スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

('A`)はもっぱらミルクティーのようです

 
はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




ミルクティーを飲む―――――

この男の至福の時であった。



20081113062036.jpg



男の名はドクオ。
ミルクティー中毒と言っても過言でないほどミルクティー好きである。

酒の席で上司に絡まれても


(,,゚Д゚)「あ゛ー、ドクオ君~私の酒が~~ヒクッ~飲めんと言うのか~?」


('A`)「私はもっぱら…」

そう言うとマイ ミルクティーを目線ぐらいに持ち上げ


('∀`)「ミルクティーですから」

と断るほどミルクティー好きなのだ。


おかげで係長からトイレ掃除に格を下げられてしまった。




それでもトイレ掃除をしながら


('A`)「私はもっぱら……」

ミルクティーを目線ぐらい持ち上げ


('∀`)「ミルクティーですから」

と言ってミルクティーを飲み干し
モップを手に取りトイレ掃除をする。


懸命にトイレを掃除し、定期的にミルクティーを飲むドクオの背中には
何の迷いも無い、漢の背中になっていた。




( ^ω^)「おっぉwwwあのトイレ掃除、なんであんなに清清しい顔してるんだおwww」

( ^ω^)「僕らは上司の機嫌を伺ったりして……」


( ;ω;)「――――」

男の目からなぜか涙が溢れ出してきた。
そして男は気がついたらトイレに向かっていた。

('A`)「あ……申し訳ございません。ただいまトイレ清掃中なので……」

( ;ω;)「ぼ、僕にもミルクティーを飲ませてくださいお」

('A`)「……」


('∀`)「かまいませんよ。さあ」

とドクオはミルクティーを差し上げた。




('A`)はもっぱらミルクティーのようです。






この小説は2008年9月17日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:76QW09FR0 氏



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/08 20:27 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3326-47e6ded3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。