直感心せんお」

(゚A゚)「はあ!? 何がですか! 俺だってもうどうしたらいいかわからんのですよ!」

 何かもう息してないんだよ彼女! 血も何も流れない綺麗な死体だよ!? でも死んでるんだぜ。

「お前がハインの事を好いてるのは、職場の人間だったらみんな知ってるお。
 ハインの事を盗み見てニヤニヤしてたり、満員のエレベーターでわざとハインにすり寄って行ったり、
 それにハインが帰りにお前の姿を観たのは2度や3度の話じゃないお。帰り路、まったく逆方向だお?
 あと、以前ハインの湯呑みがなくなった事件、みんな黙ってるけど、犯人は分かってるお。なあ鬱田?
 …はっきり言ってお前はストーカーだお。以前から個人的に相談も受けていたが、こうやって僕にイタ電を掛けてくる程とは」

(゚A゚)「誤解です! 誤解ですよ!」

 ふざけんな! ストーキングじゃない! これは愛だ!!

「僕は君に期待してるお。でも、そのストーカー気質は職場の和を乱すお。
 今日だって無断欠勤のハインは、実は鬱田に監禁されてるんじゃないかってみんな噂してt」

 ガチャン。なんて音はしないが、プチっと電話を切った。
 あかん。俺、容疑者候補一番星やん。



305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 00:54:29.32 ID:lmq1znL80

 えーえーえー。どうするよどうするよ。
 シュミュレーションしようじゃないかそうしよう。

 このままけいさつなりきゅーきゅーしゃを呼ぶ
 ↓
 現場俺の部屋。かつ俺はストーカーと言うあらぬ誤解を受けている。
 ↓
 100%タイーホ。残念、俺の娑婆での人生はここで終わりました。

(゚A゚)「いやーっ! 童貞のまんま檻の中の飢えた男どもによる凌辱祭りの主賓にされちゃうっ!」


(´・ω・`)『ふふ、アナルがコリコリしてるよ。もしかして初めてなのかい…?』

( ФωФ)『ククク…これが本物の愛撫と言うものだ…』

( <●><●>)『アナルにラー油を垂らすととんでもないことになるのはワカッテマス』

(゚A゚)『おちんちんにラー油塗りたくられてしゅごいのおおおおおおおおおおおおっ!』


(゚A゚)「いやだあああああああああああああああああ!!」

从 ∀从

 それにしてもハイン可愛いなあ。死んでても可愛いなあ。
 ほんとに死んでんのかよ信じらんねえ。



307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 00:56:11.14 ID:lmq1znL80

 首筋に手を当ててみる。脈は完全に止まっている。
 死んでいるからか、彼女の肌は生前よりもずっと白い。
 ひょっとしたら生きている頃よりも…ずっと艶めかしい。

(゚A゚)「……」

 外傷らしいものは何もない。彼女は自然だった。
 呼吸なし、脈なし、それ以外におかしな点は一つもない。

 試しに口の中に指を突っ込んでみた。
 透明な唾液が糸を引いた。

(゚A゚)「おおう……」
 
 俺は紳士なので丁寧にそれを舐めた。
 甘い味がした。

 なんかもうどうでもよくなってきたなあ。
 好きな人が死ぬのってもっと世界が終るような絶望的な話だと思ってたのになあ。
 ハインが死んでも、それでも地球まわってるし。



309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 00:58:18.20 ID:lmq1znL80

(゚3゚)「ちゅっちゅちゅっちゅ」

 なんだか別人になったような気分で、俺はハインに口づけした。
 すっげぇーやわらけえー死後硬直ってなんだよ知るかよ。
 ハインの唇は柔らかくて、ひたすら甘い。童貞に教えてやるよ、女はレモンの味なんてしねえ。
 これは甘露だ。

 …うるせえ俺だってまだ童貞だよ。

 まだ。

(゚A゚)「どうしよっかなー。どうしちゃおっかなー」

 色々やろういろエロやろう。うふふ。楽しくなってきたなあ。
 これネクロフィリアって奴なのかな。あーもーよくわかんねえなあ。
 唇も唾液も甘かったからちょっと指でも齧ってみようかな。
 どんな味がするんだろ。



311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 01:00:05.42 ID:lmq1znL80

 結論から言うと極上でありました。
 いろエロもやった。いろエロ以外もやった。俺はもう童貞じゃない。
 脱童貞だ! それも好きな憧れてた女の子でだ! ザマーミロ!
 ひひは。

(゚A゚)「残り少なくなっちゃったなー」

 流石に骨はどうしようもないしな。
 あ、砕いて粉末にして呑もうかな。ひょっとしたら薬効があるやもしれぬ。

 思ったら即実行。そうやって俺は彼女を骨抜きにしたのです。肉剥ぎ取って喰っただけだけどな。

(゚A゚)「ごくごくうめいうめい」

 涙が出てきそうだ。何という至福。地球に生まれてよかった!
 ああこの感動を地球にも分けてあげたい。勿体無いけど海にでも撒こうか。
 海抜0mを漂うハインの骨、それって浪漫チックやん。



312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 01:02:15.76 ID:lmq1znL80

(゚A゚)「でもそれやったら無くなっちゃうしな…」

 急に寂しくなってきちゃった。だって男の子だもん。好きな子とは一緒にいたいよ!
 ハインは俺の血となり肉となったけどさ、でも目の前にいないのは寂しいじゃん。
 寂しいと言えば…そうだ、ああ、そうだ。

(゚A゚)「反応がないのは寂しいよな」

 いろエロやった俺だが、女性器を貫く快感を知った俺だが、
 あ、ちなみにハインさん処女でした、ふふ、
 ハインがそのいろエロやったとき、どういう反応をしたのかは、永遠に知らないままだ。
 反応、レスポンス。

 思えばハインは俺が意味深な視線を投げかけた時も、エレベーター内で近づいた時も、帰り道で出会った時も。
 その全てにおいて切れ長の目に似合う冷ややかで鋭い目つきを返してくれた。
 ああ、もうそういうの無いんだなあ。信じられんなあ。俺の人生にハインもうねえんだなあ。

 俺、永遠に悩むよ。多分。



314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 01:04:11.93 ID:lmq1znL80

 寂しいなあ。悲しいなあ。何もかも憂鬱だなあ。



 俺も死のうかな。死のうかな。死のうかな。
 


 死のうかな。



 死 の う か な !



 死 の う か な ! !



315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 01:06:06.81 ID:lmq1znL80

('A`)「っていう夢を見たわけだが」

 俺は湿った布団の中で覚醒を迎えていた。目覚めたってことだよ。
 そうだよ。夢だったんだよ。全部な。嬉しいなあ。

 俺の人生にまだハインあるんじゃん。しかも生きてる。反応が返って来る。
 レスポンスがある。

 例えストーカーと思われていてもいい。彼女はまだ生きて存在しているんだ。

 嬉しい。
 嬉しい。
 嬉しい。

 今度は生きたまま皮を剥いでみようかな。
 反応があって、きっと楽しいぞ。

(゚A゚)「ひひは」

おしまい







316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 01:08:37.89 ID:lmq1znL80

お題はカニバリズム ネクロフィリア 海抜0m 永遠に悩む それでも地球は回っている メーデーメーデー、もうダメだ
    生きたまま皮をはぐ でした。

支援ありがとうございました。俺もメロコア聞きます


[ 2008/10/04 08:51 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
ストーカーは一番ダメな愛情表現
[ 2009/10/03 17:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/514-c3780c21