スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ФωФ)彼氏彼女の事情のようです(゚、゚トソン

 
はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




lw´‐ _‐ノv「ロマはトソンが好き」

lw´‐ _‐ノv「トソンはロマが好き」

lw´‐ _‐ノv「そして私は両方と仲が良い」

lw´‐ _‐ノv「これは…キューピッドの予感…!」

(´<_` )「誰と話してるんだお前は」

lw´‐ _‐ノv「見て分かんないかな?」

(´<_` )「…壁と話してるように見える」

lw´‐ _‐ノv「正解」

(´<_` )「え?」

lw´‐ _‐ノv「壁に話しかける普通の朝、私はただの女」

(´<_` )「………」

(´<_` )「しかし…あれだな」

lw´‐ _‐ノv「ん?」

(´<_` )「よく都村が男と2人で出かける気になったな」

lw´‐ _‐ノv「だって4人で遊ぼって言ったから」

(´<_` )「え?」

lw´‐ _‐ノv「私と弟者とトソンとロマの4人で遊ぼって言ったから」




    20090129210614.jpg



( ФωФ)「………」

(゚、゚トソン「………」

( ФωФ)「「あの、」」(゚、゚トソン

( ФωФ)「あ、すまんである。都村から話してくれ」

(゚、゚トソン「え、あ、…いい天気ですね」

( ФωФ)「うむ、そうであるな」

(゚、゚トソン「それで、杉浦さんのお話は?」

( ФωФ)「あ、う、その、……都村と同じだったのである」

(゚、゚トソン「そうなんですか」

( ФωФ)「うむ」


( ФωФ)「………」

(゚、゚トソン「………」


(;ФωФ)(むぅ…)

(゚、゚;トソン(間が…もたない……、恨むぞ素直シュール!)

(;ФωФ)(……もっと我輩がアドリブのきく男であればな…)

(゚、゚;トソン(今だって、偶然ですねとか、話の膨らませ方はいくらでもあったはずなのに)

( ФωФ ) チラ

(゚、゚トソン

(;ФωФ)(ぬぅ、心底つまらなさそうな顔である)

(、゚トソン チラ

( ФωФ)

(゚、゚;トソン(どうしよう、絶対怒ってる…)


(,,゚Д゚) ニャーン

(゚、゚トソン「あ、猫」

( ФωФ)「お。本当であるな」

(*ФωФ)(都村は猫が似合う……そうだ!)

(;ФωФ)(さり気なく、さり気なく)

( ФωФ)「都村トソンは、猫が好きなのであるか?」

(;ФωФ)(……フルネーム?!)

(゚、゚トソン「好きですね」

(゚、゚;トソン(あぁぁ今フルネームで呼ばれた! 親密度が分かりやすく下がった!)

( ФωФ)「そうか、我輩も猫は好きでな」

(゚、゚;トソン(挽回しなきゃ挽回しなきゃ挽回しなきゃ……そうだ!)

( ФωФ)「昔実家の庭で」

(゚、゚トソン「似てますもんね、顔」

( ФωФ)「え?」

(゚、゚トソン「え?」


(゚、゚;トソン(失敗したぁぁぁぁぁぁ)

(゚、゚;トソン(何あの辛辣なコメント! 馬鹿なの? 死ぬの?)

( ФωФ)「すまん。少しメールを打っても構わんだろうか?」

(゚、゚トソン「あ、どうぞ」

(゚、゚;トソン(むしろ生まれてきてすみません!)

( ФωФ) カチカチカチ

(゚、゚トソン(………あ)

(゚、゚トソン(メール打つの、速いんだ。ちょっと意外かも)

(゚、゚*トソン(……指、長いな)

(,,゚Д゚) ニャーゴ



lw´‐ _‐ノv「あ、ロマからメールだ」

lw´‐ _‐ノv「ふむ、『とそんがかえりたがってるたすけてくれ』とな」

lw´‐ _‐ノv「……暗号か?」

(´<_` )「最高に分かりやすいSOSだと思うが…」

lw´‐ _‐ノv「こ、め、あ、た、え、ろ。っと」

(´<_` )「……携帯寄越せ」



チャーランチャーランチャーラン

( ФωФ)「お」

(゚、゚;トソン(ジョーズ? ああいうの好きなのかな…)

( ФωФ)(『気のせいだ安心しろ。スイーツでも食っとけ』)

(;ФωФ)(気のせいとは思えんのであるが…)

( ФωФ)「都村、」

(゚、゚トソン「はい?」

( ФωФ)「どこか、店に入るか?」

(;ФωФ)(って唐突だよ! 我輩の馬鹿! 言葉足らず!)

( ФωФ)「…冷えるしな」

(´ФωФ)(これでいいのか? 余計怪しくなったのではないか?)

(゚、゚トソン「あっ、はい。そうですね」

(゚、゚*トソン(杉浦さん、さり気ないなぁ…)

(゚、゚トソン「寒いの、苦手なんですか?」

( ФωФ)「うむ」

(´ФωФ)(……猫顔だけに、と思われている気がするのである)

(゚、゚;トソン(……猫顔だけに、と思われてると思われてる気がする)


( ФωФ)「…とは言ったが、」

(゚、゚トソン「?」

( ФωФ)「何か食いたいものはあるか?」

(゚、゚トソン「そうですね……あ、少しメールいいですか?」

( ФωФ)「うむ」



lw´‐ _‐ノv「あ、トソンからメールだ」

(´<_` )「『だれかめしたのむ』……テンパってるなぁ」

lw´‐ _‐ノv「こ、め、」

(´<_` )「よーし、両手を上げて携帯をこっちに寄越すんだ」



クールーキットクルー

(゚、゚トソン「あ」

(;ФωФ)(我輩ホラーは苦手なのであるが…つまらない男だと思われたらどうしよう)

(゚、゚トソン(『デートなんだから喫茶店でも行っとけ』)

(゚、゚*トソン(デート………)

(゚、゚トソン「それじゃあ、喫茶ラウンジに行きたいです」

( ФωФ)「分かったのである」

(ФωФ ) テクテクテク

 (゚、゚トソン テクテク

(ФωФ ) トコトコトコトコトコトコ

   (゚、゚トソン トコトコ

(;ФωФ)(とと、先に行ってしまうところであった。ゆっくりゆっくり…)

( ФωФ)(……都村の歩調は、我輩とは随分違うのであるな)

( ФωФ)(………当然か)

( ФωФ)「転ぶなよ」

(゚、゚トソン「はい」

( ФωФ)「我輩も、ゆっくり歩くようにするから」

(;ФωФ)(…イヤミっぽかったか?)

(゚、゚トソン「ありがとうございます」

( ФωФ)「いや、礼を言われるようなことでは」

(*ФωФ)(……都村は、優しい子であるな)



イラッシャーセー

从'ー'从「ご注文はお決まりですか~?」

( ФωФ)「コーヒー」

(゚、゚トソン「プリンパフェを」

从'ー'从「かしこまりましたぁ」

オーダーハイリマース


( ФωФ)「意外であるな」

(゚、゚トソン「そうですか?」

( ФωФ)「都村はもっとこう、和菓子が好きそうなイメージがあったのである」

(゚、゚トソン「あぁ、よく言われます」

(;ФωФ)(ぬ、余計な一言だったか)

(゚、゚トソン「あんこも、好きですよ」

( ФωФ)「我輩も、和菓子は好きであるよ」

(゚、゚トソン「一緒ですね」

( ФωФ)「うむ」

(*ФωФ)(……結果オーライ、か?)


( ФωФ)「……都村、」

(゚、゚トソン「はい」

( ФωФ)「今日は、楽しくなかった」

(゚、゚;トソン(ですよねー!!!)

( ФωФ)「…かもしれんが、その」

(゚、゚トソン(……え?)

( ФωФ)「都村の色んな面を知ることが出来て、我輩は楽しかったのである」

( ФωФ)「都村さえ良ければ、またこうやって、」

(;ФωФ)「あ、もちろんその時は、我輩も、もう少し都村にも楽し」

(゚、゚トソン「え」

(;ФωФ)(これはもう駄目であるな!)

(;、;トソン「わ、え、なんで」

(;ФωФ)(泣くほど嫌か!!!)

(;ФωФ)「な、わ、すまん! 前言撤回する!」

(;、;トソン「ちが、そうじゃ、なくて、」

(;ФωФ)「?」

(;、;トソン「わた、わたし、面白い話もできないし、」

(ぅ、;トソン「猫顔、とか、言うし、」

( ФωФ)

(ぅ、⊂トソン「ぜった、ぜったい、杉浦さんに、きらわれたって、思って、」


( ФωФ)「……嫌わんよ」

(ぅ、⊂トソン


( ФωФ)「都村が、面白くても、面白くなくても」

( ФωФ)「我輩は、そんなことで、都村を嫌いにならんよ」

( ФωФ)「優しくて、シュールの奴に振り回されてて、それでも友達を続けるほど優しくて、」

( ФωФ)「猫が好きで、あんこが好きで、プリンも好きで、」

( ФωФ)「たまに、ちょっと変なことも言う都村が」

( ФωФ)「我輩、好きであるよ」


(ぅ、⊂トソン

(ぅ、゚トソン「え?」

( ФωФ)「え?」




lw´‐ _‐ノv「こうして勢いで杉浦さんに告白された私は」

lw´‐ _‐ノv「勢いで私も好きですと返答」

lw´‐ _‐ノv「晴れて両想いとなったのでした。えへへ(照)」

(´<_` )「勝手に都村の心を代弁するな」

lw´‐ _‐ノv「代弁じゃないよ」

(´<_` )「え?」

lw´‐ _‐ノv「私は都村トソンだもん」

(´<_` )「ぐへぇ」

lw´‐ _‐ノv「何だね」

(´<_` )「いや、どうして俺はこんな奴が好きなんだろうな、と」

lw´‐ _‐ノv「馬鹿だなぁ」

(´<_` )「?」

lw´‐ _‐ノv「私が弟者を好きだからに決まってるじゃないか」

(´<_` )「……ぐへぇ」

lw´‐ _‐ノv「だから何だね」

(´<_` )「そういや、アイツら今日デートなんだろ?」

lw´‐ _‐ノv「らしいよ」

(´<_` )「賭けるか?」

lw´‐ _‐ノv「よろしくやってない方に夕飯を賭けよう」

(´<_` )「それじゃあ――」



( ФωФ)「………」

(゚、゚トソン「………」

(;ФωФ)((間がもたねぇぇぇぇ!!!))(゚、゚;トソン



(´<_` )「賭けが成立せんじゃないか」




( ФωФ)彼氏彼女の事情のようです(゚、゚トソン  おしまい






この小説は2008年11月16日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:6nCxZmNeO 氏

表紙の本絵は言わずもがなです



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/08 22:00 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3352-424a7616


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。