スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ζ(゚ー゚*ζ小さなお友達のようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




春の柔らかな陽射しが降り注ぐ穏やかな住宅街に、元気で可愛らしい声が響きました。

ζ(゚ー゚*ζ「いってきまーす」

ふんわりとしたツインテールを揺らして家を飛び出したのは、デレという女の子です。
スキップをしながら向かう先は、よく遊び場にしている小さな丘。
今日はそこで絵を描こうと、画用紙とクレヨンをポシェットに詰めて出掛けたのでした。



20090509204104470.jpg



***

よいしょ、よいしょと丘を登っていると、頂上から話し声が聞えてきました。

「おk、昼寝ポイントゲット」

「流石だな兄者」

「ぬくぬくなのじゃー」

ζ(゚、゚*ζ「あれれ?誰かいるのかな?」

いつもは誰もいないのに。
不思議に思ったデレは少し駆け足で丘を登り、辺りを見回してみました。
しかし、誰の姿も見当たりません。

ζ(゚、゚*ζ「おかしいなー。確かに聞こえたんだけど…」

「ん?誰だ?」

「女の子なのじゃ」

「うはww幼女ktkrwww」

再び聞こえた声に、もう一度良く見回してみますが、やっぱり誰もいません。
気のせいかなあ、と思ったその時の事でした。

「足元を見るのじゃー」

ζ(゚、゚*ζ「え?」

声の示す通りに足元を見ると、3匹の小さな猫がデレを見上げていました。

ζ(゚ー゚*ζ「もしかして、今の声はあなた達?」

l从・∀・ノ!リ人「そうなのじゃ!妹者は妹者なのじゃ、よろしくなのじゃ」

( ´_ゝ`)「俺は兄者だ、よろしく」

(´<_` )「俺は弟者、よろしくな」

ζ(^ー^*ζ「あたしはデレって言うの。よろしくね。」

ζ(゚ー゚*ζ「ところで、みんなはここに何をしに来たの?」

(´<_` )「新しい昼寝場所を探しに来たんだ」

l从・∀・ノ!リ人「ここはぬくぬくなのじゃー」

( ´_ゝ`)「デレちゃんは何をしに来たんだ?」

ζ(゚ー゚*ζ「あたしは絵を描こうと思って来たの。そうだ、みんなの絵をかいてあげる!」

( ´_ゝ`)「それは楽しみだな」

l从・∀・ノ!リ人「嬉しいのじゃー」

(´<_` )「うむ、期待しよう」

デレは画用紙とクレヨンを取り出すと、早速絵を描き始めます。
その間、猫達はなるべく動かないように頑張ってくれていました。


***

絵を描き始めて少し経った頃、妹者のお腹がくぅ、と鳴りました。

l从・∀・ノ!リ人「お腹空いたのじゃー…」

ζ(゚ー゚*ζ「じゃあおやつにしよっか。ちょっと待っててね」

そう言うと、デレはポシェットからオレンジ色のまあるいみかんを取り出し、みんなに差し出します。

ζ(゚ー゚*ζ「これみんなで食べよう!はい、どうぞ」

l从・∀・*ノ!リ人「ありがとうなのじゃ!おいしいのじゃー」

( ´_ゝ`)「みかんなんて初めて食べた」

(´<_` )「甘くて美味しいな」

l从・∀・ノ!リ人「ところでおえかきはどれくらい進んだのじゃ?」

ζ(゚ー゚*ζ「あともうすこしだよ。……できた!」


( ´_ゝ`)「お、予想以上のうまさだな」

(´<_` )「どれどれ…。おお、これはうまいな」

完成した絵を見せると、兄者も弟者も褒めてくれました。
しかし、妹者は何か不満があるようです。
  _,
l从・∀・ノ!リ人「確かにうまいのじゃ。だけど妹者がちっちゃいのじゃ…。妹者もおっきく描いて欲しいのじゃ」

ζ(゚、゚*ζ「だって妹者ちゃんの体は二人よりも小さいんだもん」
  _,
l从・∀・ノ!リ人「むう、早くおっきくなりたいのじゃー…」

( ´_ゝ`)「じゃあ昼寝すればいいんじゃないか?」

(´<_` )「それがいいかもしれんな。寝る子は育つって言うし」

l从・∀・ノ!リ人「おっきくなれるなら昼寝するのじゃ!おやすみなさいなのじゃ」

ζ(゚ー゚*ζ「あたしも少しお昼寝しようっと」

おやすみなさい、と呟いて草の絨毯に寝転がって瞼を閉じる。
気付いた時にはもう夢の世界でした。


***

目が覚めた時、辺りは夕焼け色に染まっていました。

ζ(゚ー゚*ζ「もう夕方かー」

l从・∀・ノ!リ人「んー、良く寝たのじゃー」

( ´_ゝ`)「あれ?」

(´<_` )「どうした兄者」

( ´_ゝ`)「妹者さっきよりでかくね?」

l从・∀・*ノ!リ人「ほんとなのじゃ?」

(´<_` )「確かに、少しでかくなったかな」

l从・∀・*ノ!リ人「嬉しいのじゃ!昼寝のおかげなのじゃ!」

ζ(^ー^*ζ「良かったねー」

l从・∀・*ノ!リ人「これでおっきく描いて貰えるのじゃ!デレ、早く描いて欲しいのじゃ」

( ´_ゝ`)「妹者、残念だがもう夕日が沈むぞ。そろそろ帰る時間だ」

(´<_` )「そうだな、父者と母者も心配するだろうし」

l从・∀・ノ!リ人「でもまだ描いて貰ってないのじゃ…」

ζ(゚ー゚*ζ「次に会った時に描いてあげるよ。だからまたここに来て欲しいな」

l从・∀・ノ!リ人「分かったのじゃ!約束なのじゃ!」

ζ(゚ー゚*ζ「うん、約束ね。兄者くんと弟者くんもまた来てくれる?」

( ´_ゝ`)「もちろん」

(´<_` )「必ず来るさ」

ζ(^ー^*ζ「絶対だよ」

l从・∀・ノ!リ人「それじゃあ、またねなのじゃー」

ζ(゚ー゚*ζ「またねー」


猫達が立ち去った後の丘は、なんだか静かで寂しく感じました。

ζ(゚、゚*ζ「あたしも帰らないとな」

でも一人で帰るのは少し寂しいな。
そう思った時、後ろからデレを呼ぶ声が聞こえてきました。


「おーい、デレー」

ζ(゚ー゚*ζ「あ、おとうさん!」

振り返ると、優しい笑顔を浮かべたお父さんがいました。
仕事帰りに迎えに来てくれたのです。

( ^ω^)「やっぱりここにいたのかお。さあ、きっともうすぐ晩ご飯だから帰るお」

ζ(゚ー゚*ζ「うん!」

デレはお父さんと手を繋いで、一緒に家へと向かう道を歩き始めました。
帰ったら今日できた小さなお友達の話をしよう、と考えながら。





この小説は2009年4月7日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:gA+31GJrO 氏
作者がお題を募集して、それを元に小説を書くという形式のものです


お題
・みかん
・春
・日向ぼっこ
・幼女
・あれ?妹者でかくね?


ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/09 20:08 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3445-f5bf7ccd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。