スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戦え!アルバイター達!!のようです、お客様 第1シフト

 
はじめてブーン系小説を読む方はこちらへどうぞ





20070611221431.jpg



 
アルバイトバトルの応募者は凡そ500万人に及んだ。
アルバイトに関する筆記試験、実技試験等が行われ、8人にまで振るい落とされた。
ブーンは長年培ってきた経験を遺憾なく発揮し、見事に試験を通過する事が出来たのだ。

本戦の対戦相手は機械によるランダム抽選により選出される。
8人による合計7戦のアルバイトバトルが行われるのだ。
そして最後に残った者が賞金を、アルバイターとしての名誉を手に入れる事が出来るのである。


( ^ω^)「僕の最初の対戦相手はヒートって子かお」


ブーンは事前に相手の情報を調べ控えておいたノートを開き、情報を反芻する。


朱名ヒート(24)
和食レストラン『花椿』勤務。
原付で片道3分通勤。
彼氏無し。
スクリューパイルドライバーコマンドが入力出来ない。


( ^ω^)「なるほど……原付で近場通勤かお」

(’e’)「ブーン選手、時間です」

( ^ω^)「……分かりましたお」

ブーンは控え室から闘技場に向かい歩き始めた。
今まさに、ブーンにとって初めてのアルバイトバトルが始まる。


ブーンとヒートは闘技場の真ん中で向かい合い立っている。
ブーンは作業着姿でニコニコしている。
ヒートは着物の上に割烹着姿でブーンを凄まじい形相で睨み付けている。

ノハ ゚⊿゚)「これから命を賭けた勝負が始まるんだぞ!」

ノハ#゚⊿゚)「なのに何だ!お前は!ニコニコしやがってええぇ!」

(;^ω^)(いや、ぶっちゃけ緊張してるんですがお)

ノハ ゚⊿゚)「……とんだ優男だな!この勝負貰った!」

ヒートが台拭き用の布巾を右手に、バケツを左手に持つ。
布巾をバケツに入れ水を絞り、台を拭くかのような仕草をしている。

(;^ω^)「一体何を……」

ブーンは未知の緊迫感に捕われ身構える。


ノハ ゚⊿゚)「先手必勝―――店長!そろそろ店じまいの準備しても良いですかー!?」


ヒートはわざとらしくあさっての方向に叫ぶ。

そう、ヒートが放った攻撃は精神破壊の類の技だ。
食べてる最中に店じまいの準備を始められたらたまった物では無い。
早く食べなくちゃ!早く店を出なくちゃ!
店員が冷たい視線を注ぐのが目に浮かぶ。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…。
もう帰ります……。


観客が圧力に飲まれ、シンとなる。
嫌らしく粘ついたプレッシャーがブーンを飲み込む。


(;^ω^)「ぐぅっ!!」

ヒートの精神破壊攻撃を受け、怯むブーン。
膝が地面に着きそうになったが、足に力を入れグッと堪えた。

(;^ω^)「これがアルバイト力を使った攻撃……」


ノハ ゚⊿゚)「なんだ!アルバイトバトルは初めてか!」

(;^ω^)「そうだお…でも」

( ^ω^)「お陰様でアルバイトバトルの要領を掴んだお!」

ノハ ゚⊿゚)「ふん!強がるな!一気に畳みかけ」


( ^ω^)「意思表示―――申し訳ございません、お客様」

ブーンは一呼吸置いて言葉を放つ。


( ^ω^)「100ペリカ未満の給油はお断りさせて頂いておりますお」

ノハ;゚⊿゚)「なっ!?」


ヒートの言葉を遮りブーンが技を放つ。
ブーンの技が牙を剥いた。
不意を打たれ牙にえぐられたヒートの顔は、みるみる内に青冷めて行く。

ヒートは原付で職場まで通勤をしている。
一回通勤するごとに給油する悪癖がヒートにはあるのだ。
それ故、代金が100ペリカ未満の時がほとんどだ。
筆者の親がガソスタ経営してるので言わせて貰うが、とてもウザい。
何故ほぼ満タンなのに入れに来るのか、クレジットカード払いの時もあるし……。


ノハ;゚⊿゚)「違う!違うんだ!少しでも減ってたら気持ち悪くて…!!」


( ^ω^)「お客様、申し訳ございませんお」

錯乱しているヒートに向かい、強く言い放つブーン。
その技が止めとなるべくヒートに襲いかかる。


ノハ ;⊿;)「そ…ん……な」

持っていたバケツを手から落とし水が地面に染みる。
そしてヒートは泣き崩れながら地面に倒れた。
倒れながらもわなわなと肩を震わせ涙を流している。
観客もその悲惨な光景に恐怖を感じていた。


ノハ ;⊿;)「ほぼ満タンでも……良いじゃ…ん……」

ノハ ;⊿;)「入れて…よ……ね?」


涙を流し、顔だけをブーンに向け懇願するその姿は艶っぽく映った。
しかしブーンは深く頭を下げ断る。



( ^ω^)「またのお越しをお待ちしておりますお」




  第1シフト『またのお越しをお待ちしております』





この小説は2007年6月09日から2007年6月10日にかけてニュース速報(VIP)板に投稿されたものです
作者はID:Ael9l+c8O 氏(ID:+r0KERe9O 氏)

続きはこちら



ご意見等あれば米欄にお願いします


[ 2009/12/29 15:42 ] ナギ戦記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2946-2bdf9bc4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。