スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

从 ゚∀从クリスマス・イヴの兄貴が心配なようです

 
はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




12月23日 午後3時 駅

从;゚∀从「親父達おっせーなー、2時半には駅に着くって言ってたのにな……」

('A`)「なー」

ブブブブブブブブブブ

(*'A`)「ひゃ、あひぃん! らめえらめえ、ちょっとまっへぇ!」

从;゚∀从「な、兄貴どうしたんだ!? 変な声出すなよここ駅だぞ!」

(*'A`)「ひあ! ら、らって、胸ポケットに入れといた携帯が突然震えだして、乳首が……」


从#゚∀从三つ#)゚A`)


从#゚∀从「ただメール来ただけじゃねえか変態!」

(;'A`)「んもー、ジョークのわからん妹だ……」

从#゚∀从「 し ば く ぞ !!」

('A`)「えっとー、何々……」

('A`)「……」

('A`)「!」

(゚A゚)「重大発表ーーーーーぅ!!」

从;゚∀从「な、どうしたんだよ今度は!?」

('A`)「親父達ちょっとカジノでトラブっちゃって、
    ちょっと今日中には帰れそうにないってさ」

从;゚∀从「なーっ!」

('A`)「今廃工場の倉庫に隠れてるって。連絡遅れてゴメンちゃい☆だってさ」

从;゚∀从「一体何やったんだよ……」

('A`)「ったく、しょうもねえ奴らだな。
    ……いつまでもここにいても仕方ないし、帰ろうか、ハイン」

从;゚∀从「ああ……」



20090203212103.jpg


午後4時 商店街

从 ゚∀从「そういや明日クリスマスイブかー……」

('A`)「かー」

从 ゚∀从「……」

从*゚∀从「!」

从*゚∀从「兄貴、せっかくだからおもちゃ屋でDS買ってくれよ!
       なぁなぁ! 可愛い妹へのプレゼントとしてさぁ!!」

('A`)「ああ、だがノン。そんな金はない」

从;゚∀从「えー、いいじゃんいいじゃん!
      兄貴金あるだろ? 結構前から金貯めてたじゃねえか!」

(;'A`)「ああああああれはダメ! 絶対ダメ! 俺の金です!!」

从;゚∀从「ええー……」

('A`)「ま、諦めろ。今日帰ったらうまいもん食わしてやるから」

从;゚∀从「むー……」



午後7時 自宅 リビング

从;゚∀从「兄貴……」

('A`)「What?」

从;゚∀从「今日の夕飯カレー?」

('A`)「Yes,That's right.」

从;゚∀从「なあ、昨日の夕飯憶えてる?」

('A`)「Yes I do, It was chicken curry.」

从;゚∀从「それでも今日カレー?」

('A`)「Yes it is,Today's dinner is pork curry.
    I know that you like curry,Is there a problem?」

从#゚∀从「あるよ! 大ありだよ! もう一週間も連続でカレーじゃねえか!
       いくらカレー好きでもいいかげん飽きるよ!!」

(;'A`)「そんなこと言ったって、カレーなら楽だし……」

从#゚∀从「結局親父達がいない間毎食カレーだったじゃねえか!
      兄貴もっと別な料理だって作れるだろーが!!」

('A`)「めんどい。第一、俺、カレーなら一年続けて食っても飽きないほど好きだもん」

从#゚∀从「あーもう、兄貴は中毒なんだよ!!」


从#゚∀从 ガルルルルルル  ('A`;)


(;'A`)「わかったわかった、じゃあ明日、明日の夜は別なやつ作ってやるよ。
     何がいい?」

从 ゚∀从「……ローストビーフ」

('A`)「はい駄目ー」

从 ゚∀从「……クリスマスケーキ」

('A`)「はい無理ー」

从 ゚∀从「……七面鳥の ('A`)「はい不可能ー」


从#゚∀从三つ#)゚A`)


(#)A;)「しょうがないじゃん! 明日俺用事あって、帰りが遅くなっちゃうんだもん!!
     だから作るのに時間かかるやつはどうしたって無理なんだよ!」

从#゚∀从「……フライドチキン」

(#)A`)「それなら大丈夫だけど……」

从#゚∀从「絶対だぞ! 約束しろよ!」

从 ゚∀从「……あと、スーパーかどっかの安いヤツでいいから、
      上にサンタが乗ってるケーキ買ってきてよ」

从#^∀从「もし明日もカレーだったら、
       解 っ て る よ ね ?」

(#)A`)「わかりました……」

从 ゚∀从「で、兄貴。遅くまである用事って何?」

(うA`) ゴシゴシ

('A`)「え、何のこと?」


从 ゚∀从「……」

从#^∀从「遅 く ま で か か る 用 事 っ て 何 か な ぁ!?」

(;'A`)「ひ、秘密! 絶対秘密!!」

从 ゚∀从「……」

从#^∀从「 拷 問 決 定 」





             ('A`) ギャー






午後9時 自宅 風呂

ザー

从;゚∀从「……冗談きついぜ」

从;゚∀从。0(兄貴が デ ー ト だとぉ!? あの根暗で気持ち悪くて
        でも俺にはいつも優しくて実はしっかり者の兄貴が、
        クリスマスイブの日にデートだとぉっ! ありえねえ!!)

ゴシゴシゴシ

从;゚∀从。0(うーん……なんてこったい……。
        まさかあの金も全て明日のために貯めてたなんて……。
        なんつー気の入れようだ、どうする、どうするハインちゃん!)

チャプ

从;゚∀从。0(兄貴の事だ、途中で何をするかわかったもんじゃないぞ!!)


カポーン

从*゚∀从「ふー、気持ちいい……」

从;゚∀从。0(じゃないじゃない、考えないと!)



同時刻 自宅 ドクオの部屋

(メ#)*`キ(#)「Nectarisおもすれー」



午後10時半 自宅 ハインの部屋

从 ゚∀从「………………………………」

从 ゚∀从「………………………」

从 ゚∀从「………………」

从 ゚∀从「………」

从 ゚∀从「……よし、決めた!」

从 ゚∀从「ふっふっふ……そうと決まれば今日はもう寝よう!」



同時刻 自宅 ドクオの部屋

(#)A`キ)。0(やべ、もう寝ないと……。
       ああでももうちょっとでこの面クリアできるしなぁ……)



12月24日 午前8時 自宅玄関

('A`)「よーし、忘れ物無し、髪も服もバッチリ」

('A`)「……後は、デートの間寝ないようにすれば」

('A`)。0(にしてもハイン、俺より前に家を出るなんて、今日何かあんのか?)

バン

ガチャ

('A`)「戸締まりおk、行くか」



从 ゚∀从「8時3分、家出発……と」

从 ゚∀从。0(兄貴が変なことしたらすぐ殺せるように、
        兄貴を尾行してやる……我ながら上手い作戦だ)



午後9時 駅前

('A`)「うーん、時間通りに来たけど……まだ来てないのかな?」

川;д川「あ、あの……」

(;'A`)「あ、貞子さん!」

川;д川「す、すいません……寝坊しちゃって、走ってきたんですけど……。
      ま、待たせてしまいましたか?」

(*'A`)「いえいえ、とんでもない! 俺も今来た所ですから!!」



从 ゚∀从「9時丁度、待ち人来る……と」
  _,
从 ゚∀从。0(予想に反して綺麗な人だな……。
        兄貴とデートだなんてどんな奴かと思っていたが……)



川д川「……」

('A`)「あれ、どうしたんですか?」

川;д川「い、いえ、何でもないんです!」

(*'A`)「さ、早く行きましょうか」



从;゚∀从。0(さっきちょっとこっち見てたな……。
        まさか気付かれてないよね?)



午前10時 デパート

(*'A`)「このマフラー、貞子さんに似合うと思うんですよ」

川*д川「そ、そうですか?
      でも、こんな高級そうなもの、今まで縁が無かったし……」

(*'A`)「絶対、絶対似合いますよ!!
     貞子さんさえ良ければ、これ、着けてみてください」

川*д川「じゃあ、ちょっとだけ……」



从;゚∀从「クッソー、二人ともいい雰囲気じゃねえか……」



川д川「……」



从;゚∀从。0(やべっ)



午後1時 レストラン

川д川「私、あんまりお肉食べられないんです……」

(*'A`)「大丈夫ですよ、ここは魚や野菜中心のメニューもたくさんありますから」

川д川「なら、私……これにします」

(*'A`)「じゃあ、俺もそれで」



从;゚∀从「ああもう、あんな積極的な兄貴見たことねえよ!」



川д川「……」



从;゚∀从。0(ちょ、こっち見んな!)



午後5時 映画館

川*д川「私、この映画ずっと観たかったんですよ」

(*'A`)「俺もです。すっごく評判いいですよね」



从;゚∀从。0(ちっくしょー! こうなると解ってりゃ前売り券買ってたのに!
        俺だってこの映画気になってたんだよ!!)



川д川「……」



从;゚∀从。0(ああん、財布から金がどんどん……)



(*'A`)「貞子さん、飲み物どうします?」

川д川「あ、アイスコーヒーをお願いしてもいいですか?」



午後7時35分 映画館

( ФωФ)『我輩を倒すことが出来るのは、魂のこもった拳のみ!』

川*д川「……」

(;'A`)。0(やべ……昨夜1時までNectarisなんてやるんじゃなかった……。
      もっと早くやめておけば……映画もうクライマックスだし……)



从;゚∀从。0(あああロマネスク! そいつはヒートじゃないよ! 負けないで!)

从 ;∀从。0(ヒート、ロマネスクを助けてあげて! 負けちゃうよぉ!)

从;゚∀从。0(よし、立ち上がれロマネスク、今だ、やれ、行け!)

从*゚∀从。0(よっしゃあああああああああああ!!)



午後8時 映画館

『行くぞ、宇宙大魔王ロマネスク!』

『来い、マスク仮面!』

ザワザワ

ヨカッタワネー

川*д川「……すごかったですね。最後のほうなんか、私、泣いちゃいました」

(;'A`)「そっすね。俺もですよ」

(;'A`)。0(5分前に起きたなんて言えないよ……)



从*゚∀从。0(すごかったー……)

从;゚∀从。0(あ、やべ、兄貴追跡してたんだっけ)

从;゚∀从。0(あれっ!? どこいった!?)

从;゚∀从。0(……映画に夢中になってる内に、見失っちゃった……のか?)



午後9時 駅前

从;゚∀从。0(ちくしょー……見つからないままとうとう帰ってきちゃった……)

从;゚∀从。0(ん? あれは……)



川*д川('A`*)



从;゚∀从。0(あああ! 兄貴!)

从;゚∀从。0(最初の待ち合わせ場所に戻ってきてたのか……)


       デレデレ
            川*д川('A`*)
                      デレデレ


从;゚∀从。0(うわ、アツアツ……)



川*д川「……今日は、とても楽しかった……ありがとうございます」

(*'A`)「……お別れの前に、ちょっと、いいすか?」

(*'A`)「これを」

川*д川「あの……これは?」

(*'A`)「今日、クリスマスイブじゃないですか……だから、プレゼントです」

川*д川「あ、ありがとうございます……。
      ごめんなさい、私の方からは、何も用意できなくて……」

(*'A`)「いいんですよ。今日の思い出こそが、俺にとって最高のプレゼントですから」



从;゚∀从。0(普段の兄貴ならあんなセリフ絶対言わねー……)



川*д川「ドクオさん……私、こんなにしてもらったの初めてで……。
      あの……私なんかが……その……」

(*'A`)「遠慮なんかしないでください。俺、貞子さんの事好きですから」

川*д川「……私も。大好きです、ドクオさん」



从;゚∀从。0(見てるこっちのが恥ずかしいよ……)

从;゚∀从。0(もしもこのまま、あの二人の仲が進展していって、
        結婚なんて事になったら……)

从;゚∀从。0(いや、あり得ないあり得ない、断じてあの兄貴が……)

从;゚∀从。0(でも、今日のを見てる限りじゃ可能性はあるよなぁ……。
        そしたらあの人が姉貴……?)

从;゚∀从「て、あれぇ!? あの二人が居ないぞ!?」

从;゚∀从。0(やべー、考え事してる内にまた見失った! どこだどこだ!?)


『……ドクオさんならついさっき私と別れました。
 多少名残惜しいのですが、私にも門限がありますので』


从; ∀从「!!」

从; ∀从「そ、その声は……」


『さっきまでストーキングしていたあなたならおわかりですね?』

从; ∀从「あ、兄貴の彼女の……」


『ご名答。貞子と申します。あなたはドクオさんの妹さんでしたのね』

『さて、妹さんがなんでストーカー行為を働いていたのかはわかりませんが……』

『二人っきりの時間を侵したあなたを、私は許せません』



『……呪ってやる』



从 ;∀从「い、やあああああああああああああ!!」

『あっ!』

从 ;∀从「死ぬ、死ぬ、呪われるぅぅぅぅぅ!!」

『ま、待って!』

从 ;∀从「たーすーけーてーーーーーーー!!」

ピューン

『あ……ああああ……』



川д川「……ちょっと脅かそうとしただけなのに」

川д川「あーあ、妹さんならドクオさんの事とか色々聞いてみようと思ったんだけどなぁ」



午後10時 路上

从 ;∀从「うわああああああああああああ!」

从 ;∀从「誰か! 助けて! 呪われるううううううう!!」

ドンッ

从 ;∀从「わぶっ!」

『あいたっ!』

从 ;∀从「はわわわ、たす、助けて、呪われる……」

(;'A`)「たたたた……あれ? ハインじゃないか、どうしたこんな時間に」

从 ;∀从「あに、き?」

(;'A`)「うん……どうしたのよ?」

从 ;∀从「あわわわわ……助けて、呪われ、呪い殺される、
       あの声は絶対に殺す声だった……」

从 ;∀从「もう人のプライバシーは侵害しません、許して、許してぇ……」

(;'A`)「?」

(;'A`)「まー、何があったかわからないけど、家帰ろう、な?」

从 ;∀从 コクコク

('A`)「約束通りフライドチキン作ってあげるし、ケーキもサンタ付きの買ってきたし、
    それにほら、プレゼントもあるから、な?」

从 ;∀从「……プレゼント何?」

('A`)「……DS」


从 ;∀从「……マジ?」

('A`)「マジ」

从*゚∀从「え、買ってくれたの!? でも、金無いって……」

('A`)「いやなに、デートのための資金がちょっとだけ余ったからな」

从*゚∀从「やっほう! 兄貴大好きっ!!」

('A`)「さ、早く家に帰ろう。
    美味い飯つくってやるからな」

从*゚∀从「うん!」



『兄貴……』

『なんだ、ハイン』

『メリークリスマス!』

『……メリークリスマス』




从 ゚∀从クリスマス・イヴの兄貴が心配なようです

おしまい 从 ゚∀从ノシ





この小説は2008年12月1日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:EqudrcyL0 氏



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/09 10:04 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3361-2c890ddb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。