スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

('A`)はお腹が空いたようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




('A`)「腹減った…」

ドクオはそう呟くとのんびりと腰を上げ部屋のドアを開ける。
食べ物を探しにリビングへと向かう。しかし冷蔵庫を開けても食料らしきものは見当たらない。


('A`)「何もないのかよ」


ふとテーブルに目をやるとかーちゃんのメモ帳が置いてある。
メモ帳なんて使わないでチラシの裏にでも書けよ、と思うが今はそれどころではない。


J( 'ー`)し「働いてないあんたに食わせる飯なんてないよ。
      お金置いとくから自分で買ってきなさい」


そのメモの隣には100円玉。


('A`)「100円て…何買えばいいんだよ…」


落胆の表情を浮かべながら、ドクオは家を出て商店街へと歩いていった。



20070809210629.jpg



('A`)「暑い…」


商店街へ行くと昼間ということもあり活気に満ちている。
魚屋の男がこっちをじっと見ている。


(´・ω・`)「うほっ!いい男!や ら な い か ?」

('A`)「結構です」


魚屋からの場違いな声に逃げるように後にする。
所持金は100円。まともなものが買えないのはわかってる。

ふと目に止まるは八百屋。


('A`)「果物なら何か買えるかも」


藁にもすがる思いで彼は八百屋へ足を運んだ。


( ゚∀゚)「へい。らっしゃい!!」

若い兄ちゃんの声が店内に響く。


('A`)「何かないかな…」


さまざまな果物が並ぶ店内。
その中で明らかに異質な物体があった。


('A`)「これ林檎?」


確かに林檎のようにも見える。
しかし決定的に色がおかしい。


白いのだ。


絵の具で塗ったかのように真っ白なのだ。


( ゚∀゚)「その林檎が気になるのかい?」

にやにやとしながら店主が話しかけてくる。

('A`)「あ…やっぱりこれ。林檎なんですか……?」

( ゚∀゚)「その通り。そいつはな…おっぱいを極めた者しか作れない……
     伝 説 の 白 い 林 檎 だ!!」


('A`)「いくらですか?」

( ゚∀゚)「100万円」

ドクオは店を出た。



川 ゚ -゚)「お嬢様!あそこの八百屋に白い林檎が!」

ξ ゚⊿゚)ξ「なんですって!金は惜しまないわ!買ってきなさい!」

店を出ると、身なりのいい二人が八百屋に駆けていった。

どこかのお嬢様と執事だろうか?


('A`)「買う奴いるのかよ」

世の中とはわからないものだ。

何か疲れた…もう家に帰ろう……





J( 'ー`)し「ご飯出来たわよー」

結局家に帰りネトゲをして過ごした。
いつのまにか夕飯の時間になってたらしい。

('A`)「今行く」

パソコンの電源を切りリビングへ向かう。

('A`)「え………」

テーブルに並べられた料理を見て彼は驚いた。
明らかにいつもよりも豪華なのだ。
そして彼は気づいた。





『誕生日おめでとう』





真ん中にはケーキが置いてあり、チョコレートで出来たプレートにこう書かれていたのだ。






('A`)「俺…今日誕生日だっけ……」





そうか……昼に100円しかくれなかったのはこの為か。

お腹空かせた後に食う飯は上手いもんな。

自分でも忘れてたのに。かーちゃんは覚えていてくれたんだ。




ありがとう…かーちゃん。





俺、かーちゃんの息子でよかった。







J( 'ー`)し「私の誕生日よ。あんたも祝いなさい」


おしまい







・これは酷いwwwww

・これは酷いwwwwww

・カーチャンwww乙wwwww

・これは酷いwwwwwww

・(´;ω;`)カーチャン






この小説は2007年5月19日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:SO7e/c1+0 氏
作者がお題を募集して、それを元に小説を書くという形式のものです
ラストだけ青色小文字レス付きです


お題
・白い林檎
・メモ帳
・お嬢さん
・誕生日
・極める
・執事


ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2009/12/31 22:09 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3085-388f1cc5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。