FC2ブログ










砂漠の国のようです


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/03(金) 03:32:11.79 ID:7DwBNCPn0

(,,゚д゚)「それじゃあ、行ってくる…」

(*゚ー゚)「行ってらっしゃい」

早朝、一人の若者が乗り物に使っているシラネーヨに乗り込んだ。
シラネーヨの背中には荷物が沢山つまれ、まるでキャラバンのようになっていた。

(,,゚д゚)「どれどれ…荷物の確認をするとしようか」

若者は、シラネーヨの背中に積み込んだ積荷の袋を開け、中身を確認する。
中には獣の皮で作られた水の入った水筒や、チーズ等の保存食がぎっしりとつまっていた。

(,,゚д゚)「それじゃあ出発しようか」

若者はそう言うと、背負っていた小銃を積荷の隙間に差し込みたてる。
そして、日射病よけの帽子をかぶると綱を引き、シラネーヨを歩かせる。

砂漠…それは、見渡す限り砂しか存在しない不毛の大地。

(,,゚д゚)「やれやれ…暑いなぁ」

マントを、だぼだぼと動かし風を送る若者。
シラネーヨの歩みは、のんびりとしていて、目的地にたどり着くには夜になっている。



133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/03(金) 03:32:56.78 ID:7DwBNCPn0

(,,゚д゚)「はぁ…」

溜息をつく若者、額に噴き出た汗を布で拭い、それをすぐに絞る。
布からは、大量の汗が絞り出される。

(,,゚д゚)「三本サボテンか…ここからは西に進路を変えてっと」

砂漠の真ん中にぽつんと佇む、三本のサボテン。そのサボテンの近くで
進路を西へと変える。

(,,゚д゚)「あとは…真っ直ぐか」

綱を引き、まっすぐ進み続けるシラネーヨ。
時刻は昼をすぎ、夕刻に近づいていた。
丁度その時だった。砂漠では聞きなれない音が聞こえてきたのは。

(,,゚д゚)「……」

銃を取り出し構える若者。しかし、すぐにそれが戦車だと分かると銃をしまう。

( ^ω^)「おっおっ、キャラバンかお?水を売ってもらえないかお?」

( ・∀・)「ついでに俺のも頼むよ」

('A`)「あ、俺も」

戦車が止まり、中から三人の男が現れる。
男達は戦車の上に乗っかり、水を要求する。



134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/03(金) 03:33:38.43 ID:7DwBNCPn0

(,,゚д゚)「水は銅貨5枚だよ」

( ^ω^)「おっおっ、15枚丁度だお」

銅貨15枚を受け取り、積荷の中から水筒を3つ取り出し、それを手渡す。

(,,゚д゚)「戦争は、まだ続いてるの?」

( ・∀・)「ああ、まだまだ長引くだろうね…」

小銃を肩にかけた男が水を飲みながら答える。

('A`)「まあ、俺達はここの哨戒任務だから、前線の連中ほど危険はないけどな」

大きな機関銃をもった男が答える。
一通り喋り終えた男は、帽子をかぶり、水を飲み始める。

(,,゚д゚)「ふうん…」

( ^ω^)「ところで、貴方はどこから来たのかお?」

(,,゚д゚)「南のオアシスの方から」

( ・∀・)「へえ、結構いい所で暮らしてるんだね」

(,,゚д゚)「まあ…仕事してるからね」



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/03(金) 03:34:11.25 ID:7DwBNCPn0

そう言うと若者は、積荷の中からチーズの欠片を取り出し、それを小銃を肩にかけた男に手渡す。

(,,゚д゚)「サービス」

( ・∀・)「おっと、サンキュー」

親指を立てる男、男はそれを三等分し分けると、口に頬張る。

(*^ω^)「いやーうめぇお!」

にこにことした顔の男が賛美する。
それを見た若者を頬を緩める。

('A`)「あんたはこれから首都の方に?」

(,,゚д゚)「そう、積荷を届けにね」

( ・∀・)「へぇ、俺達もそろそろ首都へ戻ろうと思ってたんだ。
      よければ一緒にいかないかい?」

(,,゚д゚)「それは助かる」

ペコリと頭を下げる若者、その途端帽子が落ち、長い耳が現れる。
その左耳には白い包帯が巻かれていた。

('A`)「なんだその包帯?」

(,,゚д゚)「2週間前に襲われた時に負わされた傷」



136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/03(金) 03:34:59.51 ID:7DwBNCPn0

若者はそう言うと包帯を外し、小さな風穴の開いた耳を見せる。
その周りはまだ若干膿んでいた。

('A`)「すまない事を聞いたな」

(,,゚д゚)「いや、いい…この仕事をしているとよくある事だから」

(;^ω^)「でも、中には死んじゃう人もいるんじゃないかお?」

(,,゚д゚)「年間2~3人は出ている」

包帯を巻きながら若者が答える。
包帯を巻き終わった若者は、シラネーヨから降りると帽子を拾い頭にかぶる。

( ・∀・)「そうか、意外とキャラバンも大変なんだな」

(,,゚д゚)「楽な仕事なんてないだろ?」

( ^ω^)「そりゃそーだお」

にこにことした顔の男が笑い声をあげ、
砂地に似た黄色っぽい軍服のポケットから、煙草を取り出す。

( ^ω^)「一本どうかお?」

(,,゚д゚)「煙草は吸わない」

若者の声を聞き、男は煙草を口に咥え火をつける。



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/03(金) 03:35:46.45 ID:7DwBNCPn0

( ・∀・)「おっしゃ、進路を変更して首都へいこうか」

('A`)「あいよ」

帽子をかぶった男が戦車の中に入る。
そして、ゆっくりと戦車が円を書いて動きだし、向きを変える。

( ^ω^)「ところで、あんたは家族何人いるだお?」

(,,゚д゚)「二人…妹がいるだけ」

( ^ω^)「両親はいないのかお?」

(,,゚д゚)「もう死んだ」

(;^ω^)「すまん事聞いたお」

頭をぽりぽりと掻く男、それを見て若者はくすりと微笑む。

( ・∀・)「やれやれ」

そんなにこにこ顔の男を見て肩をすくめる男。



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/03(金) 03:36:34.58 ID:7DwBNCPn0

時刻は進み夜へとなる。
肉眼でも首都が分かる距離へと近づき、若者はシラネーヨの足を少し緩める。

('A`)「西門でいいんだよな?」

運転を交替した帽子をかぶった男が尋ね、若者が男の声にこくりと頷く。

戦車が西門にたどりつくと、小銃を肩にかけた男が戦車から降り、門番の男にカードを見せる。

(-_-)「そっちのキャラバンは?」

門番の男の声に、シラネーヨに乗っていた若者が、シラネーヨから降り、カードを見せる。

(-_-)「……門を開けてくれ」

門番の男が、近くに垂れていた白い紐を数回引くと、上の方から鐘の音が聞こえ、
門がゆっくりと開いた。

( ・∀・)「そんじゃこれでお別れだな」

(,,゚д゚)「助かった」

若者が手を差し出し、その手を握る男。
握手を交わした後、若者はシラネーヨを連れ街の中へ入っていく。
その後ろ姿を見つめる三人の男達。

ふいに若者が振り向き、何かを告げていた。
『ありがとう』そう彼女が呟いたように男達は聞こえた。



139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/03(金) 03:37:56.40 ID:7DwBNCPn0


砂漠の国のようです

fin


[ 2008/10/03 10:04 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
過酷な環境だもんな
[ 2009/10/03 16:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/510-8d7471ca