スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(-_-)ノハ ゚⊿゚)二人は世界へと飛び立つようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




 200X年。VIP国には悪の秘密結社『GIKO』が存在していた。
 地球侵略をスローガンに掲げ、各地で極悪非道の限りを尽くす。
 延べ十万にも登る怪人達の頂点の正体は、謎のベールに包まれている。

ノハ ゚⊿゚)「……………………」

 街の人々を恐怖の底に突き落とす、怪人達による凶悪な破壊活動。
 これに危機感を募らせたVIP国政府は、ある計画を始動させる。
 五人の適合者を秘密裏に国民から選び、怪人達に抗う戦闘員に育てあげたのだ。
 ヒーロー物の話よろしく、五人は戦いの中で絆を強め成長して行った。

ノハ#゚⊿゚)「ヒッキー博士!!!」

 そう。これは『GIKO』の科学者ヒッキーと、その助手ヒートの物語である。



1_20100102134037.jpg



 某県山奥。

2_20100102134037.jpg


ノハ#゚⊿゚)「うおぉい! 博士は居るか!!」

 ヒッキーのラボに入るなりヒートは怒号を飛ばした。
 広い研究所内には本棚が所狭しと並んでいる。
 機械の匂いより書籍の匂いの方が勝っている。
 研究所というよりもさながら図書館の様相だ。
 ヒートは早足で歩き、本棚と本棚の間を順々に探して行く。


ノハ ゚⊿゚)(居ない? …でも気配は微かにする)

 研究所内全てを探し終えたヒートは、
 片隅にポツンと設置された、白いデスクの前で立ち止まる。
 ここでヒッキーは外に出る事無く、日夜様々な兵器を開発している。
 ヒートはデスクをしばし眺めた後、四つん這いになり鼻を地面に近付けた。

ノハ ゚⊿゚)「くんくん」

 ヒートは犬の遺伝子を持つ怪人である。故に鼻がよく利く。
 赤い髪から伸びた犬耳を動かせながらヒッキーを探す。
 数秒後、尻尾がピンと立った。どうやら探し当てたようだ。


ノハ*゚⊿゚)(お菓子の匂いがするぞっ!)

ノハ;゚⊿゚)「じゃなくて…」

 首を横に振って、雑念を彼方へと飛ばす。
 もう一度地面に鼻を近付けて嗅ぎ始める。
 地面、本棚、壁を嗅いだがヒッキーを見付ける事は出来なかった。

ノハ ゚⊿゚)「気配はあったんだけどなー。おかしいなー。ムシャムシャ」

 ゲットしたお菓子を頬張りながら、ヒートはデスクの前に戻って来る。
 尻尾を左右に振らせ、次々とポテチを口に運ぶ。
 そうしていると低い男性の声が聞こえた。


「それ、ボクのお菓子……」

ノハ ゚⊿゚)「博士?」

 ヒートが声のした方向に顔を向けた。見馴れた本棚が目に映る。
 何も無かった風景に、痩せ細った男性が突如姿を現した。
 痩せた身体に合わない白衣、血色の悪い顔の青年。
 この男性こそ秘密結社『GIKO』の科学者、ヒッキーである。


(-_-)「ステルス迷彩、あと、消臭装置を開発してみた……」

ノハ#゚⊿゚)ビキビキ


 ヒッキーの言葉を聞いたヒートは、顔に怒りの表情を浮かべる。
 お菓子の袋を乱暴に投げ捨て、ヒッキーに食って掛かった。

ノハ#゚⊿゚)「博士! 私達は周りから冷たい目で見られてるんだぞ!」

 支給された資金で、使えない物ばかりヒッキーは作っていた。
 ヒッキーが携わる開発部門は、周りの部門から蔑まれているのだ。

ノハ#゚⊿゚)「なのにまた変なの作って!!」

(-_-)「変なのとは失礼だな。
     確かに消臭装置はお遊びだけど、ステルスは使えるよ」

ノハ ゚⊿゚)「…た、確かに姿を消してあれこれ出来るな」

(-_-)「少しでも動いたらバレる仕組みにしたけど……」

ノハ#;⊿;)「馬鹿あああぁぁぁぁぁ!!!!!」



 ――――。


(-_-)「………………………」

ノハ ゚⊿゚)「………………………」

 白衣をボロボロに裂かれたヒッキーは、壁に背中を預けて本を読んでいる。
 ヒートはヒッキーが自身の最高傑作と称している怪人である。
 助手というポストにありながら、高い戦闘能力を誇っている。
 そんなヒートを怒らせたヒッキーは、鋭い爪で襲われたのだった。

(-_-)「で、何の用?」

ノハ ゚⊿゚)「え?」

 ぼーっ、とヒッキーの姿を眺めていたヒートに声が掛けられる。
 沈黙していたヒッキーが突然口を開いたせいか、
 ヒートは少しだけ間の抜けた返事をした。

(-_-)「叫んで入って来て…。用事があるんでしょ?」

ノハ ゚⊿゚)「あ」

 再び間の抜けた声を出す。ヒートはそそっかしい性格のようだ。
 腕を組み、真剣な眼差しでヒートは用件を述べた。

ノハ ゚⊿゚)「今月中に成果を上げなかったら、予算を大幅にカットするそうだ」

(-_-)「そう」

 事実上の死刑宣告を本から目を離さず、二文字で受け止めた。
 全く成果を上げない、上げようとしない。
 組織にとってヒッキーは邪魔な存在と成ったのだ。

ノハ#゚⊿゚)「そうって……。どうするんだよ!!」

 ヒートがまた怒鳴り声を上げる。尻尾の毛が逆立っている。
 今にも襲いかからんとばかりに、犬歯を剥き出しにしている。
 張りつめた空気。そん中、ヒッキーは本をパタンと閉じた。

(-_-)「その質問に返答する前に、君に渡したい物がある」

 ヒッキーは本を片手に持ち、白衣のポケットに手を入れた。
 ポケットの中から取り出した物。それは銀色の光沢を放つ指輪だった。

(-_-)「これを指に通してみて。サイズは君の薬指に合わせてある……」

 そう言うと、ヒッキーがヒートへと指輪を放り投げた。
 二人の間に銀色に輝く放物線が描かれる。
 ヒートの手の中に細い指輪が収まった。

ノハ ゚⊿゚)「これは?」

 無駄な装飾が一切無い銀色のそれを眺めつつヒートが問う。
 ヒッキーが普段とは違う、何処か力強さを秘めた声で返した。

(-_-)「良いから、早くそれを指に通して」

 違和感を覚えたが、ヒートは指示通りに指輪を右手薬指に通した。
 そして、手のひらをヒッキーに向けて翳す。

ノハ ゚⊿゚)「こうか?」

(-_-)「似合ってるよ」

 表情を全く変えない変人で通っているヒッキーが口元を歪ませる。
 ヒッキーなりの笑顔だろう、初めて見る表情にヒートは照れて髪をかく。

(-_-)「じゃ、本棚目掛けて腕を振るって。軽くで良い」

ノハ ゚⊿゚)「は?」

 妙な事を言う。ヒートは頭上に疑問符を浮かべる。
 怪訝な顔でヒッキーを見遣ると、笑顔は消えていた。
 瞼を僅かに開け、ジッとヒートを見つめている。
 無言の圧力に押されヒートが本棚目掛け軽くパンチをした。

ノハ ゚⊿゚)「てい!」

 初まりは無音だった。だが、研究所内は一瞬にして変化する。
 ヒートの拳から凄まじい衝撃波が巻き起こり、本棚を薙ぎ倒して行く。
 本棚を潰しただけに留まらず、行き場を失ったエネルギーは、
 壁、天井、機械、研究所内にある全ての物を傷付けた。

ノハ;゚⊿゚)「うおおぉぉぉ!? すげええええぇぇぇぇぇぇ!!」

 衝撃波が収まり、傷跡だけが残る室内を見てヒートが驚嘆の声を出す。

(-_-)「これ……自信作……」

ノハ*゚⊿゚)「これが答えという訳だな!
      この兵器があれば、街を潰す事なんて簡単だ!!」

(-_-)「いや、無理。その指輪は二回しか使えない」


 喜びで尻尾を大袈裟に振っていたヒートの動きが止まる。
 時が止まったかの様に、ヒートは笑顔のまま固まった。

ノハ*゚⊿゚)「…………………………」



 ――――。


 数分後、がっくりと項垂れているヒートの姿が在った。
 いつも元気なヒートが、ぶつぶつと愚痴を呟く程、悲観に暮れていた。

/ノハ ゚⊿゚)\「オワタオワタオワタオワタオワタオワタ」

 ヒートは虚空を眺めながら延々と呟き続ける。
 ヒッキーはデスクの引き出しを開けて、何やら探している

/ノハ;゚⊿゚)\「オワ……っ!? この匂いは!!」

(-_-)(…来た、か)

 寒気を覚える殺気が、ヒートの身体を駆け巡る。
 身構え、ゆっくりと視線を荒れた研究所内の向こう、入り口へと移す。
 そこには2メートルを越える身長を持つ、中年の男性が立っていた。
 筋骨逞しいこの男性が秘密結社『GIKO』の総統、ギコだ。

ノハ;゚⊿゚)「総統!!」

(,,゚Д゚)「これはすげぇ。夜逃げする前の大暴れって奴か!?」

 ギコの野太く大きな声が、研究所内に響き渡る。
 ヒートがその言葉に驚き、ヒッキーへと顔を向ける。

ノハ;゚⊿゚)「夜逃げ!!? ヒッキー、どういう事だ!!」

 引き出しの中を探る手を止めて、ヒッキーは背中を向けながら答える。

(-_-)「んー、政府からオファーが来て、それで」

(,,゚Д゚)「組織を裏切る、と」

 不気味な笑みを浮かべて、ギコが言葉を繋げた。

(-_-)「そう」

 無表情でヒッキーは繋がれた言葉に軽く答えた。
 笑みから鬼の様な形相に変えて、ギコがヒッキーに近付いて行く。

ノハ;゚⊿゚)「お待ち下さい! 総統! 博士にはきっと何か考えがあって――」

(,,゚Д゚)「黙れッッ!!」

 間に立ち、必死に庇うヒートをギコが一喝する。
 余りの怒気の前に竦み上がり、ヒートは足を震わせた。

(-_-)「お、あったあった」

 そんなやり取りもどこ吹く風、ヒッキーはマイペースな声を出す。
 引き出しを閉じてヒッキーはギコに体を向けた。

(-_-)「総統」

(,,゚Д゚)「あん?」

 ヒッキーの小さな声にギコは立ち止まった。

(-_-)「幼少の頃からこんな狭い所に閉じ込めて下さり、有り難う御座いました。
     お陰様で快適な引きこもり生活を送れました」

ノハ;゚⊿゚)「………博士?」

(,,゚Д゚)「……貴様」

 珍しく長い言葉を発した。やはり抑揚が無い小さな声だが。
 ヒッキーがもし表情豊かならば、直ぐに嫌味だと分かるだろう。
 トーンを変えずにヒッキーは言葉を続ける。


(-_-)「ボクはいつしか、外の世界へ出てみたくなったのです。
     青い空の下、『二人』でのびのびと暮らしたいのです。
     こんな小汚ない所で一生を過ごすなんて

     ――クソ食らえだ」


ノハ;゚⊿゚)「博士!!」


 ヒッキーは最後に、はっきりと感情を表に出した。
 本が散乱した研究所内、隅々まで凍てつく。
 シンと静まり返った空間をギコの笑い声が切り裂いた。

(,,゚Д゚)「ギコハハハ! 二人とはお前とそこの出来損ないの事か!?」


ノハ; ⊿ )「…………」

 出来損ないと言われ、ヒートは感情の色を失った。
 戦闘能力と妙な特技だけが取り柄で、満足に役に立てていない。
 直球で自分の心をギコに抉られ、ヒートは目に涙を浮かべる。

(-_-)「総統、いいや、ギコ。アンタの頭はただの飾りだ。
     出来損ない? 馬鹿め。ヒートは僕の最高傑作だ」

(,,゚Д゚)「ハハハ! 気でも狂ったか!!」

 ヒートを傷付けたギコの言葉を真っ向から否定する。
 そして、嗤うギコに向け、語気を強めて言い放った。

(-_-)「ヒートは世界への扉を開ける力を持っている」

ノハ ;⊿;)「!?」

 何の事だか、ヒートにはさっぱり分からなかった。
 ヒッキーの言葉は嬉しいがそんな力など無い、
 全くの無力なのだ、とヒートは己の拳を握り締める。


ノハ  ⊿ )「……あ」

 手の中に冷たい感触。そこにはヒッキーの答えがあった。
 『世界への扉を開ける力』をヒートは持っていた。
 涙を手で拭い、ヒートは大きく深呼吸する。


ノハ ゚⊿゚)「博士」

 眼に光を取り戻したヒートが口を開ける。
 それに対しヒッキーは一つ頷いて呟く。

(-_-)「………チャンスはあと一度」

(,,゚Д゚)「何をボソボソと。謀叛を企てた貴様等を直々に処刑してやる!!」

 ギコが二人へと向かって走り始めた。まるで戦車の様な勢いだ。


ノハ#゚⊿゚)「最悪な主の下に生まれて来てしまった!!」

(-_-)「ごめん」

ノハ#゚⊿゚)「でも、私は、私は犬だから忠義を立てるッッッッ!!!」


 共に暮らしたいと言った主を小脇に抱え、ヒートは駆ける。
 そして勢いが乗ったまま、力の限り腕を振るった。

 ――壁目掛けて。


(,;゚Д゚)「なっ!?」


 轟音を響かせて、世界への扉は開いた。
 青い世界へと二人は舞って行く。
 久方ぶりの外気に、ヒッキーは体を打ち震わせる。


(-_-)「……光が眩しい」

ノハ ゚⊿゚)「……なぁ、この後どうすんだ!?」

(-_-)「政府の人間と会う。住所は暗号文で知らされている」

ノハ ゚⊿゚)「うん。今後的な物じゃなくて、正に今! 的な!」

(-_-)「君は僕の最高傑作だ。上手く着地してくれ」

ノハ ゚⊿゚)「…………………………」



『まじかあああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!』












(-_-)「というのは嘘で、携帯型スラスターを持って来ている」

ノハ ;⊿;)「馬鹿あああああああぁぁぁァァァァァ!!!!!」





 こうして二人は、新たな世界へと飛び立って行った。






(-_-)ノハ ゚⊿゚)二人は世界へと飛び立つようです・おしまい

 副題「やけに待ってくれる、自己主張の強い総統」





この小説は2008年2月26日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:poFbJB74O 氏



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2010/01/02 13:41 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3184-5144d402


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。