FC2ブログ










(*゚ー゚)は許したくはないようですが


437 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 01:53:50.57 ID:Gi91k6lH0

そこは喫茶店。テーブル席で向かい合う、2人の若い女性

(*゚ー゚)「突然呼び出して、すみません」

(*゚∀゚)「いえ、大丈夫ですけど、あなたは…?話って…」

(*゚ー゚)「だから猫田ギコのことです、知ってるでしょ」

(*゚∀゚)「はあ、ギコさんは会社の上司ですが、あなたは…?」

(*゚ー゚)「猫田しぃ、と申します」

(*゚∀゚)「!!…アヒャ…」



438 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 01:55:37.53 ID:Gi91k6lH0

~昨日、夕食時~

(,,゚Д゚)「…」

その時、ギコの機嫌は良くなかった。原因はたいした事でもない。もともとギコは気分屋である

しかし、しぃは心配する

(*゚ー゚)「会社で、何か、あった?」

(,,゚Д゚)「…」

ギコは答えない。単純に、説明する労力が惜しいのだ

(*゚ー゚)「大丈夫?」

(,,゚Д゚)「お前にはわかんねえよ…」

(*゚ー゚)「…ごめん」

少しだけ険悪なムードの中の、夕食

ふと、テーブルに置いてあるギコの携帯が鳴り始める

着信。名前が表示される。それは女性の名前。



440 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 01:59:56.25 ID:Gi91k6lH0

(*゚ー゚)「「つー」…?」





(,,゚Д゚)「ぅ、あ」

ギコはあわててテーブルから携帯をひったくるとベランダへとび出す。電話は2、3分で切り上げてすぐに戻ってくる

(,,゚Д゚)「悪い、ちょっと仕事で、部下がな」

(*゚ー゚)「そうかぁ。恋人と話してるみたいだったけどね、ギコくん」

実際しぃに会話は全く聞こえていなかったが、ギコの慌てた様子から、彼女は疑っていた

ギコと、「つー」の関係…

(,,゚Д゚)「しぃ!お前何言って…」

(*゚ー゚)「…」

ギコは自分が怒鳴っていることに気付き、声を弱める



441 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 02:02:52.44 ID:Gi91k6lH0

(,,゚Д゚)「本当に、ただの仕事の関係だ。勘違いするな」


また間


(*゚ー゚)「わかったって、別に気にしてないから」

(,,゚Д゚)「あああ、だよな、はは、あー、しぃの飯は旨いな」

(*゚ー゚)「それはどうも、いつもあなたの為に作ってますのでね」

(,,゚Д゚)「いやあ、本当、いつもありがとうなー、はははは」

(*゚ー゚)(,,゚Д゚)「あははははははは」



444 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 02:06:09.48 ID:Gi91k6lH0

~現在~

(*゚ー゚)「率直にお聞きします」

(*゚∀゚)「…はい」

(*゚ー゚)「あなたは猫田ギコと、どういった関係ですか?」

(*゚∀゚)「会社の、上司と、部下ですが」

(*゚ー゚)「納得すると思う?」

(*゚∀゚)「…ごめんなさい」



445 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 02:08:35.73 ID:Gi91k6lH0

~昨日、夜中~

ギコはぐっすりと眠っている

しかし、しぃはベランダに居た。数時間前、ギコが「つー」と話をしていた、このベランダ

しぃは手にギコの携帯を持っている。画面を開く

ギコは機械に弱く、ロックなどはかけていなかった。しぃはすばやく受信ボックスを開く

ずらっと並ぶ受信メール 「From: つー」

(*゚ー゚)「…」

そしてメールの内容を見る。二人がどんな関係なのか誰でも想像出来るだろう、内容

正直、見てる方が恥ずかしくなるようなメールにしぃは顔をしかめる

長い沈黙の後、突然しぃが声をあげる

(*゚ー゚)「……はーっ、そうかそうかそうかそうか!」

「つー」のアドレスを自分の携帯に転送し、メールを送る。簡潔な文。ギコのことで話がある、と



447 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 02:12:13.65 ID:Gi91k6lH0

~現在~

(*゚∀゚)「…ギコさんと、お付き合い、しています…」



(*゚ー゚)「ですよねー、まあ、あいつ(,,゚Д゚)の態度やらメールやら見てたらわかりますよー」

(*゚∀゚)「…」



449 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 02:14:26.49 ID:Gi91k6lH0

~昨日、さらに深夜~

「つー」にメールを送ってから、しぃはまだ、ベランダに居た。ただ座り込み、ぼうっとしている

ふと、ギコの灰皿が目に留まる

置きっぱなしの煙草とライターも、見つける。しぃが嫌がる為、ギコはいつもベランダで煙草を吸っていた

しぃは煙草は嫌いだ。しかし何故か今、煙草をくわえ、火を着けている

しぃの人生初めての煙草、咽せたりはしなかったが煙が目に滲みたのか、涙がこぼれる

(*゚ー゚)「許したくないけど…」

しぃが考えていたのは、ギコを許せるかどうか…

しかしどうしても頭に浮かんで来るのは、ギコとの楽しい思い出であった

しぃは気付く。自分のギコに対する執着に

(*゚ー゚)「私、馬鹿みたい」

しぃは決意をする。煙はまだ目に滲みていた



450 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 02:18:33.17 ID:Gi91k6lH0

~現在~

(*゚ー゚)「違うんです。別に、咎めるつもりはありません」

(*゚∀゚)「…!?」

(*゚ー゚)「言いたかったのは…」



(*゚ー゚)「猫田ギコを、父を、よろしくお願いします」

しぃは頭を下げる。本当に、今のしぃの心からの願い

(*゚∀゚)「…しぃさん」

(*゚ー゚)「父に恋人がいると知った時、ショックでした。ずっと私だけの父だったのにって」



451 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 02:23:39.33 ID:Gi91k6lH0

あなたにメールを送った時、その時は父を盗らないでって言おうと思ってた

父を許せない、とも思った。私よりあなたが大事になってるなんて、許しがたいって

母も捨てて私も捨てるのか!?って。可哀想な自分に酔ってましたね

でも、やっぱり気付いたんです。私はあまりにも子供だって。気持ち悪いファザコンだなーって

私が5才の時…母と父が離婚して…それから8年間も、父はちゃんと私を育ててくれました

離婚する時、どうしてもって私を引き取ってくれて…離婚の原因だって、父が悪い訳じゃないんです

あー、何が言いたいんだろう、私。すみません



453 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 02:36:38.93 ID:Gi91k6lH0

言いたいのは、父は、猫田ギコは良い人です

私が言うのも変ですが、子供っぽいし適当だし気は利きませんが

素直で優しくて、私は好きです。すみません、やっぱりファザコンだ…

つーさんも良い人そうだし、上手くいくと思います

まあこれはお世辞かもしれないけど、実際どうなるかなんてわかんないけど

でも、つーさんにお願いしたいんです、父を

父をよろしくお願いします

(*゚ー゚)「…それだけです、突然、すみませんでした」



455 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 02:47:49.06 ID:Gi91k6lH0

(*゚∀゚)「いえ………ありがとうございます…」

つーは頭を下げている。深く、深く、中学生の小娘に。本当に感謝をしている



(*゚ー゚)「…じゃあ、」

しぃはすばやく立ち去る。つーに顔を見せずに。

(*゚ー゚)「…」



458 :(*゚ー゚)は許したくはないようですが:2008/09/24(水) 02:52:37.16 ID:Gi91k6lH0

涙が出かかって、顔をあげられなかった。何とも恥ずかしい

本当は許したくはない、と思っている。まだ、私は父親から離れられていない

8年間、ずっと2人だけで暮らして来た。最近は私の料理が上手くなり、父は毎晩喜んでいた

ふざけて「ギコくん」と呼ぶと父は怒った、それも、私は嬉しかった

父もつーさんのことを気にしていた。実際、私が父離れできていないのをわかっていたのだろう

でもこんなのきっと病気だ、おかしい。私は思春期で、父親なんか毛嫌いして反抗するお年頃ではないか



459 :(*゚ー゚)は許したくはなかったようですが:2008/09/24(水) 03:02:01.65 ID:41sffNksO

そうだ、ちゃんとしよう

ちゃんと大人にならねば。もう中学2年生なんだ、私も大人になるって、父にも教えなくては

そうだ、少しは反抗してやろう、そうだ、煙草だ

(*゚ー゚)「ははは」

私が煙草を吸ってる姿を見て、慌てる父を想像して、楽しくなって笑った

(*゚ー゚)「ギコくん、怒るだろうなあ」




終わり


[ 2008/09/24 21:23 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/485-5a8961ff