スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ФωФ)ロマネスクは孤独のようです

 
はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




しんしんと降り続ける雪。
街では至るところにイルミネーションがピカピカと光り、嫌でもクリスマスだということを思わせる。

( ФωФ) 「さむいな……」

ふと気づけば、街はカップルや家族連れで賑わっている。こんなに寒いというのに。
まあ、世間が騒ぐのも無理は無い。
なんといったって、この地方では珍しいホワイトクリスマスなのだから。

( ФωФ) 「……」

こうやって街中を一人で歩いていると、孤独が身に染みる。
なぜ、なぜなんだろう。何故、自分はこんなところを歩いているんだろう。

( ФωФ) 「冬の夜(よ)に ぬくぬくコタツ 入りたい」

寂しい心とは裏腹に、今日も俳句は絶好調のようだ。
我輩は急いでメモに今の俳句を書きとめた。

( ФωФ) 「……」

クリスマスとは一体なにをする日なんだろう、とふと疑問に思う。
イエスの誕生日を祝うのか、それともただ浮かれ気分で一日を楽しむのか。
宗教は根付いていない日本では、その本質を理解できないのも仕方がないのかもしれない。


('A`) 「果たしてそうかな、ロマネクス?」

( ФωФ) 「……」


見れば目の前に、見知らぬ貧相な男。
我輩を名指ししてるあたり、こいつは我輩に用事があるのだろう。第一、我輩の名前はロマネスクだ。
しかし、クリスマスは危ないやつがいるのも事実。我輩は奴を無視して歩き出す。

('A`) 「おいおい、ちょっと待ってくれよー」

( ФωФ) 「……」

('A`) 「お前さー、クリスマス楽しんでないっしょ?」

大きなお世話だ。第一、何故我輩についてくる。
そう大声で怒鳴りつけたいが、周囲への迷惑を考えて押しとどめる。

('A`) 「俺さ、神様なの。神様」

ああ、やはりこの男は気が狂っているらしい。
いや、もしくは我輩は幻覚・幻聴を……。

('A`) 「クリスマスにさ、寂しい男を見つけては招待するのよ」

こやつの言葉は、いちいち俺を刺激する。
寂しい男? 違う、我輩は孤高な存在というだけだ。

('A`) 「なあ、お前経験したことないんだろ? 最高のクリスマスってやつを」

温厚な我輩も、この失礼極まりない男にはぶち切れた。
歩みを止め、すばやく後ろを振り返り、右腕を振り上げた――




          「ようこそ、ドクオのクリスマスパーティへ」




1_20100108213255.jpg



( ФωФ) 「ぬ!?」

振り下ろした右腕は空をかき、我輩の視界は真っ白に染まっていく。
瞼がゆっくりと閉じていき、なんだか眠くなってきたようだ。

そして段々と意識は薄れていき――視界は完全に真っ暗になった。


目が覚めた。
ここはどこだろう。まだ意識もはっきりしておらず、現状を把握するのは難しい。

('A`) 「おはよう、調子は良いみたいだな」

調子は良い? この男は馬鹿なことをぬかす。
体は不安定で、まるで自分の体じゃないような感覚だ。

('A`) 「はは、怖い目つきだな。だが……体は正直だよ」

体は正直? 三流AV男優みたいなことを抜かす男だ。
馬鹿いえ我輩の体は、我輩の意思のみで動く――ん?


2_20100108213255.jpg


('A`) 「……な?」

馬鹿な。この我輩がこのような踊りを踊っているだと?

抵抗しろ、抵抗だ――!!


3_20100108213255.jpg


我輩の体は、我輩の意思とは裏腹に軽快なダンスを続ける。
しまいにはこ洒落たラップなんか刻みながら。

我輩の体は、不思議と踊ることをやめない。
まるで操られているかのようだ。


4_20100108213254.jpg


('A`) 「良い表情してるよ。ロマネクス」

違う、我輩の名は――。
いや、今はそんなことどうでも良かった。ただこの快感を体中に感じていたかった。
そしてもちろん俳句はメモに書きとめた。

('A`) 「もっと最高な刺激があるんだぜ? どうだ、体験してみるか?」

( ФωФ) 「はっはっは! 更なる快感がこの世にあるというのか!?」

('A`) 「そうさ! もっともっと最高なものがあるんだ!!」

我輩の踊りに合わせて、ドクオも両手をあげて腰を振る。
いいだろう、更なる高みがあるというのなら――目指さない理由などない。

('A`) 「アーユーレディー!?」

( ФωФ) 「よかろう!!」

('A`) 「それじゃあ行くぜ!!」

( ФωФ) 「うぬ!!」

我輩と貧相な男、いや、神様の体はゆっくりと宙に浮き始める。
そしてそのまま上昇していき、次のステージへと進んだ。



5_20100108213254.jpg


6_20100108213254.jpg


7_20100108213317.jpg


8_20100108213317.jpg




空に浮かぶ天の川を翔ける、我輩と神様。
最高に気分が良い。

('A`) 「どうだい!! ロマネクス!!」

( ФωФ) 「最高だ!! それと我輩はロマネスクだ!!」

('A`) 「そうか、それは良かった!! ……そろそろ12時か」

( ФωФ) 「それがお主との別れの時間か!? 」

('A`) 「……そうだ!!」

( ФωФ) 「最高だったぞ!! 初めてのクリスマスパーティは最高だったぞ!!」

段々と神様の姿が小さくなっていく。
タイムリミットが近づいているということだろう。

人生で初めてだろう。こんなに楽しいクリスマスを過ごすことができたのは。
神様に感謝したい。あ、それからクリスマスプレゼントもできれば欲しかった。

それじゃあな。

そして再び、我輩の視界は白に包まれる。
段々と意識は失われていく。そしてゆっくり、ゆっくり……。



鳥のさえずりが聞こえる。
窓からは朝の日差しが差し込んでいて、眩しい。

( ФωФ) 「……」

夢だったのだろうか。あの楽しい時間は夢だったのだろうか。
常識的に考えれば、あれらの世界はありえないことだ。だが……。

ふと、我輩の首になにかが巻かれているのに気づいた。
マフラーだ。見覚えの無い黄色いマフラーで、ほんのり暖かい。

( ФωФ) 「まさか……」

マフラーをよく見ると、ある文字が赤い毛糸で縫われていた。

「ロマネクス」

と。


( ФωФ) 「だから我輩の名はロマネスクだと言うのに……」

ついつい笑みが漏れてしまう。
あやつ、しっかりクリスマスプレゼントを置いていったか。

そうだ。一つだけ神様に言っておこう。
ここで一句。

( ФωФ) 「来年は 女の子とね 過ごしたい」

季語はない。しかし、心がこもっている。
我輩はメモを取り出すと俳句を書き留めておいた。


今日は12月26日。
世間の子供たちは早起きで、カップル共はお寝坊さんしていることだろう。
みんな誰かしらとの絆をわかちあっていることだろう。

だが我輩――杉浦ロマネスク……。
今年のクリスマスは孤独ではなかった。

ちょっと遅いが、メリークリスマスだ。
ディアー、神様。



( ФωФ)ロマネスクは孤独のようです END

 



この小説は2007年12月2日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:F7fyI1f50 氏
作者がお題を募集して、それを元に小説を書くという形式のものです



お題
初めてのパーティー
マフラー



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/08 21:35 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3341-b193746e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。