スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

川 ゚ -゚)クーは幸せを伝えるようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ





『幸せとは何か?』

 なーんて、夜空を切るロケットを眺めながら考えてみた。
 記憶が正しければあの中に、私の両親が乗っている筈だ。

川 ゚ -゚)y-~~(ま、親不孝に幸せの意味など分かるまい)

 煙草の白い煙が、黒い風景を少しだけ汚す。
 夜空には星が一つもない。都会の空は何の面白みも無い。
 地球を滅ぼさんとする星だけが、赤い光を放ち不気味に輝く。
 
川 ゚ -゚)y-~~(短い人生だったな)

 2098年2月。冬の寒さがピークに達したある日の事。
 巨大な隕石が地球に衝突する、非情な現実が人類に突き付けられた。
 
川 ゚ -゚)y-~~(どこのSF映画だよ)

 心の底から思う。どこのCGに莫大な資金を費やした映画だよ? これは。
 現実への愚痴を溢しつつ煙草の煙を夜空に再び流す。
 私は中学生にも関わらず、煙草を吸う非行少女だ。



20080405204913.jpg



( ^ω^)「クー、こっちで酒盛りでもするお!」

(*'A`)「呑まなきゃやってられっかってんだ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「私はジュースで良いわ。ビール不味いし」

(´・ω・`)「カクテルを用意出来たら良かったんだけどね」

 明るく楽しそうな声に、言い知れぬ寂しさから解放される。
 振り向けば地面にシートを敷いて、馬鹿騒ぎをしている友人達。
 皆、私と同様に地球に残る事を選んだ、大馬鹿者だ。


川 ゚ -゚)y-~~「私は屋上で空を眺めてる方が良いんだが」

 自分の素直な気持ちを言葉に出してみた。
 あの輪の中に入ればきっと私は、未来を渇望してしまう。
 だって、あんな暖かそうな場所は、一生居たくなるじゃないか。

ξ ゚⊿゚)ξ「クーが好きなチロルチョコ1箱分パクって来たわ」

 私の頑なな一念は、チロルチョコを前に脆くも砕け散った。

川 ゚ -゚)y-~~「食べゆー」

ξ ゚⊿゚)ξ「委員長、煙草はいけないと思います!」

川 ゚ -゚)y-~~「良いんだよ、非常事態だもの」

( ^ω^)「成績優秀の委員長の今の姿を見たら皆びっくりするお」

(*'A`)「盛り上がって参りました! ヒック」

(´・ω・`)「根暗で通ってたドクオのこの姿もきっと驚かれるよね」

 学校の屋上で酒盛りをする日が来るとは夢にも思わなかった。
 ブーンは食う専門、ツンはジュースを飲み、ショボンは洋酒を啜っている。
 ドクオは…何だこいつは、クソ寒い中服を脱ぎ捨てビールを一気呑みしている。

川 ゚ -゚)y-~~「ドクオ、気持ち悪いからやめて」

(#'A`)「断る! 俺の楽しみの邪魔をするのは許さん!」

 何か怒鳴られた。いつも吃りながら喋ってた癖に。
 苛ついたので、煙草をドクオ目掛けて投げたが、奇妙なステップで避けられた。

 懐中電灯で照らされている屋上。
 尽きない笑い声が、夜空に木霊する。
 ブーンが悪ノリしだし、酒瓶をマイク代わりにして唄う。

 ドクオはその歌声に合わせて、即興のダンスをする。
 ジュースを飲んでいたツンも、ビールを呑み始め屋上での宴会は加速していく。


(´・ω・`)「……ねぇ」

川 ゚ -゚)y-~~「ん?」

 私の隣でちびちびと酒を啜っていたショボンが、小さな声を漏らした。
 少し強い風が吹いていれば、聞こえなかっただろう声量。


(´・ω・`)「どうして皆、ここに残ったのかなぁ」

川 ゚ -゚)y-~~(……………)


『怖かったってのが本音だろう』


 地球脱出計画は行き当たりばったりの、生存出来るか怪しい物だ。
 無事、新しい星に到着した所でどうなるか全く分からない。
 そして、この地球で生まれ育ったんだ。最期は此処で果てたい。

川 ゚ -゚)y-~~「何となくだよ、きっと」

 ずっと素直に生きて来ている私の珍しい嘘。
 もし本心を言ってしまえば、何だか後悔しそうで怖かった。

(´-ω-`)「そうかい」

 ショボンは呟くと缶ビールを手にしてスックと立った。
 そして盛り上がっている皆に聞こえる声で呼び掛けた。


(´・ω・`)「君達! 今宵はバーボンハウスへようこそ!」


(*^ω^)(*'A`)ξ*゚⊿゚)ξ「???」

川 ゚ -゚)y-~~「ショボン?」


 皆の視線を一身に浴びる中、ショボンは缶ビールをシェイクし始めた。
 テレビで見るそれとは全然違う、様になっていない手付き。
 だけど、一心不乱にシェイクする姿はとても格好良かった。

(´・ω・`)「受けとれよ、お前ら!!」

 蓋が開けられた缶から、スプリンクラーの如くビールが放たれる。
 そう言えばショボンは将来、洒落たバーを持ちたいと言ってたな。
 彼の心の中で、夢は今、叶ったのだろうか。

(*´・ω・`)「ははははは!」

 ビールでびしょ濡れになったショボンは、何処か満足気に笑う。
 しかし、ショボンの近くに座ってたツンはビールを頭から被り、お怒りのようだ。

ξ#゚⊿゚)ξ「何すんのよ! これはお返し!」

 えいや、とツンが何かをショボンに向け投げつける。
 ショボンはそれを見事に受け止めた。銀色、ビール缶だ。

ξ*゚⊿゚)ξ「もっとやりなさい!」

(*´・ω・`)「ふひひひひ! どうなっても知らないよ!?」

(*'A`)「ばっちこーい!」

(*^ω^)「パクって来たビールはまだまだあるから遠慮するなお!」

 空が白んで来た。
 もうすぐ夜が終わり、世界は終へと向かう。
 私達はシートの上で寝転び、最後の夜空を楽しんでいた。
 はっきりと形を目視が出来る程、終末を告げる星は近付いている。

 (´・ω・`)「終わりなんだね」

ξ ゚⊿゚)ξ「終わりだねー……」

( ^ω^)「でも楽しかったお」

('A`)「うっ……吐きそ……」

川 ゚ -゚)「君って奴は最後まで……」

( ^ω^)「おっお。……最後に言っても良いかお?」


 ブーンの明るい声が私の耳に届く。
 何を言うのか知らんが、泣き言はごめんだぞ。決心が揺らぎそうだから。
 すぅーっ、とブーンの大きな深呼吸の音が聞こえる。


(#^ω^)「二年三組、内藤ホライゾン! 僕の最後は幸せだったお!」


 大きな叫び声。でも声が震えていた。…怖いんだろうな。
 数秒後、涙を堪えるブーンの息遣いが聞こえて来た。

(´・ω・`)「何だい? それは」

(#;ω;)「分からないお。 けど、けど…僕の今の気持ちだお!」

('A`)「泣くなよ、こっちも泣きたくならぁ。……まぁ」

(#'A`)「…こんな俺でも最後は幸せだったぜ!」

 これは何のお涙頂戴的な小説の中の台詞なんだ。
 聞いていると恥ずかしさで顔が赤くなりそうだ。
 このパターンだと多分…。

ξ*゚⊿゚)ξ「私も幸せだったわよ!
       別にアンタ達と最後を過ごせたからじゃないんだからねっ!」

 ほら、な。


( ^ω^)「またまた、強がり言っちゃって」

('A`)「ツンは昔から分かりやすいよな」

ξ////)ξ「う、うるさいわね! ショボンはどうなのよ!」

(´・ω・`)「そんなの決まってる。僕も幸せだ」

 ツンに促されたショボンはあっさりと答えた。
 それから、沈黙が訪れる。聞こえるのは静かな生きている証の音。
 はいはい、私の言葉を待っているんだろ。
 それぐらい推して知って欲しい。私達は幼稚園からの付き合いではないか。

(´・ω・`)「クー」

( ^ω^)「クー」

ξ ゚⊿゚)ξ「クー」

('A`)「クーは……うっ、やべっ……」


 もしも、輪廻なんて物があるならば、神様どうか頼む。
 再びこの馬鹿な友人達と過ごせる時間をくれ。
 こいつらと居ると、楽しくて、嬉しくて、ほっとするんだ。

 何で涙が流れる。怖くなんて、ない。なのに涙が溢れる。
 ずるい。最後にこんなにも騒げる場を作った神様は意地悪だ。
 もっと一緒に居たいな。もっと馬鹿な事をして生きて行きたいな。


川  - )「私、クーは、皆と一緒に居られて……」

 ああ、この気持ちが幸せという物か。
 恥ずかしいが、私は素直な性分だ。
 頑張って今の気持ちを伝えようか。


川  - )「私はなー」



 『――とっても、とっても、幸せだったさ!』






この小説は2008年2月25日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:xE5OjqZVO 氏



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/02 14:36 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3198-158fe406


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。