スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ><)一家のようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




 ここは平和なビロード家。
 夫と妻と娘の三人で暮らしています。

( ><)「ふあー……」

 朝、最初にお茶の間に現れたのは、一家の大黒柱、ビロード。

(*‘ω‘ *)「おはようっぽ親父!」

 次に出て来たのは一家の男勝りな娘、ちんぽっぽ。
 制服を着てやって来ます。
 ちんぽっぽは今日から高校生で、とても張り切っていました。
 ですが。


(;><)「おはようなんです! って……えぇっ!?」

 ビロードはちんぽっぽの姿を見るなり、片手に持ったお茶をこぼしそうになりました。
 彼が驚くのも無理はありません。
 ちんぽっぽの着ていた制服は、男子用の学ランだったからです、おまけに帽子付き。



20080821070146.jpg



(;><)「おっ、お母さ――ん!」

( <●><●>)「うるさいです」

 そう言って出て来たのは、割烹着を着た一家のお母さん、ワカッテマス。
 一家で一番物知りなしっかりしたお母さんです。
 その反面、一家最強の称号を会得しています。

(;><)「だ、だってちんぽっぽが……」

(*‘ω‘ *)「何かおかしいっぽ?」

 ちんぽっぽは中学生の頃、確かに男勝りではありましたが、制服はちゃんと女子のものを着ていました。
 それが急にこうなってしまうと思わず、更にはちんぽっぽもそれがさも当たり前な様に言う訳ですから、ビロードはショックでいっぱいでした。

( <●><●>)「おやちんぽっぽ、ちゃんと制服が似合ってますね」

(*‘ω‘ *)「サンキューっぽ、お袋」

(;><)「お母さんまで!?
      こんなんで良いんでしょうか……」

 せっかく可愛い顔をしているのに……と落ち込むビロードをよそに、ワカッテマスは朝ご飯の準備を再開します。

(*‘ω‘ *)「今日から高校生っぽ、楽しみだっぽ」

( ><)「それは良かったんです」

 ちゃぶ台を囲んで座る二人は、テレビを見ながらのんびり話しています。

( ><)「あっ、テレビの映りが……」

(#*‘ω‘ *)「親父、今直すから待ってろっぽ」

 ちんぽっぽは立ち上がると、ガンガンとテレビを叩きます。
 それでもなかなか直らないので、ちんぽっぽはもっと強く叩きます。
 終いには蹴る殴るまでに至りました。

(;><)「そ、それ以上やったら壊れちゃうんです――!!」

( <●><●>)「ご飯出来ましたよ、って何してるんですか」

 ちょうどその時、鍋や茶碗を持ったワカッテマスがお茶の間に入ってきました。

(#*‘ω‘ *)「テレビがイカれたっぽ」

( <●><●>)「なるほど、ここを叩けば大丈夫ですよ」

 そう言ってワカッテマスがテレビを叩くと、テレビの映りはすぐに良くなりました。
 ビロードもちんぽっぽも感心です。

( ><)「じゃあご飯食べるんです!」

( <●><●>)「今日は冷製おでん工場から残り物貰いました」

(*‘ω‘ *)「おでんうめぇっぽ」

 ちゃぶ台の中心におでんの鍋が置かれ、皆少しずつ食べていきます。

(*‘ω‘ *)「ごちそうさまっぽ、じゃあ行って来るっぽ!」

 一番早く食べ終わったちんぽっぽは、すぐに立ち上がり鞄を肩に掛けて出て行こうとします。

( <●><●>)「行ってらっしゃい」

(;><)「本当にその格好で行くんですか!?」

 至って冷静なワカッテマスに比べて、ビロードはちんぽっぽを何とか引き止めようとします。

(;><)「お母さんも何か言って下さいなんですっ」

( <●><●>)「知るか」


 そうこう言ってる間に、もうちんぽっぽは学校に行ってしまい、ビロードは悲しんでいました。

( ><)「たまには優しくしたって良いじゃない……」

 ワカッテマスへの不満も交えてビロードはぶつぶつと独り言を呟いていました。
 体育座りをして床にのを書き、今にもキノコを床から生やしそうなくらいにどんよりとしたオーラを出します。

( <●><●>)「何ぶつぶつと独り言を」

( ><)「ちんぽっぽの格好を見て何とも思わなかったんですか?」

( <●><●>)「制服が似合ってるなあと」

(;><)「あの子は女の子ですよ!?
      それなのにあんな制服で行くなんて……」

(∩<●><●>)「あーあー聞こえない」

( ><)「(このやろう……)」

( <●><●>)「そもそも何故そこまで気にする必要が」

( ><)「いやだって女の子ですし」

( <●><●>)「別に良いじゃないですか、誰に似たのかは知りませんが」

( ><)「ちんぽっぽの男勝りなところは間違いなくお母さん似なんです」

( <●><●>)「?」

 ほわんほわん、とビロードの頭から回想が始まります。
 そこには高校生の頃のビロードとワカッテマスがいました。



※ ※ ※


(;><)『ワカッテマスちゃん! またそんな格好してるんですか!?』

( <●><●>)『そんなって、ビロードと同じ格好ですが』

 そう、そこにはビロードと同じ格好……学ラン姿のワカッテマスがいたのです。

(;><)『ワカッテマスちゃんは女の子でしょう?
      お母さんも困ってるんです』

( <●><●>)b『男女平等ボーダーレス社会だから大丈夫です』

(;><)『り、理由になってない!』


※ ※ ※



 ほわんほわん、とビロードは現実に戻りました。

( ><)「あの頃は苦労したんです」

( <●><●>)「何か知らんが苛ついた」

(;><)「と、とにかく!
      もう少しちんぽっぽを女の子らしくしたいんです」

 ビロードの思いは切実でした。
 昔の経験もあってか、その思いをより強くします。

( <●><●>)「まあ当分は無理な話でしょうね」

(;><)「あうぅ……」

( <●><●>)「それにもしもちんぽっぽが彼氏とか連れて来たらきっとビロード泣きますし」

(;><)「あんまり想像したく無いんです……」


( <●><●>)「それよりさっさと仕事行って下さい」

( ><)「……行ってきますなんです」


 そう言ってビロードが家から出て行こうとした時、遠くからちんぽっぽともう一人の影が見えて来ました。


(;*‘ω‘ *)「上履き忘れたっぽー!」

(;´ー`)「お前の事情なんざ知らねーよ……だから服引っ張るんじゃねーよ」


 ちんぽっぽは男、シラネーヨの制服を引っ張りながら家まで走って来ます。
 ビロードはそんな二人を見て放心状態に陥ってました。

( <●><●>)「……こうなる事は分かってました」

(;*‘ω‘ *)「お袋、その袋こっちに投げろっぽ!」

( <●><●>)「ん」

 ワカッテマスが袋を投げると、キャッチするなりちんぽっぽはまたシラネーヨを引っ張って走って行きました。


( <●><●>)「ほらビロード、あれが未来の姿ですよ」

( ><)「……」

 ワカッテマスが指差す先には何だかんだ言いながらも、仲良く走る二人の姿がありました。


( ><)「今から泣いて良いですか?」

( <●><●>)「駄目です」

 いつかちんぽっぽも花も恥じらう乙女になって、誰かを連れて来る日も
 それでビロードが影でこっそり泣く日も

 そう、遠くないようです。




――( ><)一家のようです 終わり
 





この小説は2008年8月6日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:ySDSUouaO 氏
作者がお題を募集して、それを元に小説を書くという形式のものです

ワカッテママスの絵が、とんでもないことになってしまいした



お題
冷製おでん工場
たまには優しくしたって良いじゃない



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/08 19:43 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3307-a4d2d91b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。