FC2ブログ










('A`)タイトル未定 のようです(゚∀゚*)


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/06(土) 15:52:22.07 ID:Z7hJtX6O0

もう少しだ。

もう少しなんだ。


肩が焼けるように熱い、いや、痛い。
血が噴出している。

もうどれだけ走ったか解らない。

恐らく思考能力も低下している。
物事を順序だてて考えられない程に。

足が痛い。
息が苦しい。

それでも。


それでもこの手を離さない。






        ('A`)タイトル未定 のようです(゚∀゚*)





113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/06(土) 15:52:56.42 ID:Z7hJtX6O0

「どーくお」


遠くから声が聞こえる。


「くーん」

ゆっくりとした声。
――間を置いて聞こえてくる。


「あーそびーま」

俺を焦らせるつもりか?


だが生憎、俺はもう十分焦って――


(*゚∀゚)「しょ!」

(;'A`)「!!」

突きつけられる銃口。

畜生。
追い詰められたのか?



114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/06(土) 15:53:40.49 ID:Z7hJtX6O0

(;'A`)「お、おおおおれは」

上手く喋れない。


(*゚∀゚)「どーしたの?」

どれが原因だろうか。

この怪我の所為か
この焦りの所為か
女が苦手な所為か


(*゚∀゚)「……。」

銃には詳しくない。
だから俺には、アレがハンドガンである
程度しかわからない。

あと

この状態であの女が引き金を引けば、
俺は死ぬって事ぐらいしか。


(;'A`)「……た、たたたたすけ」

笑えた。
頭の中はまだまともなのに、喋りが全く出来ない自分が笑えた。



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/06(土) 15:55:13.66 ID:Z7hJtX6O0

(*゚∀゚)「……?」

何も出来ない俺を見て、女は軽く首を傾げる。

いい女だ。
美人じゃなくて可愛い系統だけど。
頭の中のカラッポさが滲み出てて、それが全部を台無しにしてるのが惜しいな。
多分、殺しの事しか教わってないんだろうなあ、それじゃ勝てるわけねえよな。

こんな出会い方さえしてなけりゃ、
まぁなんだ、ほのぼのデートでもしたいところだ。

なんてな。
こんな冗談言ったら、おまえ、怒るだろうなあ。


(;'A`)「……。」

ごめんなぁ。
俺もう駄目だわ。

お前を引きずって逃げるので精一杯だった。


ごめんなあ。
無理してよ、身体こんなにズタズタにしちゃってよ。

せめてどっかで墓でも作りたかったんだけどよ。

こんな事なら、あの場で――



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/06(土) 15:58:55.02 ID:Z7hJtX6O0






(*゚∀゚)「……。」

小柄な男が、今まで引きずってきた死体に寄り添うように倒れこむ。

今まで殺してきた奴の中で、一番幸せそうに死んでる。
好きな人といっしょだと、幸せなもんなのか。


――オレは悪なのかな?

二人は自分達の事を正義だと思ってた筈だ。
この二人は人を殺していた。
自分達の正義を貫くために。

これからも人を殺す予定だった。

その殺す予定だった人から、オレは依頼を請けた。

正義を殺すのは悪、なのかな。
そもそもこの二人は正義なのかな?

そういえば、父さんはいつも言ってたな。
正義の反対は悪ではなく、また違う正義だ、って。
悪って言うものは存在しないんだ、って。



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/06(土) 16:01:39.06 ID:Z7hJtX6O0

なら、オレのやったことはこいつらとは別の正義なのかな?

でも、頼まれて人を殺してるだけだし。
オレには確固たる信念もなんにもない。
そもそも正義ってなんだ?


オレはただ教わったように
依頼人の言う通りに
人を殺してるだけだ。


(*゚∀゚)「正義……じゃ、ないよなあ」

二つの死体を見ていると、
作り笑いができなくなる。

殺しの時だけじゃない。
依頼人でさえ見せない「まじめな顔」になる。


過剰なほどの作り笑い。 相手に「こいつはバカだ」と思わせる。

依頼主は裏切りを考えない。
ターゲットはナメてかかる。

オレの生の半分以上は嘘でできてた。


自分に正直に生きてたこいつらが、うらやましかったのかもしれない。



118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/06(土) 16:05:14.71 ID:Z7hJtX6O0

恋人、か。

二人はいつも二人だったんだ。
死ぬ時も二人でいたかったのか?
いや、それだけじゃない、かな?

そうだったらわざわざ、死体を引きずって逃げ回らないだろうし。

まあ、死体は話してくれないから。
ほんとのとこ、どうだったのかはもうだれもわからないんだけど。


(*゚∀゚)「……。」

特筆すべき事は何も無い。
今回の殺しで得たものは何も無い。 いや、お金は貰うけどね。

いつまで続くんだろうか、これ。
死ぬまでだろうか。 ……やだなあ。


まあ、その為に育てられてきたんだから仕方ない、か。
オレはこの二人とは根本的に違うんだ。

オレはいつだって一人なんだ。

オレは悪でいいや、って、ちょっと思った。
また作り笑いが出来るようになった。

                           END







119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/06(土) 16:08:06.71 ID:Z7hJtX6O0

おしまい



お題

ほのぼのデートを……

正義の反対は悪ではなく、
また違う正義

俺はいつだって一人

それでもこの手を離さない




おそまつ



[ 2008/09/07 09:43 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
正義は言ったもん勝ち
[ 2009/09/23 21:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/394-c84b82d8