スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

('A`)ドクオは星になったようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ





20070508213751.jpg



街灯が道を照らす。
その灯りはどことなく悲しく見えた。
今日は新月だろうか。
星は見えるのに夜空のどこにも月が見あたらない。
そんな空を見ていると何故か溜め息が出てしまう。

('A`)「はぁ……」

家へと向かう足取りが重い。
いつもならすぐ着くはずの我が家がまだ見えない。
今日は僅かな距離がずっと遠く感じた。



('A`)「ただいまー」

誰もいない部屋に声が響く。
いつもの癖でついつい言ってしまう。
家に帰る度に過去のことを思い出してしまい、虚しさが俺を包み込む。
今日は早く寝よう。
自然とそう考えてしまう。

('A`)「あ……」

ズボンから出した携帯が光っている。
着信を知らせるライトだ。
マナーモードにしてあったから気づかなかった。
今は夜の2時。
こんな時間から誰だろう。
そう思いながら俺は携帯を開いた。

('A`)「ん……なんだ。ショボンからか」

俺は送り主の名前を見ると、メールの内容を見ないまま電源を切った。
今日は疲れたから明日返事をすれば良い。
そう思ったからだ。

携帯を閉じるとそのまま布団の中に入る。
そして風呂にも入らないまま眠りへとついた。





眩しい。
カーテンの隙間から差し込む太陽が目に入る。
今は何時だろうか。
俺は枕元に置いてある時計に目をやる。

('A`)「なんだ……まだ8時じゃん」

俺はあくびをしながら携帯を開く。
そして電源を入れる。

('A`)「なんだこれ……」

携帯に表示されたのはもの凄い数の着信履歴。
その数は100件を越えていた。

('A`)「ショボン……ツン……ブーン……」

何故か胸騒ぎがする。
俺は慌てながら適当にブーンに電話を掛ける。

('A`)「…………」

出ない。
呼び鈴の音だけが耳に入る。
そして留守電に繋がる。

('A`)「くそっ……」

苛立ちながら携帯を閉じる。
俺は深く溜め息をつく。
最近溜め息ばかりついてる気がする。

お腹が全く空かない。
それに何故か胃が痛い。
胸元がぎゅっと締め付けられた気がする。

('A`)「コーヒーでも飲むか」

冷蔵庫からコーヒーの缶を取り出す。
これがどうやら最後の一本だ。
プシュ、という音とともに缶の蓋が開く。
そしてコーヒー飲もうとした時だった。


('A`)「電話だ……」


発信者はショボンだ。
恐らく俺からの着信を見て折り返し電話をしたのだろう。
俺はそう考えながら慌てて電話に出る。










('A`)「もしもし……?」

(´・ω・`)『やぁ』

('A`)「どうした…?」

(´・ω・`)『今から家に来てよ』

('A`)「だが断る」

(´・ω・`)『そうか』

('A`)「じゃあねー」

俺は電話を切ると、床に携帯を叩きつけた。
そして踏みつぶす。

だが携帯は壊れない。


('A`)「くそっ!やるなこいつ!」

俺は跳んだ。


('A`)「くらえ!」


携帯めがけて足を振り下ろす。
しかし、数センチ右にずれてしまい足を強打。
その衝撃で俺はガラスの様に散らばってしまった。

('A`)「がっ…ハ…俺が…負ける…わけが…」

開ききった窓から風が吹き込む。
風に吹かれたドクオの欠片が、窓を飛び出し空を舞った。
その瞬間に彼は星になった。
夜の一面の空を埋め尽くす星になったのだ。




-Fin-   ('∀`)






この小説は2007年5月6日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:jW+ZbgRlO 氏


ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2009/12/29 22:16 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(1)

短編じゃこれが一番好き
[ 2011/04/12 23:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2994-726c2646


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。