スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(´・ω・`)無題( ^ω^)

※薔薇注意
※性的な意味で閲覧注意
220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/06/24(火) 02:23:23.76 ID:pEifus8A0

その日は、雨だった。
台風じみた雨が我が家の屋根をけたたましく叩いていて、とてもうるさかった。
だから僕はヘッドホンを耳栓代わりに、聴くでもない音楽をただ垂れ流していた。
だから、気がつかなかったんだ。
玄関を開ける音も
誰かが発する声も

人が倒れる音も
誰かが哄笑する声も

階段を上がってくる音も
誰かが発する悲鳴も

僕の部屋のドアを開ける音も
誰かが発する、狂喜の声すらも



221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/06/24(火) 02:24:09.01 ID:pEifus8A0

ポン、と軽い調子で肩を叩かれた感触。
カーチャンだろうか。部屋に入るときノックをしろってあれほど言ったのに。
文句を言ってやろうと思い、僕は振り向きながらヘッドホンを外して、嘆息しながら文句を

(´・ω・`)「やぁ」

言えなかった。だってカーチャンじゃなかったから。

(´・ω・`)「久しぶり」

体が、ブルブルと震えだす。
寒くは無い。寧ろ熱いくらいだ。

(´・ω・`)「会いたかったよ?」

そう、熱い。
体の一点に熱が集中して、それが一気に

(´・ω・`)「ブーn」

炸裂した。

(;´・ω・`)「ッ熱・・・!」



223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/06/24(火) 02:25:15.35 ID:pEifus8A0

まさか、まさかのタイミングだった。
まさか、まさかこのタイミングで・・・・

(*´・ω・`)「ふふっ・・・もう、ブーンったら 僕を待ちきれなかったのかい?」

射精してしまうなんて―――!!!!

( *^ω^)「フヒィwwwwwwwwいやぁwwwwすまんおwwwww」

(*´・ω・`)「いや、いいのさ。気にしないでおくれよブーン」

顔を精液に塗れさせながらも、うっすらと頬が赤くなるのが分かった。
あぁ、なんて可愛いんだろう。僕のプリティーボーイ・・・

(*´・ω・`)「それにしても凄いタイミングだったね・・・今の射精」

そう、僕は射精したのだ。
その理由は、そう―――

( *^ω^)「ショボンがいきなり可愛い顔見せるからだおwwwwwwww」

これだ。約束の2時間前から半裸で待機し、
彼の到来を待ち続け、到来した後の事を延々と妄想していた最中、
その意中の人が目の前にいきなり現れたとあっては、これはもう仕方のない事だった。



224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/06/24(火) 02:26:04.48 ID:pEifus8A0

(*´・ω・`)「もう・・・ブーンったら・・・あぁ、顔がブーンでいっぱいだよ・・・」

言って、僕のプリティーボーイは顔面の白濁液を手で掬い、すべてを舐め取っていく。
その光景だけで、先走りの象徴たるカウパー液が無尽蔵に溢れ出てくる。

(* ^ω^)「フヒヒwwwwwたまらんおwwwwwさぁベットへwwwwww」

もう我慢の限界だった。
僕は彼の肩とマラを掴みながらベットへと誘導する。

(*´・ω・`)「あんっ・・・もう! 今日のブーンは強引だよぉ!」

( *^ω^)「でも・・・嫌いじゃないお?」

(*´・ω・`)「ブーンのいじわる! 本番の時は・・・優しくしてよね・・・」

( *^ω^)「任せるお・・・キノコ狩りの異名は、伊達じゃないんだお」

(*´・ω・`)「んん・・・あぁっ・・・/////」

( *^ω^)「フヒヒ・・・キノコを狩るが如く丁寧かつ迅速に・・・」

(*´・ω・`)「ッしゅごい! これが・・キノコ狩りなんだねぁぅんぁあっつ////」

( *^ω^)「さぁ・・・ここからが僕達の始まりだお・・・!」

その後、双方合わせて12回にも及ぶ戦いの後に部屋をでた僕がが見たものは、
居間でカーチャンが泣き伏した姿だった。
Fin



[ 2008/06/24 19:34 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/34-5e25dfe6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。