FC2ブログ










('A`)はもっぱらミルクティーのようです


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(福岡県):2008/09/17(水) 00:15:29.48 ID:76QW09FR0

ミルクティーを飲む―――――

この男の至福の時であった。

('A`)はもっぱらミルクティーのようです。



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(福岡県):2008/09/17(水) 00:16:16.97 ID:76QW09FR0

男の名はドクオ。
ミルクティー中毒と言っても過言でないほどミルクティー好きである。

酒の席で上司に絡まれても

(,,゚Д゚)「あ゛ー、ドクオ君~私の酒が~~ヒクッ~飲めんと言うのか~?」

('A`)「私はもっぱら…」

そう言うとマイ ミルクティーを目線ぐらいに持ち上げ

('∀`)「ミルクティーですから」

と断るほどミルクティー好きなのだ。

おかげで係長からトイレ掃除に格を下げられてしまった。



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(福岡県):2008/09/17(水) 00:16:47.47 ID:76QW09FR0

それでもトイレ掃除をしながら

('A`)「私はもっぱら……」

ミルクティーを目線ぐらい持ち上げ

('∀`)「ミルクティーですから」

と言ってミルクティーを飲み干し
モップを手に取りトイレ掃除をする。



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(福岡県):2008/09/17(水) 00:17:25.03 ID:76QW09FR0

懸命にトイレを掃除し、定期的にミルクティーを飲むドクオの背中には
何の迷いも無い、漢の背中になっていた。



( ^ω^)「おっぉwwwあのトイレ掃除、なんであんなに清清しい顔してるんだおwww」

( ^ω^)「僕らは上司の機嫌を伺ったりして……」


( ;ω;)「――――」

男の目からなぜか涙が溢れ出してきた。
そして男は気がついたらトイレに向かっていた。

('A`)「あ……申し訳ございません。ただいまトイレ清掃中なので……」

( ;ω;)「ぼ、僕にもミルクティーを飲ませてくださいお」

('A`)「……」

('∀`)「かまいませんよ。さあ」

とドクオはミルクティーを差し上げた。


('A`)はもっぱらミルクティーのようです。




[ 2008/09/17 17:05 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
ロイヤル派
[ 2009/09/28 21:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/454-d824a582