スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニートのわらしべ長者ギコ


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




20070722222540.jpg



その日もニートのギコは家でごろごろしていた

J( 'ー`)し「ギコ、もうお昼だよ?」

(,,゚Д゚)「うっせーな、メシは部屋の前に置いておけば勝手に喰うよ」

J( 'ー`)し「そうかい?冷めないうちに食べなさいよ。
      あ、あとね、この間、母さんの前の職場のスーパーでね
      物出しのバイトを募集してたみたいだけど、店長さんがどうだって……」

(,,゚Д゚)「いらねーよ。それより早く部屋から出てけって」

J( 'ー`)し「そうかい?気が向いたら話しておくれ。
      それじゃあ母さん、パートの仕事行ってくるから」

バタン、と静かに部屋のドアがしまった。

(,,゚Д゚)「ったく、うっせー親だぜ。あ~金ねーかな、金」

ギコはPCをいじりながらポテチを食う。

(,,゚Д゚)「あ~わらしべ長者ってすげぇよな。ワラ一本で億万長者だぜ?
     ほんとすげえぜワラww」

毎日毎日、家で2chとエロゲの日々。
わらしべ長者のようなことが現実にあるなら誰も苦労はしねーぜと思いつつ、ギコは起き上がった。

(,,゚Д゚)「ま、ものはためしだ。俺もちょいと試してみるかな」

そう言ってギコは家にあったエロゲを持ち、外へ出た。




(,,゚Д゚)「あ~誰かエロゲいらねーかな……お?」

('A`)「……ウツダシノウ」

(,,゚Д゚)「おーい、ドクオ、エロゲいらね?かわりになんかくれよ」

('A`)「……ティッシュしかない」

(,,゚Д゚)「あ?マジ?まあいいや。どうせコピーとってあるし、タダみたいなもんだしな。
     んじゃ交換な」

('A`)「……ハイ」

(,,゚Д゚)「ま、大事なのは過程より結果だよな。次いってみっか……
     ん?なんだこのティッシュ、妙にガビガビだが……まぁいいか」




<ヽ`∀´>「うぅ」

(,,゚Д゚)「ん、どうしたニダー。キムチで食中毒でもおこしたか」

<ヽ`∀´>「その通りニダー。今、腹が痛くて……ニダー」

(,,゚Д゚)「んなら便所にでも行けよ。ほれ、そこの公園にあるじゃん」

<ヽ`∀´>「でも紙がなかったニダー」

(,,゚Д゚)「んならこれやるよ。ほら」

<ヽ`∀´>「ありがたいニダー。あなたが神か?否。紙か?」

(,,゚Д゚)「くだらんシャレはどうでもいいから何かよこせ。ぶつぶつ交換だぞ」

<ヽ`∀´>「それならこのキムチあげるニダー。ミーはトイレに行くニダー」

(,,゚Д゚)「……キムチって……これで腹痛くなったんだろうが」




(,,゚Д゚)「どうすんだよ、このキムチ……お、ようオワタ。元気か?なんだ、お出掛けか?」

\(^o^)/「これからジュカイ」

(,,゚Д゚)「そうか、そりゃ大変だな。晩飯までには帰ってこいよ」

\(^o^)/「でもジュカイまで遠いからレンタンを探してたけど、金がないオワタ」

(,,゚Д゚)「そうか。まぁ人生オワタするにも金がいるんだな。
     お、そうだ、もしよかったらこれやろうか」

\(^o^)/「キムチ?」

(,,゚Д゚)「ああ、毒キムチだ。喰えば即死だぜ。でも交換条件がある。お前の全財産だ」

\(^o^)/「…………この世にミレンなし」

(,,゚Д゚)「え、ってまじ財布くれんの?ちょっと悪い気もしてきたが、まぁいいか。
     あ、あとそのキムチは便所の前で喰うといいぞ」


(,,゚Д゚)「ってあいつの財布、200円しか入ってねぇ。あとは……メンバーズカード?
     メイド喫茶のじゃねーか。ま、暇だし、話のネタに行ってみるか」




(*゚ー゚) 「いらっしゃませご主人様~。って、ギコ君?」

(,,゚Д゚)「え、しぃってここでバイトしてたの?」

(*゚ー゚) 「あ、うん。時給良いし……。ギコ君ってこういうお店良く来るの?」

(,,゚Д゚)「い、いや初めて。話のネタにって思ってたけど……」

(*゚ー゚)「そうなんだ……あ、じゃあとりあえず席に案内するね」


そう言って連れてこられた部屋は――個室だった。
テーブルと一対の椅子、冷蔵庫、そして――ベットがある。

(*゚ー゚)「はい、そこに座ってね」

(,,゚Д゚)「え、あ、ああ……(テーブルじゃなくてベットなのか?)」

(*゚ー゚)「はい、それじゃあ始めますねご主人様」

(,,゚Д゚)「え。あれ、ちょい待ち、なんで俺の服を脱がそうと……って、おいおいおい!
     待て待て待て!」


ギコは慌ててメンバーズカードを確認する。
メイド喫茶――兼、サービス店。


(,,゚Д゚)「ま、ちょい待ち、ここってもしかしてそういう店なん!?」

(*゚ー゚)「え、知らずに入ったの?」

(,,゚Д゚)「知らんっちゅーねん!てかなんでしぃこんなとこでバイトしてんだよ!
     お前、そんな奴じゃなかったろ!?」

(*゚ー゚)「…………」

(,,゚Д゚)「親御さんが知ったら哀しむぞ!自分の体大切にしろよ、な?」

(*゚ー゚)「…………もん」

(,,゚Д゚)「え?」

(*゚ー゚)「これしかなかったんだもん!」

しぃは激昂した。突然の感情に、ギコは更に驚く。

(,,゚Д゚)「こ、これしかなかったって……」

(*゚ー゚)「言ったでしょ?時給が良いって!」

(,,゚Д゚)「だ、だからって――」

(*゚ー゚)「今、お母さんが病気なの!」

しぃの突然の告白に、ギコは凍り付く。


(,,゚Д゚)「び、病気?」

(*゚ー゚)「そうよ。過労でこの間倒れたの。うちがお父さん離婚していないの知ってるでしょ?
     ずっと女手ひとつで私を育ててくれて、疲労が溜まってたのよ!
     それで病気になって――わたし、大学も辞めたわ
     続けていくお金がなくて。今はそれより――なにより、お金が必要なの!」

(,,゚Д゚)「…………」

(*゚ー゚)「ギコ君、あなたにわかる?お金のない苦しみが。
     わかるはずないわよね。家で毎日毎日2chとエロゲばかり。
     ご飯もお風呂も洗濯も気付けば全てやってくれている家族。
     それが当たり前と思って過ごして……今の私にはそんなのない、何にもないのよ!」

(,,゚Д゚)「…………」


ギコは、何も言い返せなかった。
そして、そのまま時は過ぎた。



帰り際、しぃは言った。

(*゚ー゚)「また来てくださいね、ご主人様」

ギコは、何も言えず、ただ帰路についた。





J( 'ー`)し「お帰り、ギコ。ご飯できてるわよ」

(,,゚Д゚)「あ、うん……」

J( 'ー`)し「先にお風呂入りな。もう湧いてるから。あとで部屋にいつもみたく食事届けるから」

(,,゚Д゚)「あ……う、うん。あの、お袋……」

J( 'ー`)し「ん?どうしたんだい?」

(,,゚Д゚)「いいよ、今日下で食べるから」

J( 'ー`)し「そうかい?どうしたんだい、急に」

(,,゚Д゚)「べ、別になんでもねーよ。あ、あと朝言ってたバイト、あれやるわ。
     てか毎日暇だし金もねーしな。さて、風呂風呂」


ギコは早足で風呂場へと向かった。
熱い湯につかりながら、ギコは思う。


(,,゚Д゚)「わらしべ長者……か」


ギコは思う。
この風呂も、この家も、きっとわら一本で手にはいるようなものではないのだろう。

そして、家族も――。


(,,゚Д゚)「いい湯だぜ。ったく……」


鼻歌が、室内に響く。
湯気が立ちこめ、そして真っ白く染まっていった。









この小説は2007年7月15日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:UXTAGdl00 氏



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2009/12/31 18:40 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3067-ebc245b0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。