FC2ブログ










( ^ω^)それぞれの決意のようです


488 :1/7:2008/09/24(水) 14:20:37.43 ID:Ntrpf5Ng0

――――Rrrr……Rrrr……

( ^ω^)「もしもし、ブーンですお」

      『おう、俺だ。久しぶりだな』   

( ^ω^)「おー!元気かお?仕事上手くいってるかお?」

      『それがな……、仕事辞めることにした』 




   ( ^ω^)それぞれの決意のようです





490 :2/7:2008/09/24(水) 14:21:46.44 ID:Ntrpf5Ng0

――――( ^ω^)「おはようだお」

――――('A`)「遅せーぞ」

――――( ^ω^)「まだ朝学活50分前だお」

――――('A`)「ギコとプギャーはもう来てて、今トイレだ」

――――(;^ω^)「まじかお」

中学校。
誰もが一度は通る思春期の頃、僕らは不思議といつも教室の隅に集まっていた。

特に共通点があったわけでも、共通の趣味があったわけでもない。
集まることを強制されたわけでもなく、ただ馬が合った。
それだけ。



491 :3/7:2008/09/24(水) 14:23:34.70 ID:Ntrpf5Ng0

――――(,,゚Д゚)「おい、ショボンがまた期末テスト1位だぞ!」

――――(´・ω・`)「いやぁ、('A`)「運が良かっただけだよ」

――――( ^ω^)「だんだんパターンが決まってきたお、あとギコは上目指せお」

――――(,,゚Д゚)「うるせぇ、理科はすげーんだよ」


集まってはダベって、オチも無い話を延々とする。
昨日のバラエティ番組がどうだ、明日の避難訓練がどうだとか。
ホントにそれだけ。

そこにいつもの5人が居る。それが毎日の日課になる。
気が付きゃみんな親友だ。なくてはならない存在になった……



492 :4/7:2008/09/24(水) 14:25:08.28 ID:Ntrpf5Ng0

――――( ^ω^)「卒業式までにプギャーはあの娘に告白しなくていいのかお?」

――――( ^Д^)「いや、好きじゃねーし」

――――('A`)「うそつけ。席前後のときいっつも後ろ向いてたろ」

――――(;^Д^)「いや、あの、その……」

――――(´・ω・`)「いいわけくらい考えておくべきだね」


高校に入ってからはみんなばらばら、「見えない絆」って言葉が胸をよぎる。
夏冬休みとかに集まる程度。片手で数えられるくらいしか集まってない。
でも、会って数秒であの頃に戻れる。
そんな親友達が最高だった。

高校卒業後はさらにばらばら。
全員が集まるのに何時間を要したこともあった。
だけど、やっぱりいつもの僕達がいた……



493 :5/7:2008/09/24(水) 14:26:28.78 ID:Ntrpf5Ng0

ギコからの電話は突然で、
ショボンは更に知識を深めるため国立の大学に進み、
ドクオは好きだからという理由で理科系の大学へ行き、
プギャーは地元で就職を決め、
それぞれの生活が軌道に乗ってきたところできて、

そして僕は、やや遠くの都市の試験に合格し内定をもらったところだった。



( ^ω^)「……なんか、問題でもあったのかお?」

      『ちょ…っと…な……。んで、地元帰ることにしたんだ
       それで、高校に入りなおすことにしたんだ。』

( ^ω^)「そうかお……」


重たい沈黙。
空気が痛い。



496 :6/7:2008/09/24(水) 14:27:48.27 ID:Ntrpf5Ng0

ギコは高校を卒業してはいなかった。
就職先が決まったから、というのが1番の理由らしいが、
どうやら、心につっかかっていたらしい。

      『……お前、就職決まったよな?』

( ^ω^)「決まったお」

      『俺みたいに辞めんなよ?』

(  ω )「…………ないお」

      『……ん?』

(  ω )「や……、辞めない…お……」

      『泣いてんの?』

(  ω )「泣いてなんかないお」
      
      『………………』

(  ω )「誓うお。
       今日。今、この瞬間僕は絶対に辞めないと誓うお!!
       絶対に簡単には帰ってこないお!!だから……」

( ^ω^)「だから、ギコもがんばれお。応援するお」     

      『……おう、ありがとな』



497 :7/7:2008/09/24(水) 14:29:08.71 ID:Ntrpf5Ng0

あとはどんな内容を話したかはほとんど覚えていない。
覚えているのは、僕が必死に目を抑えていたことと、
受話器から鼻をすする音が聞こえていたこと。

あと、またみんなで必ず会おうと約束したこと。
そしてあの頃と同じように笑おうと。



( ^ω^)「……………」

ギコが地元に戻るのが10月。僕が働き出すのも10月。
一人は前進、一人は後退かもしれない。
だけど、僕は信じたい。
二人とも、またみんなで笑いあうための前進であると。

もうすぐ10月。
新たな決意で僕たちは歩き出す。

      
    
( ^ω^)それぞれの決意のようです おわり








498 :あとがき:2008/09/24(水) 14:30:29.86 ID:Ntrpf5Ng0

お察しの方も居ると思いますが、
ノンフィクション祭りに乗り遅れた者ですorz
思い切って投下しましたが、やはり書くのは難しいです……。

たくさんの支援ありがとうございました。







乗り遅れとのことなのでノンフィクション祭りとは別扱いで普通の総合短編としてまとめました
問題がお有りでしたら御一報下さい


[ 2008/09/24 21:29 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
友情は財産
[ 2009/09/29 21:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/486-12f5f3a5