FC2ブログ










('A`)のたしかなこと……のようです


678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(福岡県):2008/09/15(月) 22:51:51.53 ID:9PwTUL/V0

____________もう時が経つのは分からなくなってきている


天井にある電球

隅にたまるほこり

それらの代わり映えのしないもの達が時間間隔を鈍らせていく……

分かってる
このままじゃダメだってことぐらい

分かってる
なにかが自分の中で変わらなければならないことぐらい……

ただ…


何かがいつまでたっても
分からない……




('A`)のたしかなこと……のようです。



679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(福岡県):2008/09/15(月) 22:52:24.51 ID:9PwTUL/V0

いつからだろうか
この何もない部屋に閉じこもりだしたのは

高校2年までは記憶がある。
高校3年から閉じこもったのだろう。

('A`)「……」

虚空を訳もなく睨んでいると旧友の顔がふと出てきたりする。
それはこれといって何とも思わない。

でも今日はなぜか懐かしく思えた。


('A`)「あいつら…何やってんだろう……」

虚空に浮かび上がる友人の顔をかき消して
ドクオは立ち上がる。
電球が点いたり消えたりラジバンでいる。



680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(福岡県):2008/09/15(月) 22:53:04.57 ID:9PwTUL/V0

ドクオは軽く身支度をすませると家を出た。
家を出る時間帯はだいたい深夜だ。


('A`)「今日は意外と冷えるな……」

コートの襟を高くして歩き続ける。
この道をまっすぐ行けばどーなるものか____

('A`)「行けば分かるさ」

消えかかっている電灯の下を通っていると

   「ドク……オ?」

名前を呼ばれた気がした。
しかしドクオは気づかないフリをし ひたすら歩き続ける。

   「ドクオだろ!ぉい!」

('A`)「!」

肩を捕まれ無理やり方向転換させられる

('A`)「何すんだ!」

精一杯、相手をにらみつけた。
眼光するどいドクオの目に映った顔は_________



682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(福岡県):2008/09/15(月) 22:54:05.99 ID:9PwTUL/V0

(´・ω・`)「そんなに睨み付けないでくれよ。ドクオ」

ショボンだ。
高校の頃はコイツとばかりつるんでいた。
久しぶりに見る友の顔、何一つ変わってはいなかった

('A`)「……」

(´・ω・`)「元気そうで何よりだ。高校2年…うん。3年ぶりぐらいか」

何の返事も返さないドクオなど気にせずしゃべりだすショボン

(´・ω・`)「高校3年の始まり…いや高2の終わり辺りからお前が学校に来なくなったんだよな」

('A`)「……」

ドクオ何も言わずにショボンの話に耳を傾けた。

(´・ω・`)「ずっと顔も見せずに何をしていたんだ?」

('A`)「……」

(´・ω・`)「困っている事があれば僕やブーンに言ってくれれば…」

('A`)「うるせぇ!!!」



683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(福岡県):2008/09/15(月) 22:54:45.76 ID:9PwTUL/V0

とっさに怒鳴ってしまった。
ショボンも驚いてしょぼくれた顔がより一層、しょぼくれた。

(´・ω・`)「……すまない。誰だって話したくない事はあるな」

そんな事を言われると喋りたくなるのが人間の性というものだ。

('A`)「……俺はな、この世のものすべてが信じられなくなったんだ」

(´・ω・`)「……」

ショボンは黙って俺の話に耳を傾けてくれた。

('A`)「お前らとつるんで毎日が楽しかった。だが……」

(´・ω・`)「…だが?」

('A`)「そんな俺の日々を打ち砕くようなモノをテレビで放映されてたんだよ……」

ショボンの顔が一瞬「て、テレビ!?」的な表情になったが

(´・ω・`)「それは……どんな内容だったんだい?」

('A`)「なんで……」

(´・ω・`)「……?」

涙がにじんできた。
あの日の衝撃が未だに頭から離れないからだ



684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(福岡県):2008/09/15(月) 22:55:23.82 ID:9PwTUL/V0

(´・ω・`)「辛いなら話さなくても…」

ショボンが言い終わる前に俺は心の底から叫んだ




('A`)「鹿坊がなんでCMにでてるんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」



満月のキレイな夜
各家庭のテレビには鹿の角が生えたガングロ坊さんが映し出されていた。

( ^ω^)「ぉっおwww何度見ても慣れないおwww」


~('A`)のたしかなこと 鹿坊はトラウマのようです。


[ 2008/09/15 23:04 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
せんと君的なもの?
[ 2009/09/27 22:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/445-2087865e