スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一レス劇場「ジョルジュ君」


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ




1_20091230195543.jpg




お題:散逸

(;゚∀゚)「あれー? ここにあったエロスな本の数々はどこへ……?」

J( 'ー`)し「ああ、アンタの本なら預かってるよ」

Σ( ゚∀゚)「か……カーチャン!」

J( 'ー`)し「お掃除の際に発見しました」

(;゚∀゚)「ははは(…うげ……うかつだった……)」

J( 'ー`)し「さて、アンタが隠してた本はこのウホ本かい? それともこっちのスカトロ本かい?」

(;゚∀゚)「普通のエロ本です」

J( 'ー`)し「宜しい、正直者には秘蔵のアイコラ本を差し上げましょう。あとさっきの二冊も」

(;゚∀゚)「アイコラの秘蔵ってなんだよ! 他の二冊は捨ててくれよ!」

J( 'ー`)し「カーチャンの顔も貼っといてあげたわ」

(;゚∀゚)「いらねえよ!」

J( 'ー`)し「はい、ペンギンクラブ」

(;゚∀゚)「しかも二次元かよ!」



お題:燃

(;゚∀゚)「あれー? ここにあった萌え系同人誌はいづこへ……」

J( 'ー`)し「……(パチパチ……)」

( ゚∀゚)「カーチャン、ひょっとしてそのたき火って……」

J( 'ー`)し「汚物は消毒しなきゃね」

Σ(;゚∀゚)「そ、そんなー! それはいくらなんでもひどいぜ!!」

J( 'ー`)し「ごめんね、カーチャンたき火したくてね。燃やすものが欲しかったからね」

( ゚∀゚)「ううう、あの作家さんの限定本が……」

J( 'ー`)し「お詫びに、カーチャンで萌やすのを許可するからね」

(;゚∀゚)「そういうのはいいよ」

J( 'ー`)し「焼き芋が焼けたよ。カーチャンおいも大好きだからね」

J( 'ー`*(  ,, )=3 ブッ

( T∀T)「あああ、あの美少女もあのロリータも、このイモ一つのために……」

J( 'ー`*(  ,, )<ごめんね

(;゚∀゚)「尻で謝罪すんな!」



お題:混沌

( ゚∀゚)「ただいまー……ってあれ? なんだこの居間の汚さ……」

从'ー'从「おかえり。早かったねえ」

(;゚∀゚)「し、しかもあんた誰だよ! 強盗か!?」

从'ー'从「人聞きの悪い子だねえ。カーチャンだよ」

(;゚∀゚)「カーチャン!?」

从'ー'从「アンタの部屋を掃除してたら、隅のほうにキノコが生えてたんだよ」

(;゚∀゚)「また人の部屋を勝手に……って、それ喰ったのか!?」

从'ー'从「なんでも口に入れてみるもんだよ。そしたら御覧の通りさ」

(;゚∀゚)「そんな滅茶苦茶な話があるかよ」

从'ー'从「ごめんね。カーチャン若返ってごめんね」

( ゚∀゚)「それにしても、混沌としてて足の踏み場もないぜ……」

从'ー'从「またあのキノコが生えてこないかと思ってねえ」

(;゚∀゚)「そんな都合よくいくかよ」

从'ー'从「やっぱり、アンタが胞子振りまかないと無理かねえ」

(;゚∀゚)「俺は一体何者なんだよ」



お題:爆弾

<ヽ`∀´> 「この学校に爆弾を仕掛けたニダ! せいぜい苦しむニダ!」

(;゚∀゚)「うわあまずいぞ、早くなんとかしないと」

从'ー'从「ほらほら、爆弾見つけたよ」

(;゚∀゚)「カーチャンなんでいるんだよ! つーかそんな危ないもん持ってくるな!」

从'ー'从「ごめんね、カーチャン落ちてるものは拾うから。ごめんね」

( ゚∀゚)「で、肝心の爆弾ってのはどこ……?」

从'ー'从「カーチャンそのものが爆弾だよ。微笑みの爆弾ってやつさ」

(;゚∀゚)「意味わかんないよ!」

从'ー'从「ほら見なさい、赤と青の線がついてるよ」

( ゚∀゚)「どっちかを切れば時限装置が止まるのか?」

从'ー'从「赤は運命の糸、青はヘソの緒だよ。どっちもカーチャンとアンタに繋がってるよ」

(;゚∀゚)「うわ、それ切りづらー」

从'ー'从「あらあら、早く切らないと、カーチャンもう限界だよ、ああ……」

ボン!!!!!

Σ(;゚∀゚)「うわあああっ!」

J( 'ー`)し「ふう、びっくりしたよ」

( ゚∀゚)「カーチャン! アンタ元に戻ってる!」

J( 'ー`)し「12時になったから、魔法が解けたんだろうねえ」



お題:一般人

( ゚∀゚)「俺はオンリーワンになりたい!」

('、`*川 「どうした、藪から棒に」

( ゚∀゚)「その他大勢は嫌なんだ、誰にもない個性を身に付けたい」

('、`*川 「なんかもう厨二病まっしぐらってかんじねえ」

( ゚∀゚)「一般人との差異をつけるにはどうしたらいいと思う?」

('、`*川「それなら、やっぱり笑顔からだね」

( ゚∀゚)「笑顔?」

('、`*川「ヨン様みたいに、微笑みの貴公子目指してみるのよ。彼を見習って」

( ゚д゚ )

(;゚∀゚)「こっちみんなじゃねえか。奴が微笑みの貴公子?」

('、`*川「まあ見てなさいよ」

Σ( ゚д゚ )  ミンナくーん、笑ってー>('、`*川

( ゚д゚ ) ………。

( ^^ω) ニコッ

(;゚∀゚)「いや、骨格に無理のない範囲で頼む」



お題:厭世

(-_-) 「鬱だ・・・マジ本気氏のう・・・」

( ゚∀゚)「どうしたんだよ、ほっそい目をさらに細くしちゃって」

(-_-) 「君は何げにひどいな。聞いてくれよ、振られちゃってさ」

( ゚∀゚)「mjd? 相手は誰だよ」

(-_-)「从 ゚∀从さ。誕生日だっていうから勇気を出して、完全自殺マニュアルをあげたのに……」

(;゚∀゚)「そりゃ振られるだろ」

(-_-)「とにかくもう駄目だ。僕はもう死ぬ。誰がなんと言おうと死ぬんだ」

(;゚∀゚)「あんまり思い詰めるなよ……」

( ・∀・) 「聞いてくれジョルジュ! 俺はついに偉業を達成した!」

( ゚∀゚)「おう、どうした血相を変えて」

( ・∀・) 「半年間溜めつづけたハナクソを並べて、ゴッホの”ひまわり”を模写した」

(;゚∀゚)「どんだけ芸術を汚せば気がすむんだ」

( ・∀・) 「さて、割り箸をつまようじに加工しなきゃならんから帰るぜ。じゃあな!」

(;゚∀゚)「それ意味あるのか?」

(-_-)「もうちょっとだけ生きてみようかな……」



お題:爽風

( ゚∀゚)「今日は風が強いなあ」

ξ  ξ゚)「……」

(* ゚∀゚)「うーん、前を歩いてる女子のスカートがめくれればなあ」

( ゚∀゚)「うおお! 風よ! 神風よ!」

=========⊂二二二( ^ω^)二二⊃ ブーン

ぴらっ

Σξ  ξ゚)「きゃあ!」

Σ(;゚∀゚)「おおお!」

ξ ^^ω)ξ彡「もう、エッチな風!」

(;゚∀゚)「おい! 後姿美人にもほどがあるだろ!」

⊂二二(^ω^ )二二二⊃ ブーン=========

ぴらっ

ΣJ( 'ー`)し ミξ ^^ω)ξ 「きゃあ!」

J( 'ー`)し「もう、エッチな風!」

(;゚∀゚)「しかも変装かよ!」



お題:スピンコブラ

( ゚∀゚)「スピンコブラ? 何かと思ったらミニ四駆か」

( ^Д^)「そう言って馬鹿にするけど、ミニ四駆はただのおもちゃじゃないんだぞ!」

( ゚∀゚)「ふーん。いくら?」

( ^Д^)「そういう意味のただじゃないよ! しかもどこかエロ親父っぽいし!」

( ゚∀゚)「で、そのスピンコブラはどう特別なのよ」

( ^Д^)「なんか、撫でてると落ち着くんだ……」

(;゚∀゚)「ペットかよ」

( ^Д^)「俺がデベソで悩んでた時も、相談に乗ってくれたし……」

(;゚∀゚)「玩具に悩みを打ち明けるなよ」

( ^Д^)「味噌汁に入れてもそれなりにコクが出る」

(;゚∀゚)「いや、壊れるから。普通に」

( ^Д^)「そんな魅惑のスピコブ、今ならもう一台同じものがついて2980円での御提供です!
      0120-イーオッパイイーオッパイまで今すぐTEL!」

(;゚∀゚)「一個でいいから半額にしてくれ」



お題:凛

川 ゚ -゚)「てやーっ!」 スパッ

(=゚ω゚)ノ<おお、あれが素直先生秘伝の居合い……  お見事なんです!>(>< )

( ゚∀゚)「すげえなクー先生。竹が一直線にスッパリ切れてる」

川 ゚ -゚)「ではジョルジュ君、やってみたまえ」

(;゚∀゚)「は、はい。やってみます」

川 ゚ -゚)「初心者の君には、切りやすいように竹の代わりを用意した。見たまえ」

(;゚∀゚)「はあ……ってカボチャ!? 竹のほうが切りやすそうなんですけど」

川 ゚ -゚)「心配するな、とここでネタばらし。仕掛け人はこの裏にいるのだ」

( ゚∀゚)「意味がわかりません。うりゃあっ!」 

スパッ

パカッ

J( 'ー`)し「頑張ってるね」

(;゚∀゚)「ぬああ! 竹……カボチャからカーチャンが産まれた!」

川 ゚ -゚)「これが噂に聞くシンデレラ……」

(;゚∀゚)「わざと言ってるでしょ、それ」

J( 'ー`)し「今日はアンタの大好きなカレーだよ」

川 ゚ -゚)「やったー!」

(;゚∀゚)「いいなー、中の人手回しいいなー」

川 ゚ -゚)「ハムッ、ハフハフ、もぐもぐ」

川 ゚ -゚) → 川´・ω・`) グングングン

゜・..゜川´・ω・`)゜+.゜ジャジャーン

川´・ω・`) 「オカワリ」

(;゚∀゚)「Jリーグカレーとか、もはや誰もわかんないっすよ」



お題:ウンウンウニウム

( ´ー`)「次の方どうぞー」

( ゚∀゚)「ごほ、ごほごほ……宜しくおねがいします」

( ´ー`)「あら、咳が出てるね。風邪ですかな?」

( ゚∀゚)「ごほ、はい、あと熱っぽくてだるいです」

( ´ー`)「そうですか。それで、今日はどうされました?」

(;゚∀゚)「だから風邪ですって」

( ´ー`)「よくわかりました。それで、本人には告知しますか……?」

(;゚∀゚)「ただの風邪だし、僕が本人ですってば」

( ´ー`)「そうですねー、じゃあ、大きくお口を空けてくださいね」

( ゚∀゚)「ごほ、はい、喉ですか? あー」

( ´ー`)「はい、痛かったら手を挙げてくださいねー」

(;゚∀゚)「歯医者じゃないだろ! なんで聴診器じゃなくてドリル持ってんだよ!」

(*゚ー゚)「かゆいところはございますか?」

(#゚∀゚)「うるさいっての! あえて言うなら尻!」

( ´ー`)「じゃあ、かゆみ止めを処方しときましょうかね」

(;゚∀゚)「いらないってば」

( ´ー`)「風邪ですね。お薬と、ウンウンウニウムを処方しておきますからね」

( ゚∀゚)「ウンウンウニウムってなんですか?」

( ´ー`)「おまじないです。緊張しないようにね」

(*゚ー゚)「先生は極度のあがり症なんです。今の診察も自分に鞭打って必死に」

(((;´ー`)))「あああ、今朝はガスの元栓閉め忘れてきた気がする」

(;゚∀゚)「大丈夫か、この医者」

(*゚ー゚)「ウンウンウニウムは、別名レントゲニウムって言うんですよ。医者だけにね」

d(*`∇゚)⌒☆「うまいこと言った! 私!」

( ゚∀゚)「言ってない言ってない」



お題:遠慮

( ´ー`)「次の方どうぞー」

( ゚∀゚)「はい」(´∀` )

(;゚∀゚)「あれ?」

(;´∀`)「あ、どうぞですモナ」

(;゚∀゚)「いや、そちらこそ。僕あとだった気がするんで……」

(;´∀`)「いえいえ滅相もない、どうぞどうぞ」

( ´ー`)「早くしてくださいねー」

( ゚∀゚)「ど、どうも。じゃあ俺が」

( ´∀`)「いやいや俺が」

(;゚∀゚)「はい?」

( ´∀`)「どうぞどうぞ」

( ゚∀゚)「は、はあ、じゃあ遠慮無く」

( ´∀`)「押すなよ! 絶対押すなよ!」

(;゚∀゚)「ちょ、とか言いつつ押しのけていくのやめて下さいよ!」

( ´ー`)「姿慎んでくださいねー」

( ゚∀゚)「じゃあ、公平にジャンケンで決めましょうよ」

(#´∀`)「ジャンケンを採用するのは公平じゃないですモナ」

(;゚∀゚)「ああもう、じゃあ何で決めるか決めてくださいよ」

( ´∀`)「トランプがいいですモナ」

(;゚∀゚)「どんだけ時間かけるんだよ」

( ´∀`)「まあまあ遠慮せず、どうぞどうぞ」

( ゚∀゚)「しょうがないなあ……ぶつぶつ……」

( ´∀`)「ロイヤルストレートフラッシュ! バイマン!」

(;゚∀゚)「ちょっとは遠慮しろよ」



お題:/^o^\テッポッドーン

( ゚∀゚)「ふう、今日も授業疲れたぜ。
     帰ろ帰……(パサッ⌒◇)     ……うん?」

Σ(* ゚∀゚)「こ、これはラブレター!? しかも下駄箱に投下とはまた旧時代的な!」

( ゚∀゚)「一体どんな美乳の女の子からだろう…(カサカサ)…ドキドキ……」

【/^o^\テッポッドーン 】

(;゚∀゚)「……?」

(´<_` )「どんなに恋焦がれても、私の思いはギリギリのところで届かない」

( ゚∀゚)「さ、流石弟?」

(´<_` )「それでもなお、この思いは何度でも、いつかあなたに届くその日まで」

(;゚∀゚)「あなたの胸で弾けたいってか。そんな深い意味があったとは」

(´<_` )「ふっ、乙女心の解読ならお手の物さ……」

(;゚∀゚)「そ、そうなのか。しかしこの文面でよくそこまでわかるな」

(´<_` )「アア。徹夜デ考エタふれーずダカラナ」

(;゚∀゚)「何でカタコトやねん……ていうかお前が書いたのかよ!」

⊂(´<_` )二⊃===「うおおー!!! ジョルジュさん愛してますたーい!!!!」

Σ(;゚∀゚)「結局は自爆テロ!?」



お題:天命

( ゚∀゚)「ふっふっふ、天が呼ぶ地が呼ぶ。俺が勝つことはもう決まっているぜ!」

('、`*川「むう、そうはいかんざき」

('A`)「甘いな。 俺は勝って、約束通りお前のカーチャンに交際を申し込む」

(;゚∀゚)「そんな約束した覚えねえよ。くらえSkip、Reverse」

Σ('A`)「うわ、スカウターないと戦闘力わからん」

('、`*川「ちょっと、赤い下敷き貸して」

(;゚∀゚)「カードダスかよ! しかも古いし!」

( ゚∀゚)「よっしゃーあと一枚だ、u n o !」

(´・ω・`)………

(;゚∀゚)「uhoじゃねえよ!」

│・ω・`)………やr

(;゚∀゚)「やらねえ!」

('、`*川「くらうがいいわ! +2のカード!」

│三(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)スッ

(;゚∀゚)「お前が増えるのかよ!」





2_20091230195543.jpg




お題:元素

从'ー'从「きゃあああ!
      一見リストラ寸前のくたびれた酔っぱらいが
      ピチピチの24歳乙女座AB型体重ヒミツな私に絡んでくるのよー!」

<;ヽ`∀´> 「うるさいボケ! おとなしくするニダ!」

(;^^ω)「(ああ、大変だホマ。どうしようホマ)」

( ´∀`)*゚ー゚)'A`) (頑張れ電車男! おまいには俺たちがついてる!)

(;^^ω)「ネットのみんな、僕は勇気を出すホマ!」

( ^^ω)9m「ちょっとあなた、彼女いやがってるでしょう!」

<;ヽ`∀´>「ああん? なんだお前、やるのかニダ」

( ^^ω)「変身!」

<;ヽ`∀´>「!?」

ピカッ!

( ^^ω)→ .||_____||____||_____|| ババババーン

.||_____||____||_____|| 「電車男、参上!」

Σ<;ヽ`∀´>「なんだって──!!?」

*;.||_____||____||_____|| 「ハァハァ、お姉さん」 从'ー';从

(;゚∀゚)「お前も酔っぱらいかよ!」

「そこまでだ、怪人・電車男!!」

Σ( ゚∀゚)「ああッ……あれは!?」

ノハ ゚⊿゚)「火の戦士! 灯油とライター素直ヒート!」

(;゚∀゚)「放火は犯罪です」

ミ,,゚Д゚彡「風の戦士! パンチラ大好きフサギコール!」

(;゚∀゚)「ろくな事に能力使ってないなあ」

/ ,' 3「地の戦士! ミスターほふく前進・荒巻!」

(;゚∀゚)「戦えないだろそれ」

川 ゚ -゚) 「見ずの戦士! この事件は見なかったことに!」

(;゚∀゚)「それでもヒーローかよ」

ノハ ゚⊿゚),,゚Д゚彡/ ,' 3 ゚ -゚)‘ω‘ *)
 「全員揃って、四元素戦隊・センチメンタルファイブ! ジャジャジャーン!」

(;゚∀゚)「一人増えてるー!」

ノハ ゚⊿゚),,゚Д゚彡/ ,' 3 ゚ -゚)‘ω‘ *).||_____||____||_____||<`∀´;>
わーわーぎゃーぎゃーだーだー

(-_-) 「みんな迷惑だ……」



お題:砂時計

( ゚∀゚)「ああもう、このPC重いったらありゃしない」

(;゚∀゚)「さっきから全然画像表示されないよ。砂時計のマークがウザいなあ」

J( 'ー`)し「だめだよジョルジュ、砂時計を甘く見ちゃ」

Σ(;゚∀゚)「ギクッ! か、カーチャンノックくらいしろよ!」

J( 'ー`)し「それはジーチャンの形見なんだからね」

/ ,' 3「100年休まずに、サラサラ、サラサラ」

(;゚∀゚)「ジーチャン生きてるじゃん!」

J( 'ー`)し「大~きな、ノッポの、砂時計~♪」

/ ,' 3「ゴロリったら~! ……おいカメラ止めろ」

(;゚∀゚)「それノッポさん違う! しかも彼そんな事言わない!」

J( 'ー`)し「今は、もう~♪」

三/ ,' 3三/ ,' 3三/ ,' 3三/ ,' 3三/ ,' 3三/ ,' 3三 「うごかない~♪」

(;゚∀゚)「めっちゃ俊敏じゃないかよ!」

/ ,' 3「ワシの砂時計は108個あるぞ」

(;゚∀゚)「一個で充分だよ!」



お題:( ゚∀゚)「貧乳を愛す!」

⊂二二二( ´ω`)二⊃ ぶ、ぶうん……。

( ゚∀゚)「どうしたんだ、元気ねえな」

( ´ω`)「……時速80㌔で走る車の窓から手を出したら、手に当たる風の感覚はおっぱいのそれらしいお」

( ゚∀゚)「はあ、それがどうしたってんだよ」

( ^ω^)b「それなら、ツンの貧乳の感触は、さっきのスピードくらいかと思って……」

(;゚∀゚)「そんなわけねえだろ。おっぱいに貴賎なし」

ξ ゚⊿゚)ξ「ちょっとアンタ達! 見てみて!」

( ゚∀゚)「ん? 噂をすれば……」

  ξ ゚⊿゚)ξ 
 つ ,,) ,,) ボインボイン

Σ(;゚∀゚);^ω^)「のわっ! 一体何が……」

ξ ゚⊿゚)ξ「ヒミツは天使のブラよ。エンジェルちちバンドね!」

( ^ω^)「背負いやスイスイ」

(;゚∀゚)「それ妖精の翼※1」

ξ ゚⊿゚)ξ「ふう、肩が凝って腰が痛くて腕が筋肉痛でストレスが溜まるわー」

( ゚∀゚)「明らかにデメリットが多いな」

※1……参考:ttp://www.e-randoseru.com/cm/index2.htm



お題:向日葵

( ゚∀゚)「おじゃましまーす」

( ・∀・)「よくきたな。ほら、カルピスウォーターの水割りだ」

(;゚∀゚)「ケチにもほどがあるな。んで、ハムスター見せてくれる約束は?」

(;・∀・)「まあまあ慌てるな。まだ慌て、あわわて、あわわわわ」

(;゚∀゚)「お前が落ち着けっての」

( ・∀・)「見ろ、これがウチのハムちゃんだ」

   / ̄\
  |  ^o^ |   ドドーン
   \_/     
   _| |_    ζ Σλ

|  ^o^ | こんにちは

(;゚∀゚)「でけえ! しかも二足歩行!」

|  ^o^ | とっとこ バハムート太郎です

(;゚∀゚)「名前のインパクトがありえないよ」

( ・∀・)「だ~いすきなのは~」

|  ^o^ | ひ~まわりの 花~

(;゚∀゚)「丸ごとですか……」



お題:ジャングルグローブ

从 ゚∀从「ククク……VIP公園よ、私達は帰ってきた」

(*゚ー゚)「どうしよう、ドキドキしてきたよう」

从 ゚∀从「あんたは私の娘。できるはずよ! さあ!」

(*゚ー゚)「う、うん。 すぅぅっ……」

(*゚∇゚)「……恋は乱反射♪ 外反母趾マジックおどるわー♪」

(*゚∇゚)「♪マイ尻子玉~~~抜き差しならない裸のビーナス~~~」

(;゚∀゚)「なんだ? ジャングルグローブの上で歌ってる女の子が……」

(*゚ー゚)「♪MA-RI-MO! 風呂で勝手に繁殖~」

パチパチパチ……

Σ(;゚∀゚)「?」

( ´∀`)「感動しましたモナ。私、ニュー速プロダクションの茂名川といいますモナ」

从 ゚∀从「あ、あなたは、ひょっとして!」

( ´∀`)「はい。 つきましては、娘さんを是非ウチの事務所で」

Σ(*゚ー゚)「ほ、本当ですか!」

从 ゚∀从「やったわしぃ子、あんたとうとうやったのよ!」

 从 ゚∀从(*゚ー゚)「公園デビュー、成功ね!」

(;゚∀゚)「なんだよそれ」

( ´∀`)「……なんて言うわけねえだろうが! 本当のアイドル候補はこっちだ!」

J( 'ー`)し「HEY! サマーデイズシリカゲル! お口の中は百舌落としだわー♪」

Σ从 ゚∀从(*゚ー゚) ガガーン

从#゚∀从「ど……どうしてよ! どうしてウチの娘は!」

(#゚ー゚)「モンゴル原産なのにはかたの塩っていうくらい納得がいかないわ!」

(;゚∀゚)「わかりづらい」



お題:隘路(あいろ)

(;゚∀゚)「やばいぜやばいぜ、このままだと遅刻しちまう……」

( ゚∀゚)「しょうがない、狭くて薄暗いけど、近道を通っていくか」

(´・ω・`) ジャジャジャジャーン

Σ(;゚∀゚)「(うわあっ! あれはどう見てもいい男)」

(´・ω・`)ここを通りたくば、僕の出すクイズに答えるんだ

(;゚∀゚)「おいおい、こっちは急いでるんだけど」

(´・ω・`)正解すれば通してやるけど、間違えたら食べちゃうよ。もちろん性的な意味で

(;゚∀゚)「スフィンクスじゃあるまいし」

(´・ω・`)あるゲームで、太郎君が4点取りました。
      次郎君は2点取りました。
      三郎君はゲームを放棄すると、ベンチの男と公園のトイレで……

(;゚∀゚)「三郎君関係ないだろ!」

(´・ω・`)失敬失敬。穴があったら入れたいよ

(;゚∀゚)「そういうのはいいって。早く問題の続きを」

(´・ω・`)阿部君がさらに1点、道下君がもう1点を取ったとすると、全員の点数は何点でしょう?

( ゚∀゚)「……8点」

(*´・ω・`)しょうがないなあ、そんなに君が望むなら……

(;゚∀゚)「ハッテンじゃねえよ!」

(´・ω・`)ちなみに、あと2点取れば新宿二丁目一周ツアーを……

(;゚∀゚)「どういうゲームなんだよ!」

(´・ω・`)その頃三郎は、未確認穴掘り物体・UHOによって拉致され……

(;゚∀゚)「もういいっての!」



お題:川;゚ -゚)私は男だ!

( ,,゚Д゚)「健やかなるときも、病めるときも、ナンダカンダ、誓えますかー?」

('A`)「はい、誓います」

( ,,゚Д゚)「アナタはー?」

川*゚ -゚)「誓います」

( ,,゚Д゚)「オウ、ガッデム。それでは指輪の交換を……」

(;'A`)「は……はい! ドキドキ」

川*゚ -゚)「……」

( ゚∀゚)「新郎新婦ともに輝いてるな。これが人生の晴れ舞台か」

('A`)「さあ手を出しておくれ」

川;゚ -゚)「うう、ううう……」

('A`)「ん? どうしたんだ、クー?」

((川; - )))「ドクオ……」

川;゚ -゚)「すまない、私は男だ! 本当は男なんだあ!」

Σ('A`;)「な、なんだって──!!!!!」

ざわ……ざわ……

(;゚∀゚)「マジかよ、なんという急展開……」

川 ゚ -゚)「ドクオ、今まで黙っていて悪かった。
     でも……嫌いにならないでくれ!」

川 ;-;)「私のカレーな人生には、君という福神漬けが必要なんだ!」

(;゚∀゚)「おまけやん!」

('A`)「クー……おまえ、そんなに俺のこと……」

Σd('∀`)「任せてくれ! 君にとってのSGGK(スーパーがんばりゴールキーパー)になってみせる!」

(;゚∀゚)「かっこいいけど、それ噛ませ犬」

川 ゚ -゚)「ドクオ──!!」

('A`)「ぬら………じゃなくてク──!!」

(;゚∀゚)「ぬらって何だよ、ぬらって」

(´;ω;`)(いい話だなあ……)







この小説は2007年2月19日及び2007年2月21日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:AEIgOYfW0 氏(ID:YZkcdo3I0 氏)
作者がお題を募集して、それを元に小説を書くという形式のものと、その続きの話になります



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2009/12/30 19:57 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/3013-21048cdf


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。