スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(^ω^)たちは○○○なようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




(   )「おい…!…え…ろよ…!」


――なんだお…。まだ寝かせてくれお…。


('A`)「おい、もうすぐだぞ」

( ^ω^)「…お?」


 ここは、どこだ…?
 さっきまで、僕は、あの、vip


(´・ω・`)「confusing。混乱しているんだね。自分の名前はわかるかい?」

( ^ω^)「僕の名前は内藤ホライゾンですお」

(´・ω・`)「great。よくできました」


 そうだ。僕の名前は内藤ホライゾンで、さっきまでvip市の山の中の川でカーチャンと…


(; ^ω^)「ここは、どこですかお?」

('A`)「上見てみろよ。う え」


 僕は言われたとおりに、上を見上げてみる。


( ^ω^)「…お?」


1_20100102183632.jpg



 真っ白。全部真っ白。
 ただし縁がある。どこまでも広がると見せかけて、いきなり黒い縁が現れる。
 これではまるで、容器に入れられているみたいだ。ただし、とてつもなく大きな。


( ^ω^)「さっきまでカーチャンと一緒にいたのに…どうしてこんなところに」

('A`)「そうか、お前はこれ初めてなのか。俺はもう2巡目だぜw」

(´・ω・`)「ten or eleven。僕はそろそろ2桁になるかな」


 僕は、とんでもないところに来てしまった。
 この二人は…


( ^ω^)「そういえば、まだ名前を聞いてませんでしたお。二人ともなんていう名前なんですかお?」

('A`)「おれはドクオ。これから長い付き合いになるかも知れないし、よろしくな」

(´・ω・`)「or not。ならないかも知れないけどね。僕はショボン。よろしくね」

( ^ω^)「おっおっwよろしくお願いしますおw」


 ドクオさんと、ショボンさん。
 いい人そうでよかった。もうこの際だ、覚悟をきめて、おとなしくしよう。


( ^ω^)「お二人は、どこから来たんですかお?」

(´・ω・`)「France。僕はフランスの方から来たんだ。ところでヨーロッパの酸性雨はひどいね。
       すぐに蒸発するし、すぐまた降っちゃうしもうやんなtくぁwせdrftgyふじこlp;」

(;'A`)「こいつ酸性雨の話になると、止まらないんだよ。」

(; ^ω^)「そうなんですかお…」

('A`)「ちなみにおれはロシアのほうから来たんだ。お前さんは?はどこから来たんだ?」

( ^ω^)「僕はvip市立高校の裏山でカーチャンと…」


 そうだ…僕はカーチャンから離れてしまったんだ。


( つω;)「ウッ…」

('A`)「アー泣くな泣くな。すぐになれる。ってかvip市って近所じゃねーかwww」

( :ω:)「…そうなんですかお?」

('A`)「ああ。だから運が良ければ元の場所に帰れるよ」

( ^ω^)「なんだおw泣いて損しましたおw」

('A`)「はじめて故郷を離れるのはつらいよn

(´・ω・`)「…っていうわけなんだよー?ひどいとおもわない!?まじチョーあり得ないしー」

( ^ω^)「ショボンさん口調変わってる…」

('A`)「…」

(´・ω・`)「sorry。すまない。興奮しすぎたようだ」


 と、その時。三人は大きな衝撃に襲われる。空間が一気に揺れ動いた。
 天井が歪曲し、波立っていく。
 いよいよだ


( ^ω^)「来ましたお」
('A`)「始まったか」
(´・ω・`)「おしゃべりは終わりだね」


 三人は、身構えた。


 すると、一つの変化が訪れる。
 先程まで天井を埋め尽くしていた波の振幅は徐々に減っていき、傾きへと変わっていった。
 平らだった天井が、今では手を伸ばせば届くのではないか、というまで斜めになっていた。


 一瞬の静寂。静止。


 また突然の変化。
 三人がいる空間を飲み込む穴が出現した。唯一の黒。
 吸い込まれそうな、ではなく、吸い込んでいる闇。
 天井はもはや真っ白ではなく、ブラックホールに吸い込まれる光にように、面積を減らしていく。


( ^ω^)「またどこかでお会いできるといいですおね」

('A`)「ああ。またな」

(´・ω・`)「see you again。また会おう」



 とうとう空間は消滅し、とてつもなく巨大な容器からは何物も姿を消した。
















(,,゚Д゚)「うめー!やっぱ山で汲んできた天然水は味が違うなゴルァ!」















「(^ω^)たちは水分子なようです」

       おしまい





この小説は2007年3月15日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:o5hGSGIG0 氏
TOP画像クリックで変わります



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/02 18:38 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3205-6d3c25c6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。