スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(´・ω・`)夏の横断歩道のようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




僕は今確かに歩いている

しかも横断歩道を渡ろうとしている

赤信号だから 渡れないだけであって

僕は横断歩道を確実に渡ろうとしている

別に間違ったことじゃないし 僕だけじゃない

横断歩道を渡ろうとしているのは

他に5名ほど僕と同様に赤信号に足止めされている


でも僕と決定的に違うのは

この横断歩道の異変に 他の5名は気付いていない

たぶんだけど

この地球上にはいないと思う 僕以外に目の前の白黒の道がいつもと違うことに気づいている人は



20080817172814.jpg



少し胸を張って 横断歩道を見返す


なんとなく

横断歩道の中間あたりが変だ


空気がゆれている

暑さのせいではないだろう

人が一人入れるくらいの大きさで


ゆらゆらゆれている



青信号になる

僕以外の5名はそそくさと 横断歩道を渡る

何にも気付かずに

バカだなあ

そんな彼らに習って 僕も歩き始める

左足から一歩ずつ 先へすすむ

そんなトラップには引っ掛からないよ

僕は バカじゃないから


ゆらゆらを横目に

僕は横断歩道を渡る


ちゃんと渡れたみたいだ

渡れるのはわかってたけど 少し緊張した

僕だって人間だからね



あれ?

僕はなんでこの横断歩道を渡ったんだっけ?

理由を忘れてしまった

というか 手前の路地を曲がる予定だった はず

渡る必要はなかったんだ この横断歩道を

間違い まちがい

はあ

二度手間だ

なにより もう一度この横断歩道を渡らなくてはならないなんて

最悪だ

立ち止まり 振り替える

向こう側にはまた人が何人か溜まっている

さっきと僕達と同じように



あれ?

ゆらゆらはもういなくなったみたい

これなら安心して歩ける


僕が怖くなったのかな?なんて思ったりして




さあ渡ろう

ちょうど赤信号だ

車は青信号だし

さあ渡ろう

歩行者はだれもいない

僕は少し王様の気分

さあ渡ろう 
さあ渡ろう


ゆらゆらゆらゆら ゆらゆらゆらゆら
ゆらゆらゆらゆら ゆらゆらゆらゆら

ゆらゆらゆらゆら ゆらゆらゆらゆら
ゆらゆらゆらゆら ゆらゆらゆらゆら






この小説は2008年8月6日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:y25KDuHc0 氏



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/07 21:46 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3302-84aeb98d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。