FC2ブログ










1レス短編詰め合わせ


29 :1レス お題:弁当(静岡県):2008/09/16(火) 22:58:25.16 ID:fNfCd3SK0

(;'A`)「ん、あれ……やべっ、弁当忘れた!」

ζ(゚ー゚*ζ「あらドクオくん。今日私お弁当作り過ぎちゃったんだぁ、良かったら少し食べない?」

(*'A`)「え、マジ? で、できたら少し貰えたら嬉しいかななんて……」

ζ(゚ー゚*ζ「うん、いいよぉ。はい、あ~ん♪」

(*'A`)「あ~ん♪」パクッ

ζ(゚ー゚*ζ「ねぇねぇおいしい?」

(*'A`)「うんっ! すっごくおいしいよ、デレたんのおべんと……」

 ばさばさばさっ

川;゚ -゚)「ど、ドクオ……? これは、いったいどういうことだ……?」

(;゚A゚)「く、クー!? あ、いやこれはその」

川;゚ -゚)「知らなかった……私の知らないところで、デレとドクオがそんな関係になってたなんて……」

川 ; -;)「信じてたのに……!」

(;゚A゚)「待てクー、誤解だ! 話を…… クウウゥゥゥゥっっ!!」

ζ(゚ー゚*ζ「あはっ、この程度で揺らぐなんて、男女の仲なんて脆いもんだよねぇ♪」

ζ(゚-゚*ζ「ほんと、馬鹿ばっかりなんだから……」



31 :1レス お題:ミルクティー (静岡県):2008/09/16(火) 22:59:24.43 ID:fNfCd3SK0

(´・ω・`)「ご注文の品をお持ちしました」

(゚、゚トソン「ありがとう、頂きます」

(´・ω・`)「……」

(゚、゚トソン「……? どうかしましたか?」

(´・ω・`)「いえ、いつもミルクティーなんだな、と思いまして」

(゚、゚トソン「ええ、好きなの、特に貴方の煎れたものは美味しくて……
     それに……不思議ね、何だかとても懐かしい味がするの」

(´・ω・`)「懐かしい?」

(゚、゚トソン「ええ。まるで失われた記憶の中で、これだけ消えずに残っているような」

(;´・ω・`)「! まさか記憶を……?」

(゚、゚トソン「ええ……数年前に事故に遭って、それ以前の記憶が無いんです」

(´・ω・`)「それは……災難ですね。御辛いでしょう?」

(゚、゚トソン「ふふっ、みんなそう言うんですけどね。来月結婚するんですよ。記憶が無くても愛してくれる人がいる。幸せ者です、私は」

(´・ω・`)「そう……ですか」

(゚、゚トソン「そのうち夫と……子供を連れてきますわ。一緒に、貴方のミルクティーを飲みに」

(´-ω-`)「……その時をお待ちしています、トソンさん」



38 :1レス お題:雨降り(静岡県):2008/09/16(火) 23:01:35.52 ID:fNfCd3SK0

(;><)「うひー、まだ雨止まないんです……」

( <●><●>)「おや、ビロード。帰宅部のくせにこんな時間まで学校に残ってどうしたんです?」

(;><)「傘忘れちゃったから帰れないんです」

( <●><●>)「忘れた? 朝一緒に登校したときは持ってましたよね?」

(;><)「あれ、そうでしたっけ? ワカッテマスくんがそう言うなら持ってきたはずなんですけど……」ガサゴソ

(;><)「うーん、やっぱり傘立てには僕のは無いんです……」

( <●><●>)「ふぅ……大方モラルの無い輩が勝手に持っていったのでしょうね、困ったものです」

(;><)「えぇー、めちゃめちゃ困るんです……こんな酷い雨じゃ、走って帰っても家に着く頃にはきっとずぶ濡れになっちゃうんです!」

( <●><●>)「仕方ありませんね。ビロード、私の傘で一緒に帰りましょうか」ガサゴソガサ

(*><)「傘入れてくれるんですか? ありがとうなんです!」


( <○><○>)「私の傘も無くなっている……だと……?」

(;><)そ「な、なんだってー(AA略」

( <●><●>)「どこのどいつか知りませんがなめた真似をしてくれますね、身の程知らずな……ふふ、ふふふふふ」

(((;><)))「わ、ワカッテマスくん、なんか怖いんです……」

( <●><●>)「大丈夫ですよ、ビロードには何もしませんから。ビロードには、ね……」



39 :1レス お題:豪気(静岡県):2008/09/16(火) 23:02:55.15 ID:fNfCd3SK0

( ФωФ)「ふはははははは!」

(;^Д^)「な、なんだあいつは! 高電圧ブレードが効かないだとぉ!?」

(;´・_ゝ・`)「ひっ! じ、銃弾を生身で弾き返すなんて……化け物だぁぁ!」

( ФωФ)「何人たりとも我輩の行く手を阻むことはできん! 死にたくなければ道を開けよ下郎!!」

( ・∀・)「ははっ、凄まじい勢いだねぇ。下っぱどもじゃ太刀打ちできないわけだ」

( ФωФ)「なんだ貴様は。そこを退け!」

( ・∀・)「そうはいかない。君を通すと、後で私が叱責される羽目になるのでね」

( ФωФ)「そのような華奢な体躯で我輩を止めようというのか? 笑止!」

( ・∀・)「できれば肉体労働は御免なんだけどねぇ。まぁ仕方ないさ、仕事だからね」

( ФωФ)「ふんっ、貴様が退かぬと言うのならば力づくで押し通るのみよ! くらえぃっ!!」

( ・∀・)「真っ直ぐで力強い拳だ。君の気性がよく表れているね」

( ・∀・)「だがあいにく、君と違って私は少々ひねくれ者でね?」

(;ФωФ)「むっ、手応えが……これは……!?」

( ・∀・)「君が豪気で押してくるなら、私は柔を以ていなそう。 ……お姫さまは渡さないよ?」

(#ФωФ)「貴様がいかほどの使い手であろうと我輩は退かぬ……我輩の道を阻む者は、ただ叩き潰すのみ!」



41 :1レス お題:生命の水(静岡県):2008/09/16(火) 23:04:24.41 ID:fNfCd3SK0

ミ,,゚Д゚彡「おい、聞いたか? ついに生命の水を手に入れた奴が現れたってよ!」

从 ゚∀从「うっそだぁ! 生命の水が湧く泉なんて、遥か昔に竜が棲みついてから誰も近寄れねーじゃん」

ミ,,゚Д゚彡「それが、そいつら襲ってきた竜を返り討ちにしたとか……」

从 ゚∀从「なにその化け物ww フサ、それ絶対ガセネタだって! 竜殺しがこんな辺境うろついてるわけねーだろ」

ミ,,゚Д゚彡「そりゃ俺だって最初は信じられなかったけど……ほら、あそこにいる奴らだ、嘘だと思うなら話聞いてこいよ」


从;゚∀从「竜の牙に舌に爪に翼に……うへぇ……」

(´<_` )「これで信じてもらえたか?」

从 ゚∀从「ああ、疑って悪かったよ。いやー、すげぇなあんたら、竜を倒しちまうなんて」

( ´_ゝ`)「うーむ、俺たちの目標は生命の水の入手だったからなぁ……あれはついでに過ぎんよ」

从;゚∀从「ついでって…… しかしあんたら、生命の水なんて何に使うんだ? 誰かが重病とか?」

(´<_` )「母者に命じられてな……世界一の名水で茶が飲みたいとか何とか」

从;゚∀从「は? 茶? え、そんだけ? そんだけのために竜なんて危険なもん巣食ってるとこに行ったわけ?」

( ´_ゝ`)「断ったら冗談抜きで殺されるからな。母者を怒らせることに比べれば、竜倒すことなんて赤子の手を捻るよりも容易いもんだ」

(´<_` )「まったくだ。苦節半年……これでやっと家に帰れるな、兄者」

从;゚∀从「こ、こいつらの家系は強さといい頭ん中といい、いったいどうなってやがるんだ……!」



42 :1レス お題:戦争(静岡県):2008/09/16(火) 23:06:30.46 ID:fNfCd3SK0

(,,゚Д゚)「俺さ……この戦争が終わったら結婚するんだ」

(;^ω^)「ちょwwそれ死亡フラグwwww 縁起でもねぇこと言うなお!」

(,,゚Д゚)「ギコハハハハハ! 死亡フラグを叩き折って生還してこそ漢ってもんだろ!」

( ^ω^)「おっおっ、フラグクラッシャーの名は伊達じゃねぇってかお」

(,,゚Д゚)「ったりめーよ! 俺が今までどんだけフラグぶっ壊してきたと思ってんだ、死亡フラグ折るのなんざ朝飯前よ」

( ^ω^)「頼もしい言葉だおw ……じゃあそろそろ行くかお?」

(,,゚Д゚)「おう、あんまり敵さん待たせても悪いしな」

(,,゚Д゚)「たぶん今日であの王城は陥落する。また俺の記録が一つ更新されるぜ!」


( ^ω^)「来たかおヒッキー。手筈は整っているかお?」

(-_-)「はっ、全てホライゾン将軍の仰せのままに……」

( ^ω^)「よし、後はタイミングを見計らうだけ……ぬかるなお」

(-_-)「はっ……」

( ^ω^)「フラグクラッシャー・ギコ……その類い稀なる指揮の元に数々の国を滅ぼし、その国旗を折ってきた皇国ヴィップの英雄……」

( ^ω^)「確かに君は強いお。だけど、来たるべき新しい時代の為には君は邪魔なんだお」

( ^ω^)「昨日の友は今日の敵……君の命のフラグはここで折らせてもらうお、英雄殿」


[ 2008/09/16 23:11 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
これはドックンとクーにゃんの関係によるな
[ 2009/09/28 21:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/452-c2c99244