スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

○( ^ω^)○がみんなにエールを贈るようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




1_20100109202329.jpg


 
ξ ´⊿`)ξ「どうしましょう。仕事で失敗しちゃったわ」
 
ξ ´⊿`)ξ「発注書に、豆腐1丁と書く所を豆腐1兆って書いちゃったわ」
 
ξ ´⊿`)ξ「部長は責任持って引き取れって言うし」
 
ξ ´⊿`)ξ「代金は給料から天引きされるし」
 
ξ ´⊿`)ξ「もう、踏んだり蹴ったりだわ」
 
ξ ´⊿`)ξ「これから9億年ぐらいは毎日豆腐料理ね」
 
ξ ´⊿`)ξ「ハァ…………」
 
 
ピーッ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪
 
 
ξ ´⊿`)ξ「あら、このやけに軽快な音は何かしら?」

 
2,4,6,8,10,12

 
ξ ´⊿`)ξ「……え、何これ?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
ξ ´⊿`)ξ「マラカス?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
ξ ゚⊿゚)ξ「……楽しそう」

 
3,5,7,9,11,13

 
ξ ゚⊿゚)ξ「……」
 
ξ ゚⊿゚)ξ パチパチパチ……
 
ξ ゚⊿゚)ξ「……素敵」
   
ξ ゚ー゚)ξ「何だか小さい事で悩んでた私が馬鹿みたいだわ」
 
ξ ゚ー゚)ξ「そうよね、人間笑って生きなきゃダメよね」
 
ξ ゚ー゚)ξ「ありがとう、えっと……」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
ξ ゚ー゚)ξ「マラカスさん」
 
 
その後、彼女は豆腐をマラカスで叩いて料理する健康法で、一躍時の人となった。
彼女は後にこう語る。
 
ξ ゚ー゚)ξ「あの時マラカスの人に会わなければ、私の人生は豆腐の角に頭をぶつけて終わっていたわ」
 


 
(´、`*川「彼氏に振られた」
 
(´、`*川「小学生の頃から40年間ずっと尽くしてきたのに」
 
(´、`*川「お弁当は毎日3食作ったわ」
 
(´、`*川「しょんぼりしてる顔が普通の顔と大差ないというツッコミもスルーしたのに」
 
(´、`*川「もう、踏んだり蹴ったりよ」
 
(´、`*川「連絡手段が電報の段階で気付くべきだったのかしら」
 
(´、`*川「ハァ…………」
 
 
ピーッ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪
 
 
(´、`*川「あら、このやけに軽快な音は何?」

 
2,4,6,8,10,12

 
(´、`*川「……え、何これ?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
(´、`*川「マラカス?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
('、`*川「……楽しそう」
 

3,5,7,9,11,13

 
('、`*川「……」
 
('、`*川 パチパチパチ……
 
('、`*川「……スゴいわ」
   
('ー`*川「何だか小さい事で悩んでた私が馬鹿みたいね」
 
('ー`*川「そうよね、人間笑って生きなきゃダメね」
 
('ー`*川「ありがと、えっと……」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
('ー`*川「マラカスさん」
 
 
その後、彼女はマラカスで魅せる男の落とし方という本を執筆し、一躍時の人となった。
彼女は後にこう語る。
 
('ー`*川「あの時マラカスの人に出会わなければ、私の人生は南国の太陽のような
      男日照りで終わっていたわね」
 


 
ノハ ´⊿`)「どうしよう。また試合に負けたぞー」
 
ノハ ´⊿`)「殴った相手が観客だったぞー」
 
ノハ ´⊿`)「蹴った相手がタッグパートナーだったぞー」
 
ノハ ´⊿`)「投げた相手がジョー樋口だったぞー」
 
ノハ ´⊿`)「もう、踏んだり蹴ったりだー」
 
ノハ ´⊿`)「レスラーだから実際に踏まれたり蹴られたりしてるしなー」
 
ノハ ´⊿`)「ハァ…………」
 
 
ピーッ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪
 
 
ノハ ´⊿`)「ん、このやけに軽快な音は何だー?」
 

2,4,6,8,10,12

 
ノハ ´⊿`)「……何だこりゃ?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
ノハ ´⊿`)「マラカス?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
ノハ ゚⊿゚)「……楽しそうだぞー」
 

3,5,7,9,11,13

 
ノハ ゚⊿゚)「……」
 
ノハ ゚⊿゚) パチパチパチ……
 
ノハ ゚⊿゚)「……すげーなー」
   
ノハ ゚ー゚)「何だか小さい事で悩んでた私が馬鹿みたいだぞー」
 
ノハ ゚ー゚)「そうだな、人間笑って生きなきゃダメだぞー」
 
ノハ ゚ー゚)「ありがとな、えっと……」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
ノハ ゚ー゚)「マラカスさーん」
 
 
その後、彼女は空中殺法操る覆面レスラー・ミス・マラカススとして、一躍時の人となった。
彼女は後にこう語る。
 
ノハ ゚ー゚)「あの時マラカスの人に会わなければ、私の人生はジョーにレフリーストップされてたぞー」
 


 
川 ´ -`)「どうしよう。生徒が全く言う事を聞いてくれない」
 
川 ´ -`)「金八先生全話観たのに」
 
川 ´ -`)「ごくせん全話観たのに」
 
川 ´ -`)「授業にバトルロワイアルも取り入れたのに」
 
川 ´ -`)「もう、踏んだり蹴ったりだな」
 
川 ´ -`)「やはり参考にすべきはまいっちんぐマチ子先生だったか」
 
川 ´ -`)「ハァ…………」
 
 
ピーッ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪
 
 
川 ´ -`)「ん、このやけに軽快な音は何だ?」
 

2,4,6,8,10,12
 
 
川 ´ -`)「……何だ?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
川 ´ -`)「マラカス?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
川 ゚ -゚)「……楽しそうだな」


3,5,7,9,11,13

 
川 ゚ -゚)「……」
 
川 ゚ -゚) パチパチパチ……
 
川 ゚ -゚)「……見事だ」
   
川 ゚ー゚)「何だか小さい事で悩んでた自分が馬鹿だと思えてきた」
 
川 ゚ー゚)「うん、人間笑って生きなきゃな」
 
川 ゚ー゚)「恩に着る、えっと……」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
川 ゚ー゚)「マラカスさん」
 
 
その後、彼女は独自の教育方針を打ち立てたビッグマラカス素直先生として、一躍時の人となった。
彼女は後にこう語る。
 
川 ゚ー゚)「あの時マラカスの人に会わなければ、私の人生は腐った蜜柑で未完のままだったよ」
 


 
('A`)「どうしよう。正義の味方なのに変身後がドクダウツオで本名のアナグラムだ」
 
('A`)「必殺技がどう見てもただのパンチ」
 
('A`)「巨大ロボがダンボールを組み合わせただけにしか見えない」
 
('A`)「愛と勇気だけしか友達がいない」
 
('A`)「もう、踏んだり蹴ったりだ」
 
('A`)「グッズの売り上げがライバルキャラに劣るのはどうかと思う」
 
('A`)「ハァ…………」
 
 
ピーッ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪
 
 
('A`)「ん、このやけに軽快な音は何だ?」
 

2,4,6,8,10,12
 
 
('A`)「……何だこりゃ?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
('A`)「マラカス?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
('A`)「……楽しそうじゃねーか」
 

3,5,7,9,11,13

 
('A`)「……」
 
('A`) パチパチパチ……
 
('A`)「……やるじゃねーか」
 
('∀`)「何だか小さい事で悩んでた俺が馬鹿みたいだ」
 
('∀`)「そうだな、人間笑って生きなきゃダメだよな」
 
('∀`)「ありがとな、えっと……」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
('∀`)「マラカスさん」
 
 
その後、彼はマラカスヒーロー・ネガティブ・貴方として、一躍時の人となった。
彼は後にこう語る。
 
('∀`)「あの時マラカスの人に会わなければ、俺の人生バイバイキーン」
 


 
(´、`トソン「どうしましょう。そろそろ最初のをずっとコピペして手抜きしてるのがバレそうです」
 
(´、`トソン「最初に『これは期待』とレスしてくれた人の、それ以降のレスが途絶えました」
 
(´、`トソン「息抜きに10分で書いた総合短編の方が1週間かけた現行より乙が多かったです」
 
(´、`トソン「さるったままスレが落ちました」
 
(´、`トソン「もう、踏んだり蹴ったりですね」
 
(´、`トソン「ブログ始めてもコメント付かないしね」
 
(´、`トソン「ハァ…………」
 
 
ピーッ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪ スチャラカチャンカドンジャカチャンカ♪
 
 
(´、`トソン「あら、このやけに軽快な音は何でしょう?」
 

2,4,6,8,10,12
 
 
(´、`トソン「……何ですかこれは?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
(´、`トソン「マラカス?」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
(゚、゚トソン「……楽しそうですね」
 

3,5,7,9,11,13
 
 
(゚、゚トソン「……」
 
(゚、゚トソン パチパチパチ……
 
(゚、゚トソン「……素晴らしいです」
   
(゚ー゚トソン「何だか小さい事で悩んでた私が馬鹿だと思えてきました」
 
(゚ー゚トソン「うん、人間笑って生きなきゃですよね」
 
(゚ー゚トソン「ありがとうございます、えっと……」
 
     ○)) シャカシャカ
( ^ω^)つ
      ゚
(゚ー゚トソン「マラカスさん」
 
 
その後、彼女は空気作者から、自分で感想スレに感想を書かなくても
1つぐらいはたまに書いてもらえる作者となった。あと、マラカス。
彼女は後にこう語る。
 
(゚ー゚トソン「あの時マラカスの人に会わなければ、私のブーン系人生は自演がバレて
      ラドン化して打っち切りでした」
 



14_20100109202328.jpg

15_20100109202328.jpg


16_20100109202328.jpg
 




この小説は2009年5月11日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者は◆ri/ry..302 氏



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/09 20:26 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3454-84cd0fed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。