FC2ブログ










('A`)無題


263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州):2008/09/11(木) 20:20:04.03 ID:ejpDgZL5O

手が離れてしまった。


ハインの体重を預かっていたはずの右腕が、今はもぎ取りたい程に軽い。
咄嗟に振り返ったけれど、遥か下の分厚い雲が何もかもを白く飲み込んだ後だった。
突き刺した鉄串を握る左手が俺を生かしていた。



264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州):2008/09/11(木) 20:20:56.70 ID:ejpDgZL5O

内藤が落ちた。
兄者が吹き飛ばされた。
渡辺は泣き叫びながら視界から消えた。

ハインの愛しい体温が残る掌はからっぽになった。
('A`)「ふざけんなよ」

怒りはとっくに通り越した。
息すら奪う轟風はただただ憎しみだけを膨れさせていくだけ。



266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州):2008/09/11(木) 20:22:07.77 ID:ejpDgZL5O

強烈な速度で空を疾る巨鳥は人を喰う。
大人は我が身を守る為にイケニエを捧げた。
俺達をただ、肉として扱った。

('A`)「殺してやる」

残った温もりが一秒でも長く俺に遺るように、胸に手を当てる。
あいつらの声が体を駆けていく。
眩しい笑顔が背中を押す。





俺の手は、震えていた。



267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州):2008/09/11(木) 20:22:56.48 ID:ejpDgZL5O

('A`)「聞けくそったれ」

(# A )「おまえはしね。これ以上俺から何も奪わせない」

(#'A`)「いいか! 何ひとつ奪わせねえからな! 村を殺し尽くす事も、俺の命も、残ったあいつらの温もりも!!」


一握りもある羽の芯を掴む。体を引っ張りあげ、抜いた鉄をさらに上へ刺す。


脳天を貫けばお前は死ぬだろ?
やってやるよ。

お前を奪ってやる。


抱いた温もりは死ぬまで俺のもんだ。












お題:温もり

[ 2008/09/12 09:16 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
やっちまいな!ドックン
[ 2009/09/26 21:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/420-bdac9721