スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

▼(゚、゚トソンの心に刺さる毒舌メーカーのようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/24(火) 13:24:31.45 ID:3KLvNIIC0

▼( ^ω^)ブーン系小説とか読み物とかの倉庫
http://www7.atpages.jp/mesimarja/boon/
▼ブーン系小説まとめのニュース (4代目)
http://blog.livedoor.jp/likealive/
▼まとめサイト (絵)
http://nishio.ohugi.com/boon/boon_first.html
▼三十世紀梨(絵)
http://m-pe.tv/u/page.php?uid=boonillust&id=1
▼専用うpろだ
http://boonpict.run.buttobi.net/cgi-bin/up/upload.html
▼避難所 (小説)
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/6178/
▼避難所 (総合)
http://yy41.60.kg/boonpict/
▼( ^ω^)系小説感想掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/computer/33970/ (PC)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/computer/33970/ (携帯)
△あると便利な文書作成ツール
▼TeraPad
http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html
▼(´д`)Edit
http://www.kuronowish.com/~edit_/
▼秀丸エディタ
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/pickup/pw0/pw000054.html
▼Story Editor
http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se051723.html


▼(゚、゚トソンの心に刺さる毒舌メーカー
now making?





(゚、゚トソン「書いてしまった以上、責任は取らねばならないと思うのですよ」
 
ミセ;゚ー゚)リ「唐突に何?」
 
(゚、゚トソン「これですよ、これ」


▼(゚、゚トソンの心に刺さる毒舌メーカー
now making?
( >>10)



ミセ*゚ー゚)リ「ああ、テンプレの……」
 
(゚、゚トソン「ええ、やはり武士に二言があってはまずいですしね」
 
ミセ*゚ー゚)リ「武士じゃねーだろうけど、自分の言動に責任を持つのはいい事だね」
 
(゚、゚トソン「という訳で、ちょっと作って来ますね」
 
・・・・
・・・
 

(゚、゚トソン「出来ました、毒舌メーカー」

  2_20100109201645.jpg



1_20100109201645.jpg

 
 
ミセ;゚д゚)リ「メーカーじゃなくて、メカになっとるぅー!」
 
(゚、゚トソン「では早速性能を試してみましょう。目標をセンターに合わせて……ポチッとな」
 
|::━◎┥ターゲット・ロック
 
ミセ;゚ー゚)リ「え、私?」
 
|::━◎┥ピー、ガチャ、ピー


|::━◎┥「髪型グライシカ弄ルネタガネエ」

 
ミセ ゚-゚)リ「……」
 
(゚、゚トソン「どうですか、毒舌メーカー?」
 
ミセ ゚-゚)リ「……うん、地味にイラッと来る」
 
(゚ー゚トソン「よし、成功ですね」
 
ミセ;゚ー゚)リ「いや、成功とかそういうの以前にさ、毒舌だよね? これ、誰が得するの?」
 
(゚、゚トソン「そんな事は知りませんよ。それは書いた人に言ってくださいよ」
 
ミセ;゚д゚)リ「お前だよ!」
 
(゚、゚トソン「折角ですから、色々な方に試してみましょうか」
 
ミセ;゚ー゚)リ「いや、だからこれ、人間関係に問題引き起こすだけじゃね?」
 
(゚、゚トソン「では、まずは機嫌を損ねても大して影響のないとこから行きましょうか」
 
ミセ;゚ー゚)リ「それは色々と失礼だよ」
 
 
*(‘‘)*

 
(゚、゚トソン「はい、そこの、テンプレ1なのに使用頻度が微妙なヘリカルさん」
 
ミセ;゚д゚)リ「メーカー使うまでも無く毒舌たっぷりだぁー!」
 
*(#‘‘)*「あ?」
 
|::━◎┥ターゲット・ロック
 
*(;‘‘)*「何ですか、この変なロボは?」
 
(゚、゚トソン「ロボではなく、メカです」
 
ミセ;゚ー゚)リ「あれ、メーカーじゃなかったの?」
 
|::━◎┥ピー、ガチャ、ピー
 
 
|::━◎┥「ソレ→*、耳毛?」

 
*(‘‘)*
 
(゚、゚トソン
 
ミセ;゚ー゚)リ
 
*(‘‘)*
 
(゚、゚トソン「よし」
 
ミセ;゚ー゚)リ「いや、よしじゃなくて──」
 
ウォラァァァァ!
*(#‘‘)*┌┛#)━◎┥ ドガシャァァァン!
 
(゚、゚;トソン「ああ、毒舌メーカーが!」
 
ミセ;゚ー゚)リ「遅かれ早かれこうなる事は目に見えてたと思うんだけどね、うん」
   
;;#)━◎┥;; ガガガ…ピー
 
(゚、゚;トソン「総工費2980円もかけたのに」
 
ミセ;゚ー゚)リ「意外と安いな」
 
・・・・
・・・
 

(゚、゚トソン「修理しました」

3_20100109201645.jpg
 
ミセ;゚ー゚)リ「何か一回り小さくなったね」
 
(゚、゚トソン「パーツを使い回しての応急処置ですので、止むを得ない事です」
   
(゚、゚トソン「取り敢えず、分析と生成機能は一部私が手動で操作するので問題ないのですが……」
 
ミセ;゚ー゚)リ「どっか直らなかったの? ってか、これ、無理に直さなくても良かったんじゃないかと……」
 
(゚、゚トソン「音声機能が復旧できませんでしたので、あなたが変わりに読み上げてください」
 
ミセ;゚ー゚)リ「……え?」
 
(゚、゚トソン「早速次の獲物が来ましたね」
 
ミセ;゚ー゚)リ「いや、ちょっと待って、読み上げてって言われても──今、獲物って言った?」

 
川 ゚ -゚)

 
(゚、゚トソン「頭脳明晰、容姿端麗、クルービューティの代名詞、高嶺の花、素直クールさんです」
 
ミセ;゚ー゚)リ「大物には媚売っとくんだ」
 
川 ゚ -゚)「む、何だ、お前達? どうかしたのか?」
   
(゚、゚トソン「お世辞にも全く動じず、あくまでクール。袖にした男は数知れず、まさにパーフェクトガールですね」

ミセ;゚ー゚)リ「この人には毒舌ネタはないんじゃないかな?」
 
(゚ー゚トソン「まあ、当然やってみるんですけどね」
 
ミセ;゚д゚)リ「いや、止めとこうよ」
 
|::━◎┥ガガガガ…
 
川 ゚ -゚)「何だ、この面妙なロボは?」
 
(゚、゚トソン「ロボじゃなくてメカですよ」
 
ミセ;゚ー゚)リ「そこはこだわらなくてもいいじゃん」
 
|::━◎┥ピー、ガチャ、ピー
 
(゚、゚トソン「解析、および生成完了。さあ、どうぞ」
 
ミセ;゚ー゚)リ「いや、どうぞと言われても……」
 
(゚、゚トソン クウキヨメクウキヨメクウキヨメクウキヨメクウキヨメ……
 
ミセ;゚ー゚)リ「えっと……」 チラッ
 
ミセ;゚ー゚)リ「これ、読むの?」
 
"(゚、゚トソン コクッ
 
ミセ;゚ー゚)リ「……い──」
 
川 ゚ -゚)「?」
 

ミセ*゚ー゚)リ「いずれ新古品」

 
川 ゚ -゚)
 
(゚、゚トソン
 
ミセ*゚ー゚)リ
 
川 ゚ -゚)
 
(゚、゚トソン「なるほど、確かに先輩ですから歳の差は如何ともしがたいですね」
 
ミセ;゚ー゚)リ「まあ、その、ねえ、理想が高すぎるとそのまま、行かず後家としてねえ……」

川 ゚ー゚) ニコリ
 
(゚ー゚トソン ニコリ
 
ミセ*゚ー゚)リ ミセリ
 
ミセ;゚ー゚)リ「いや、なんで私だけ名前──」
 
ヌォリャァァァァ!
川#゚々゚)三つ#)゚д゚)リ ゲボァァァァ!
 
ミセ#)゚д゚)リ「いった! すごい痛! クールな人に、何かヒートな人ばりのものすごい勢いで殴られた!」
 
(゚、゚トソン「そりゃ、先輩にあんな失礼な事を言えば殴られるの当たり前ですよ」
 
ミセ#)゚д゚)リ「お前が言わせたんじゃねーか!」
 
(゚、゚トソン「あなたが勝手に捏造して読み上げたのでしょう?」
 
ミセ#)゚д゚)リ「勝手にって──捏造?」
 

|::━◎┥「靴下ノ色ガ、ズボント合ッテイナイ」

ミセ;゚д゚)リ「さっきと全然ちげぇぇぇぇ!」

ミセ;゚ー゚)リ「つーかちゃんと喋れてるじゃん」

川 ゚ -゚)「む……、赤はまずかったか?」

(゚、゚トソン「そうですね、ズボンが青ですので、赤では少々目立ちますね」

川 ゚ -゚)「ふむ……、私はファッションには疎いからな。その辺りはよくわからん」

(゚、゚トソン「では私が選んで差し上げましょうか?」

川 ゚ -゚)「そうか? それは助かるな」

(゚ー゚トソン「では、参りましょうか」

川 ゚ー゚)「うむ、行こうか」


 ポツーン
ミセ;゚ー゚)リ「……あれ?」

ミセ;゚ー゚)リ「何、この流れ? 私一人残されちゃったんで──」

|::━◎┥

ミセ;゚ー゚)リ「コイツが残ってたよ……」

|::━◎┥ピー、ガチャ、ピー

ミセ;゚ー゚)リ「ん? 動き出した? 何をターゲットに?」

|::━◎┥ピー、ガチャ、ピー

ミセ*゚ー゚)リ「……解析終わった? どれどれ──」

|::━◎┥「イツモ、オチガ弱イ」

ミセ;゚д゚)リ「うるせーよ!!!」



 -終わり-





この小説は2009年3月26日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:YtlexFH8O 氏



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/09 20:19 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3450-644c6f7b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。