スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ><)僕らの告白大作戦のようです( <●><●>)

 
はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




( <●><●>)「そういえばわたくし、最近、好きな子ができました」


ブバーーー! .。*   サッ
( >3<)=3 ((<●><●> )


( ><)

( <●><●>)「……汚いじゃないですか」

(;><)「ご、ごめんなさいなんです……あまりに突然だったんで驚いてしまいました……」

( <●><●>)「いえ、汚いと言ったのは今私に吹きかけようとしたイチゴオレのことではなく
        人が決死の思いで友人に秘密をばらしたというのに、その隙をつくかのように
        嘲笑する君の行動です」

(;><)「い、今のは別に狙ってやったわけじゃないですよ!」

(( <●><●>)「どうだか、普段しないような顔までしちゃって……はぁ~」

(;><)「何その目! 何そのため息!? 冒頭からやってらんねーんですけど!!」




1_20100109100124.jpg



( <●><●>)「まぁ、君がそうやって空気の読めない行動をするということを、わたくしいつでもわかってました」

( ><)「すごく……不名誉です……」

( <●><●>)「落ち込まないで、君のような存在でも、いつかいいことがありますよ」

(;><)「すごく不名誉です!」

( <●><●>)「さて、雑談もほどほどにして、本題に入りましょうか」

( ><)「え、何この自由人……?」

( <●><●>)「私が惚れた女学生は、A組のしぃさんという女性です」

( <●><●>)「あの小さな体躯、可愛い声、薄い胸、彼女を一目見たそのときから
        わたくしのハートは火縄銃で打ち抜かれてしまったのです」

( ><)「(ロリコン?)はぁ、しぃさんですか……」

( ><)

(;><)「って、えぇ!?」

( <●><●>)「どうかしましたか」

(;><)「いや、どうしたもこうしたも……しぃさんって言えばB組のギコくんと
      付き合ってるってことで有名じゃないですか」

( <●><●>)「それが何か?」

(;><)「何かって……、ハッキリ言って無謀ですよ!ワカッテマスくん、
      別に顔は悪くないけど、目でかくて怖いし何考えてるかわかんないし
      無表情でキモいし、けど笑ったら笑ったで笑顔もキモイし!
      対してギコくんはイケメンの上にスポーツ万能でチョイ悪なところがまた女子に受けて……
      とリア充人生まっしぐらな人ですよ?
      微厨二が入ってるワカッテマスくんじゃ正直勝ち目ゼロです!」

( <●><●>)「わたくし今まで君のことを友人だと思っておりましたが、
        どうやらその認識を改める必要がありそうですね」

( ><)「しまった、ついうっかり長年思っていたことを!」

( <●><●>)「よろしい、ならば戦争だ!」






10分後

(メ<●><●>)「はぁ……はぁ……」

(メ><)「ふぅ………ふぅ……」

(メ<●><●>)「無駄な時間をとらせないで下さい……」

(メ><)「僕だけのせいでしょうか……」


( <●><●>)「まぁ……このくらいは予想の範囲内です…では話を続けましょう」

( ><)「ここに来て直話を続けるその根性だけは認めるんです…」

( <●><●>)「まずはしぃさんをギコと別れさせることから始めるんですが、何かいい案はありますか?」

(;><)「な、何この外道!?」

( <●><●>)「オススメはギコさんが他の女性といちゃついてる写真を捏造し、
        しぃさんに送りつけるとかなんですけど、どうでしょう」

(;><)「君の性格はどうしようもないな!」
   、
( <●><●>)「むっ、失礼ですね。これでも色々考えたんですよ」

( ><)「考えた末にそれってのがやばいんですよ!むっとすんな!」

( <●><●>)「じゃあビロード、君には一体どんな案があるっていうんですか」

( ><)「ていうか、仲の良いカップルを別れさせる相談とかしたくないんですけど……」

( <●><●>)

( ><)

( <●><●>)「…役立たずがっ」

(;><)「そんな吐き捨てるように言わなくても!」

( <●><●>)「ではもう一度言います。このクズがぁっ!」

(;><)「おま…!?」

( <●><●>)「もういいです、君に少しでも頼ってやろうとしたわたくしが愚かでした」

(;><)(なぜこんな微妙に上から目線…)

( <●><●>)「こうなったら、最後の手段。 イケメンリア充に頼りましょう
        というわけでどう思います?モララーくん、ジョルジュくん」

( ・∀・)「うん、お前らるっせぇ」
  _
(;゚∀゚)「一応今授業中なんだから、静かにしろよー」

( ><)「ああ、言わなければわからなかった現在の状況を……っ」

( <●><●>)「自習なんだから良いではありませんか」

( ・∀・)「ワカッテマス、お前外見は優等生だけど実は全然優等生じゃないよな」

(*<●><●>)「いや、照れますね」
  _
(;゚∀゚)「照れんな照れんな、褒めてねえよ!」

( <●><●>)「まぁわたくしなんて自習中なのに裸のビロードに比べればまだまだですからね」

(;><)「姿が見えないからって変な捏造しないでください!着てますよ!」

( <●><●>)「ハハッ、ワロス、セーラー服じゃないですか」


  オリャー       グフッ
(#><)三つ  (#)<●><●>)


(#><)「はぁ………はぁ……僕はやはりこの友人を消そうと思います……!」

( ・∀・)「落ち着けー」
  _
(;゚∀゚)「そうだよビロード、お前おっぱいないし立派な男だよ!」

(#><)「るっせぇ! 僕に触んななんです!」

( ・∀・)「やんややんや」
  _
(;゚∀゚)「何楽しんでるんだよモララー!」

( <●><●>)「いいでしょう、見せてやります、わたくしの真の姿を……!」
  _
(;゚∀゚)「し、真の姿!?」

(#><)「いいでしょう、ならば僕と戦争です!」

( ・∀・)「あっはっは、こいつらやべぇ」
  _
(;゚∀゚)「まともなのが俺だけの予感…!」






20分後

(メ><)「結局そうこうしているうちに授業が終わってしまったんです……」

(メ<●><●>)「まったく、恋の相談もろくに出来やしない」

( ・∀・)「やー、俺はすげぇ楽しかったけどね」
  _
( ゚∀゚)「自習を見張る先生は泣いて帰って行ったよ、もう来たくないってさ」

( ><)「ああ、先生の中の僕の評価が……」

( ・∀・)「ビロード元からそんなに高くないから大丈夫だよ!」

( ><)「うるせえんです」

( <●><●>)「それよりもう昼時ですよ。皆で昼食でも食べながら話を続けましょう」

( ><)「え……まだ続くんだこの話題……」
  _
( ゚∀゚)「俺も…?」

( ・∀・)「いいけど今度メロンパンおごってねー」

( <●><●>)「メロンちゃん?」

( ・∀・)「メロンパンだよ!」






昼食時間

( <●><●>)「とりあえず作戦をたててみました」

( ・∀・)「昨日のMステ見た?」
  _
( ゚∀゚)「見た見た、やっぱさー」

( <●><●>)「た て て み ま し た」

( ><)「あ、モララーくん、そのエビフライ一本ください」

( ・∀・)「いいよ、その代わりご飯全部くれ」

(;><)「代償がでけぇ!」


「立ててみたっていってるでしょうが!聞きなさい!」( #<●><●>)つ _
                                       ☆(#)゚∀゚)「なんで俺!?」

( ><)「えー…正直負け試合だからあんまり興味ないんです……」

( ・∀・)「俺も一応ギコとは友達だしなあ」

( <●><●>)「もういいです、こんな奴らとは話が出来ません。いきましょうジョルジュくん」
  _
(;゚∀゚)「お前今俺のこと思い切り殴っといて!」

( <●><●>)「さっさとギコを闇討ちしましょう」
  _
(;゚∀゚)「作戦それ!? 嫌だよ!」

( ><)「ていうか仮にギコくんがいなくなってもしぃさんがワカッテマス君に惚れることはないと思うんです」

( <●><●>)「なぜですか、もしかしたら図書館で指が触れ合い
        ロマンスが生まれるかもしれないじゃないですか」

( ・∀・)「しぃは図書館とかいかねぇよ」

( ><)「君も図書館とか行かないじゃないですか」

( <●><●>)「もののたとえですっていうか」

(#<●><●>)「しぃさんを呼び捨てにしないで下さい!」

( ・∀・)「うわなんだこいつ面倒くせえ」
  _
( ゚∀゚)(帰りたい……)

( ><)「それに僕、隣のクラスの女子から聞いたんですけど、しぃさんってガチムチ系が好きらしいんですよ」

(;<●><●>)<な、なんだってーーー!!!


( ・∀・)
  _
( ゚∀゚)

( ><)

( <●><●>)


( <●><●>)「皆さんも叫びなさいよ」

( ・∀・)「いや、だって…」
  _
( ゚∀゚)「なぁ」

( ><)「そんなのギコくんを見ればわかるんです」



2_20100109100124.jpg


(*゚ー゚)=3 「うん!筋肉はぁはぁ!!」



( < >< >)

( <○><○>)

(;<●><●>)「そ、そんな……」

( ・∀・)「まぁ失恋ってのはけっこういい経験になるからさ」
  _
( ゚∀゚)「元気出せよ…」

(;<●><●>)「しぃさんは結構人気が高いからカップルになれば色んな話に出られると思ったのに……」

(;><)「好きになった理由それ!?同情まったく出来ないんですけど!!」

(;<●><●>)「あとこのタイトルどうしよう……」

( ・∀・)「変えればいいんじゃね?」

( <●><●>)「そうですか…それではどんなものがいいか考えましょうか」
  _
(;゚∀゚)「ていうかお前しぃちゃんのことはいいの!?淡白だなおい!」

( <●><●>)「大丈夫です…私にはビロードという相棒がいますから…ね!」

9m9( <>><●>) キラッ☆

( ><)


*.(。;;)。.*「う……うわぁあああああああああああああああああん!!!!うあぁ、あぁあああ~~~ん!!
        ふぐっ、うぐぁえぁああああああ!うぇええええん!ぐすっ、うぁあああ!!」
  _
(;゚∀゚)「未だかつてねぇマジ泣きだ!!」

(*<●><●>)「嬉しいんですね、わかります」
  _
(;゚∀゚)「そうか!?」

( ・∀・)「うおっ、この醤油煎餅超うめぇ!うますぎてやべぇ!」
  _
(;゚∀゚)「お前もうちょっとこっちの話にも関心持て! 煎餅食うなよ!」

( <●><●>)「それではタイトルは改変しておきましょう……ああ、そうだ

        ( ><)僕らはいつも仲良しのようです( <●><●>)

        とかどうですかね?」

  _
( ゚∀゚)「どうってお前…」

(#><)「戦争だ! それを口にしたら戦争だろうがっ…!」

( <●><●>)「ははは、そんなに喜んでもらえるとわたくしも嬉しいです」
  _
( ゚∀゚)(ビロード可哀相!)

( ・∀・)「お前も十分可哀相だけどな」

         _
(・∀・ )   (゚∀゚ )


( ><)「もう僕を巻き込むのはやめやがれなんです!」

( <●><●>)「無駄無駄、私と貴方はずっとコンビですよ、はははははは」

(#><)「ちくしょう!いつか僕だって君とは対になりようがないかっこいい奴になってやるんですからね!
      覚悟してやがれなんですこのギョロ目!」

( <●><●>)「まぁ楽しみにしてますよっと……」


              ぺたり
    ( <●><●>)つ『( ><)僕らはいつも仲良しのようです( <●><●>)』


「貼るなー!!」


( <∧><∧>)「ふふっ」



終わり





この小説は2008年12月7日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:ULHr6qU10 氏



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/09 10:03 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3360-cbac049e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。