スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

('A`)あいじょうひょうげんのようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




ちゃり。

左手首につけられたあいつからのプレゼントが音を鳴らす。

綺麗な音だ、と素直に思う。
初めの頃は金属と金属のぶつかり合いにしか聞こえず、耳障りで仕方なかった。

綺麗だと思えるようになったのは、あいつのおかげでもあるのだろう。
繋がる先はあいつじゃないが、そんなことはどうだって良いんだ。

これは、不器用なあいつの、目に見える愛情表現。

この音は、素直に伝えられないあいつの言葉だ。



そう思う俺は壊れてしまったんだろうか。




20090318202052.jpg



がちゃ、ばたん。

ドアの鍵が開いて、すぐにこの部屋の持ち主が入ってくる。
ドアの隙間から差した光が眩しくて顔をしかめた。

从 ゚∀从「お、またやってるのか」

俺の手元のコントローラーを一目見て言うと、ベッドに横たわる俺の隣に腰掛ける。

('A`)「おかえり。 まぁ他にやることないしな」

もう長い間暗い部屋でTVの明かりだけを見つめているが、特に問題ないだろう。
今更俺の視力なんてあってないようなものだ。


从 ゚∀从「……ごめんな、一人にして」

しおらしく呟く彼女に驚いて、顔を向けた。

(;'A`)「な、何かあったか? お前に謝られると怖いんだけど」

从#゚∀从「……せっかく人が悪いと思ってんのに余計なこと言うんじゃねぇ!」

全くお前は、と言いながら自分もコントローラーを手にする。

('A`)「俺に勝つつもりか?」

从 ゚∀从「へっ、格ゲーで右に出るものはいない『鉄拳のハイン』と呼ばれたこのあたしをなめんなよ?」

これレースゲームなんですけど、
とは一言も口に出さずに2人用の設定を行い、ゲームを始める。


从;゚∀从「ちょ、速ぇよ!」

('A`)「ふつーふつー」

从;゚∀从「あ!? やべぇ逆走してんじゃねぇか!」

('A`)「よゆーよゆー」

从;゚∀从「おい! ゴールすんなよ!」

('A`)「はい終了ー」

結果はもちろん俺の圧勝。

悔しそうにこっちを睨む彼女。
少し可哀相になって右手で頭を撫でる。


从 ゚∀从「あーあ、一日中ゲームしてるお前に勝てるわけないよなぁ」

言いながら俺の横に寝転がる。
ぎし、とスプリングが鳴る。

ちゃり。

ベッドが揺れた反動で俺の左手首も鳴った。
その音に気付いた彼女が愛しそうにそれを撫でる。

从 ゚∀从「……なぁ」

('A`)「ん?」

すぐ横にある彼女の顔が、躊躇うように俺から目を逸らす。



从 ゚∀从「……あたしは、おかしい、かな」



途切れ途切れの言葉。
それを紡ぎ、堰を切ったように吐き出す。

从 ゚∀从「おかしい、よな? だってこうでもしてなきゃ不安で仕方なくて、あたしもダメだって、
      こんなので繋いでもダメだってわかってるけど、」

濁流のように溢れていく。

从 ゚∀从「わかってるのにこうしなきゃいつドクオがいなくなっちゃうか怖くて、嫌われたくないのに、
      あたしはドクオがいないと生きていけない、死んじゃうんだよ、だけど、だから、」

('A`)「ハイン」

右腕で強く抱き寄せる。
彼女はそれ以上何も言おうとせず、嗚咽を上げながらされるがままになっている。



('A`)「お前は……おかしいよ」



付き合いたての頃は軽い束縛程度だった。
それは男っぽい彼女の見せる可愛さだったし、自分の気持ちを言葉にしない彼女だから、
すねられるとそれだけで嬉しくなった。

いつからだろうか。

俺が出かけようとすると泣いて引き止めるようになった。

電話に気付かないと家まで来てヒステリーを起こすようになった。

俺との子供を執拗に欲しがるようになった。

自分の部屋に俺を閉じ込めるようになった。

これをおかしいと言わずに何というのか。



('A`)「……でも」



そうなってしまった彼女を、俺は愛している。
以前よりも、だ。

人は人をこんなにも醜く、こんなにも貪欲に愛することが出来るのか。
愛と呼ぶには重すぎる程の愛を、彼女は俺にくれる。

その全てはこんなにも美しく、こんなにも純粋だ。



('A`)「俺も……おかしいよ」

抱き締める力を強める。




ちゃり。



ベッドの柵と左手を繋ぐ手錠は彼女を愛すのに邪魔だけれど、これを俺の意志で外すことはないだろう。


ちゃり。


きっと、俺は死ぬときもこの音を聞いている。
彼女だけの「あいしてる」を。






この小説は2009年1月23日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:eeA5ndbiO 氏
作者がお題を募集して、それを元に小説を書くという形式のものです



お題
手錠
鉄拳のハイン



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/09 14:11 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3398-bd21b9be


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。