スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( 'A`)が今を見つめるようです


はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ





20070422165026.jpg



 青い空。白い雲。
 今日はそんな晴れた日。
 強い風。冷たい空気。
 今日はそんな冬の日。

( 'A`) 「はぁ……。せんせー。つばめがきましたー……」

 今日はそれなりに気分が良くなるような天候で、少なからず俺は触発されている。
 でも俺は引き篭りで、ヲタクで、ニートで、はっきり言って死んだ方が良い人種な訳で。
 つまり、退屈。
 「慣れ」とは恐ろしい。何もかもを「退屈」に変える。
 「退屈」も恐ろしい。
 そんな一例が俺だ。
 文明の利器を手に、俺は「退屈」の被害者へ。
 ワンプッシュ。
 電波は空を跨いで遥か彼方へ。


( ^ω^) 『お? どうしたんだお?』

 電波に乗って友人の声。
 もしも電波が目に見えたら、空はクモの巣みたいなのに覆われて見えるんだろうな。そんな心配をしてしまうくらい平和な日。

( 'A`) 「なぁ、ブーンよ……“幸せ”ってなんだろうね?」

( ^ω^) 『……厨二病乙』

 これも想定の範囲内。予想通りの日々が退屈を加速させる。

( 'A`) 「じゃあ、中学二年生に真理を教えてくれよ」

 ほんのちょっとムキになってみる。
 こういう駆け引きは苦手じゃない。


( ^ω^) 『んー……マジレスすると“生きてる”ってだけで幸せなんじゃないかお?』

( 'A`) 「ですよねー」

( ^ω^) 『m……プーップーッ』

 通話完了。

( 'A`) 「はぁー……燕、いねぇな……」

 空を見上げれば、機械の燕が目に入る。

( 'A`) 「戦闘機……? なんつったっけ……」

 鋭利な燕は、クモの巣をものともせずに風を切る。絹の様な雲をも破る。
 そんな広大な空の下では俺みたいな奴が腐る程いるんだろうな。


( 'A`) 「所詮、そん中の一人か……」

 呟いて、立ち上がる。

( 'A`) 「……行かなきゃ」

 太陽は傾き始める。
 理由はない。目的もない。
 ただ立ち上がって「行かなきゃ」って言ってみただけ。
 アニメとかで良くある「アレ」。使命感。そういうのを再現してみただけ。
 携帯と煙草。
 何処へ向かおう。

( 'A`) 「……―――空」

 家を飛び出して、街を見渡す。
 階段も二段跳ばし。

( 'A`) 「んー、久々の直射日光……」

 社会人は毎日、この空気の中で働くのか。
 不毛だね。実に不毛だ。
 俺の足は迷いなく進む。
 あっ、と言う間に目的地。


( 'A`) 「ふぅ……到着」

 ここは、何と隣のアパート。そして、最上階。十五階。

( 'A`) 「あ、屋上行けるじゃん……」

 安っぽい柵を乗り越えて屋上へ。今日の俺はアグレッシブ。
 そのまま歩いて、淵ギリギリまで向かう。

( 'A`) 「……高ぇ」

 震える両足に力を入れる。


――後、一歩進めば幸せに成れるよ!!――


(;'A`) 「……ッ!!」

 身体中ガクガク。

(;'A`) 「やっぱ……生きたいよなぁ……」

 震える手で携帯を取り出す。
 今日と言う晴れた日の締めくくり。


( ^ω^)[……ん?」

 ポケットの中で震える携帯電話。
 ブーンはそれを取り出して、サブウィンドウに目をやる。

―新着メール1件:ドクオ―

 慣れた手付きでメールを開いた。

( ^ω^)「凄く……綺麗だお……」

 真っ先に顔を出したのは添付されていた画像。
 それは沈んで行く夕日。
 もう何億回と昇り、沈んだであろう夕日。
 とうに見飽きたであろう夕日。

( ^ω^)「本文……」

from:ドクオ
件名:Re:Re:Re:
本文:こういうのって「幸せ」じゃね?


―fin―






この小説は2007年1月18日ニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:dJNDmpAlO 氏
作者がお題を募集して、それを元に小説を書くという形式のものです


お題
・サラサーティコットン100
・火だるま
・戦闘機
・駆け引き


ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2009/12/29 18:56 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2970-6b47c82d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。