スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(´・ω・`)山の幸キノコを食らう


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ

※下ネタ注意




20080509202259.jpg




ガチャリ

('A`)「ちぃーっす」

(´・ω・`)「やぁいらっしゃい」

バタン

('A`)「なんか暗いな、灯り位点けろよ」

(´・ω・`)「電球が切れててね」

('A`)「ふーん、まぁいいや」

('A`)「ゲームやりにきたぜ」

(´・ω・`)「あいよ、勝手にやってくれ」

('A`)「久々にモンハンやるか」

(´・ω・`)「メモリーカード無くなったから初めからだよ」

('A`)「まじかよ」

(´・ω・`)「うん」

('A`)「その辺にあるんじゃないの?」

ガサガサ

(´・ω・`)「さぁ・・・」

('A`)「しかし汚い部屋だな、掃除しろよ」

(´・ω・`)「めんどいじゃない」

('A`)「ゴミ屋敷だろこれじゃ」

ガサガサ

('A`)「うわっくさっ!ティッシュと生ゴミ臭っ!掃除したの何年前だよこれ」

(´・ω・`)「ここに来てから一回も掃除してないね」

('A`)「8年位?」

(´・ω・`)「うん」

('A`)「大した奴だ・・・」

(´・ω・`)「ふふん」

('A`)「なんかあるな」

(´・ω・`)「メモカ?」

('A`)「いや、ちがう。これはなんだ?毛玉・・?」

ひょい

(;'A`)「うわ!良く見たらネズミの死骸だ!」

(;´・ω・`)「なん・・・だと・・・?」

ダダダダダ

ガバッ

(´;ω;`)「ハム次郎・・・こんな姿になってしまって・・・・」

('A`)「ハムスターかよ!」

(´;ω;`)「すまない、いまもうほんとすまない」

('A`)「まぁいいや、メモカメモカ」

ガサガサ

(´;ω;`)「自由きままに野生の生活を楽しんでると思ったのに・・・」

('A`)「放し飼いかよ」

(´・ω・`)「いや、貰った初日に脱走したんだ」

('A`)「こんな家じゃな・・・」

(´;ω;`)ブワッ


('A`)「あっ」

(´・ω・`)「お、みつけた?」

('A`)「いやこれは・・・・」



('A`)「・・・キノコだ」


('A`)「すっげー生えてるよ」

(´・ω・`)「ああ、たまに食べるよそれ」

('A`)「食えるのか?」

(´・ω・`)「食べる?」

('A`)「結構です」

ガサガサ

(´・ω・`)「そうかい」

('A`)「あー!ない!どこにもない!メモカがない!」

(´・ω・`)「あっ」

('A`)「ん?どうした」

(´・ω・`)「そのキノコの下に・・・・」

('A`)「・・・・?」

('A`)!!!!

(´・ω・`)「メモリーカードからキノコが生えてる・・・」

('A`)「冬虫夏草みたいだな」

ぶちん

(´・ω・`)「ともあれ見つかって良かった」

('A`)「ああ」

(´・ω・`)「さぁやるか」

('A`)「うむ」

カチ

('A`)「あれ?」

カチッカチッ

('A`)「PS2の電源入らないんだけど」

(´・ω・`)「ソニータイマーか」

カチッ

('A`)「テレビも点かないぜ?」

(´・ω・`)「ふむ」

('A`)「もしかしておまえ・・・」

(´・ω・`)「どうやら電気を止められたらしい」

('A`)「おいいまじかよ!」

(´・ω・`)「そういえば何度か大家に注意されてたよ」

('A`)「電気もなにもないんじゃなぁ・・・」

クイッ

ジャー

(´・ω・`)「水は出るよ」

('A`)「水でゲームはできないんだよ!」

(´・ω・`)「さーせんwwwww」

('A`)「お金振り込んでこいよ」

(´・ω・`)「仕方が無いね」

ガチャ

(´・ω・`)「ん?」

ガチャガチャ

(´・ω・`)「・・・・?」

('A`)「どうした」

(;´・ω・`)「あれ?」

ガチャガチャ

(;'A`)「もしかして扉・・壊れたのか?」

(;´・ω・`)「そうらしい」

('A`)「まじかよ!ボロ過ぎだろ!」

(´・ω・`)「ダレカー」

('A`)「管理人を呼べば良いんじゃね?」

(´・ω・`)「今電気通ってないから・・・・」

('A`)「なぁに携帯がある!」

(´・ω・`)「おぉ!」

(;'A`)「あぁっ?圏外?」

(´;ω;`)ブワッ

('A`)「そうだ!入り口以外の出口があるだろ窓とか」

(´・ω・`)「ああ、窓はあるよ」

('A`)「そっから出ようぜ」

(´・ω・`)「でもずっと前から窓開かないんだよね」

('A`)「まじかよ!」

(´・ω・`)「うん」

('A`)「じゃあ割ろう!PS2を投げつけて割ろう!」

(´・ω・`)「ここ強化ガラス使ってるから・・・・」

('A`)「まじかよ!」


('A`)「つまりここは外界と遮断された空間になった訳か・・・」

(´・ω・`)「これからが本当の地獄だ・・・」

(;'A`)「やべーよショボン!このままじゃ死んじまうよ!」

(´・ω・`)「HAHAHA!大げさだよドクオ!」

('A`)「だよな・・・だれか気付くよな」

(´・ω・`)「そうそう電気止まってるし管理人とか大家がそのうち気付くはずだよ」

('A`)「そうだな!じゃあゲームでもして落ち着くか!」

(´・ω・`)「だから電気が止まってるンだって♪」

('A`)「そうだったNE♪」

(´・ω・`)「深呼吸でもして落ち着こうか」

('A`)「あっああ」


すぅー

(;'A`)「おぇぇええゲホッ!ゲホッ!ホコリが!ホコリガ!」

(´・ω・`)「FFのブリザガみたいだねそれ」

(;'A`)「そんなこと言ってる余裕があるのか」

(´・ω・`)「慌てない慌てない一休み一休み」

('A`)「一休さんならとんちでどうにかしろよ」

(´・ω・`)「水でも飲んで落ち着こう」

('A`)「水しかないじゃん」



ゴクゴク


('A`)「ところでずっと気になっていたんだが」

(´・ω・`)「ん?」

('A`)「あの電話機から出てる紙はなんだ?」

(´・ω・`)「FAXだね、どれどれ」

('A`)「なんて書いてあるんだ?」




オーストラリアに一ヶ月程旅行に行ってきます

大家&管理人


(´・ω・`)('A`)「まじかよ・・・」




('A`)「他に誰か居ないのかこのボロアパート・・・」

(´・ω・`)「外国人の兄弟が居たけど最近みないね」

('A`)「なんだ?家賃の踏み倒しか?」

(´・ω・`)「そうかも」

('A`)「まじかよ」

(´・ω・`)「常識を疑うよね」

('A`)「まったくだな」

ぐぅぅ

('A`)「腹へってきたな」

(´・ω・`)「なんか食う?」

('A`)「何があるんだ?」

(´・ω・`)「その辺に一杯あるじゃない」

('A`)「何が?」

(´・ω・`)「キノコ」

('A`)「はぁ?」

(´・ω・`)「キノコだよ」

('A`)「まじかよ」

(´・ω・`)「まじだよ」

('A`)「キノコと水しかないの・・・・?」

(´・ω・`)「キャンプ用コンロがあるから火も使えるよ」

('A`)「背に腹は変えられぬ・・・」

(´・ω・`)「結構いけるよ、我が家のキノコは」

('A`)「産地がアパートの畳だなんて」

(´・ω・`)「フリーチャイナだよ安全だよ」

('A`)「ふーん」

ぶちん

(´・ω・`)「これは食べられそうだな」

('A`)「いっただっきまーす!」

(´・ω・`)「生で食うのはマズイよ」

('A`)「そうかな」

(´・ω・`)「そうだよ」

('A`)「じゃあ茹でるか」

グツグツ

('A`)もぐもぐ

(´・ω・`)もぐもぐ

('A`)「結構いけるな」

(´・ω・`)「そうだろうそうだろう」

('A`)「おぉ!良く見るとあっちにもキノコが!」

(´・ω・`)「あれはちょっとピリっと来るけどいけるよ」

('A`)「いやっふぉー!」

ひょいひょい

('A`)「ショボンはキノコ詳しいな」

(´・ω・`)「まぁ実際に何度も食べてるからね」

('A`)「茹で上がった!」

(´・ω・`)「ぼくのキノコもとっくに茹で上がって真っ赤さ・・・」

('A`)「?なんかいったか?」

(´・ω・`)「いやなんでも」

('A`)「よーし食おうぜ!」

(´・ω・`)「うん」

ぱくぱく

('A`)「うまい!」

(´・ω・`)「うまい!」

('A`)「ここはほんとキノコの山だな!」

(´・ω・`)「そうだろうそうだろう」

('A`)「たけのこはないのか?」

(´・ω・`)「流石にたけのこはね」

('A`)「おっまたキノコ!」

(´・ω・`)「もうおなかも一杯だから取るだけにしよう」

('A`)「スゴイ色だな緑と青のストライプだ」

(´・ω・`)(どうみても毒だな・・・)

(´・ω・`)「それは食わない方がいいよ」

('A`)「おk」

('A`)「眠くなってきたな」

(´・ω・`)「もう2時過ぎだよ」

('A`)「ちょっとキノコに夢中になりすぎたな」

(´・ω・`)「うん」

('A`)「まぁキノコはいくらでもあるよな」

(´・ω・`)「ああ」

('A`)「ふふ♪あしたもいーっぱい取れるといいなぁ♪」

(´・ω・`)「ヘケッ」


チュンチュン

('A`)「朝だ!!!」

(´-ω-`)Zzzz

('A`)「朝だぞショボン!早くキノコを食べよう!!」

(´-ω-`)Zzzz

('A`)「あぁもうっ!」

ガサガサ

('A`)「辛抱たまらん!」

(´・ω-`)「ん・・・?」

ガツガツガツ

('A`)「デリシャス!めちゃんこデリシャス!」

(;´・ω・`)「あっ!それ昨日のアレだし生のままだぞドクオ!」

('A`)「キノコの刺身だ!」

(;´・ω・`)・・・・

('A`)「ふー食った食った」

(´・ω・`)「平気なのか・・・?」

('A`)「むしろ調子が良くなった気がするぜ」

(´・ω・`)「ほむ・・・じゃあぼくも一口」

('A`)「どうぞどうぞ」

(´・ω・`)むしゃり

('A`)「あ、よ」

('A`)「よ、ようじょ」

(´・ω・`)・・・・?

('A`)「よよよよよううよううようじょじょじょ」

(;´・ω・`)「おっおい」

('A`)「ようじょおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

(´・ω・`)ヽ ぺっ

(´・ω・`)「あれは叫び茸だったか」

('A`)「よっようじょが俺とお付き合いしたいって」

(´・ω・`)「幻覚作用もあり、と」

('A`)「はぁ・・・はぁ・・・」

(´・ω・`)「平気かい?」

('A`)「なんとか・・・」

(´・ω・`)「やっぱりあんな禍々しい色の物は口に入れるべきではないよ」

('A`)「そんなこといってもよ・・・」

('A`)「キノコしかないじゃん・・・ここ・・・」

(´-ω-`)・・・・・

('A`)「おれたちは、おれたちは」

(´-ω-`)「ああ・・」

('A`)「遭難してるんだよ・・・・!」

(´・ω・`)「それは認めざるを得ない」

('A`)「戦争だよ・・・・!キノコ戦争だよ・・・!」

(´・ω・`)「・・・・・」

('A`)「俺はコーラがのみたい・・・!CCレモンでもいいから・・・・!!!」

('A`)「兎に角甘いものがたべたい・・・!!!朝昼晩お菓子の生活にもどりたい・・・!!」


(´・ω・`)(・・・今の生活の方が健康的なんじゃないか?)



それから3週間後


(ヽ'A`)「み、み、みず」

きゅきゅ

(ヽ'A`)「あれ?」

きゅきゅきゅ

(ヽ'A`)「水が・・・!水がでない!」

(ヽ´・ω・`)「なんてこった・・・」

(ヽ'A`)「俺たちは減量中のボクサーじゃねえ!水を!水をくれ!」

(ヽ´・ω・`)「水道代も滞納してたのを忘れてたよ」

(ヽ'A`)「モウダメダ・・・」

ぶ~ん

(ヽ´・ω・`)「幻聴が聞こえてきたよ・・・」

(ヽ'A`)「オレモダ・・・」

ぶ~ん

(ヽ´・ω・`)「いやまて、幻聴じゃない」

(ヽ'A`)「あ、あれはカナブン・・・」

(ヽ´・ω・`)「なんだ虫か・・・・」

(ヽ'A`)「飯だ・・・・」


(ヽ´・ω・`)「え?」

(ヽ'A`)「キノコ以外の食料だ!!!!!」

(ヽ'A`)「フヒ、フヒヒ、カナブンだ!食えるぞ!」

(;ヽ´・ω・`)「落ち着けドクオ!それは飯じゃない!」

(ヽ'A;)「いやだ!!!おれはカナブンを食うんだ!!」

(ヽ'A;)「絶対美味いって!カラフルだし!チョコレートの味だよ!M&Msだよ!」

(ヽ´・ω・`)「最後まで人としての尊厳を守ろうじゃないか・・・」

(ヽ'A`)!!!!!

(ヽ'A`)「そうだな・・そうだよカナブンは食い物じゃないよ」

(ヽ´・ω・`)「分かってくれたか」

(ヽ´・ω・`)「あ、カナブン」

(ヽ'A`)「どうした・・?カナブンは食い物じゃないぞ?」

(ヽ´・ω・`)「違う・・見ろ・・・あのカナブンが止まってる所」

(ヽ'A`)「どこって壁じゃ・・・・」

(ヽ'A`)「ああああああああ!!!!!」



(ヽ´・ω・`)(ヽ'A`)「樹液だああああああああああああ」



('A`)ぺろぺろぺろぺろ

(´・ω・`)ぺろぺろぺろぺろ


(´・ω・`)「壁が木造だったお陰で樹液が出てくるとは」

('A`)「久々に糖分を補給できたぜ」

(´・ω・`)「生きる気力も湧いてきたよ」

('A`)「ああ!カナブンのお陰だ!」

ぶ~ん

('A`)「あっ」

(´・ω・`)「どうした」

('A`)「じゅ、樹液が無くなった・・・・」



さらに3日後

('A`)「樹液がねぇと生きていけねぇ・・・」

(´・ω・`)「しっかりしろドクオ!」

('A`)「か、からだが震える、あの樹液の味を忘れられねぇ・・・」

(´・ω・`)「くそっ!樹液よ出てくれ!」

('A`)「あ、あぅもう・・・駄目・・・だ・・・目がかすんで・・・」

(´・ω・`)(これはいかん、なんとかせねば・・・・)

(´・ω・`)(そうだ・・・!名案を思いついたぞ!)


(´・ω・`)「実は・・・こっそりと容器にかくしてたぼくの樹液がある」

ジジジー・・・

('A`)「まじかよ」

(´・ω・`)「さぁこれを咥えるんだ」

ぼろん

('A`)「ありがてぇ・・・」

ちゅぱちゅぱ

('A`)「おい、全然でてこないぞ」

(*´・ω・`)「あっあぁ少し詰ってるんだよ」

(*´・ω・`)「舐めると容器があったまって“出”が良くなるはずだ」

('A`)「そうかそうか」

ぺろぺろぺろ

(*´・ω・`)「くっ出る!出るぞ!!」

('A`)「ふがふが」

どぴゅー

(´・ω・`)「ふぅ」

('A`)「苦っ!」

(´・ω・`)「結構放置してたからな、痛んでたんだろう」

('A`)「なるほどな」



――――――――――――――――――――



ξ ゚⊿゚)ξ「それではご入場いただきましょう。奇跡の生還を果たしたお二人です、どうぞ」

ジャーンジャーン

(´・ω・`)「どうもどうも」

('A`)「緊張するぜ」

ξ ゚⊿゚)ξ「ご自宅に監禁状態から一ヶ月近く生き残った訳ですね」

(´・ω・`)「ええ」

ξ ゚⊿゚)ξ「スゴイですね、しかしキノコと水しかないとは・・・」

(´・ω・`)「お恥ずかしい限りです」

ξ ゚⊿゚)ξ「結局どうやってご自宅から脱出されたんですか?」

('A`)「それが最後に飲んだ樹液の味が忘れられなくてさ」

(*´・ω・`)

('A`)「樹液の出る壁を必死にほじくってたらでかい穴があいたんだよ!」

('A`)「それでそとに出れたって訳」

(´・ω・`)「えっそうなの?」

('A`)「お前は精力使い果たしたみたいな顔で気絶してたからみてないんだったな」

(´・ω・`)「うん」

(´・ω・`)(そんなに壁薄かったのか)

ξ ゚⊿゚)ξ「それは幸運でしたね」

('A`)(´・ω・`)「ええ」

ξ ゚⊿゚)ξ「当時の事を振り返ってみてドクオさんはどう思いますか」

('A`)「なーに今となってはもう笑い話さ」

('A`)「でもあの時ショボンがくれた樹液がなかったら・・・と思うとゾッとするよ」

('A`)「きっと気が狂ってたかもしれない」

(´・ω・`)「ははは」

ξ ゚⊿゚)ξ「お二人の固い絆が生還への鍵だったんですね」

ξ゚⊿゚)ξ「ではまた次回お会いしましょう」

ワーワー

('A`)「出演料ももらえてハッピーだな」

(´・ω・`)「ああ」

('A`)「でも金じゃあの時の樹液の味はだせないよな」

(´・ω・`)「なぁにそれならいつでも舐めれるさ」

('A`)「まじで!!」

(´・ω・`)「あぁ!」





「開けジッパー!!!!!」




終わり





この小説は2008年4月23日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:XWqTVMd10 氏



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/02 19:46 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3224-2a5cdf08


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。