スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

('A`)は物御姫と一緒に戦うようです(保守文)


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/10/17(土) 11:00:45.56 ID:pj3ATjtXO

('A`)「今回はあいつか?」

そう言ったドクオの視線の先に居たのは一匹の獣のような何か。

川 ゚ -゚)「そうだ」

('A`)「んじゃ、さっさと終わらせるか」

クーが服のボタンをはずし、肩甲骨あたりまで背中を見せる。
そして、ドクオが素肌を露出した背中に手を置くと手がクーの中に入り、何かを探すようにドクオは腕を動かす。

('A`)「よし見つけた……」

その手が引き抜かれた時、ドクオの手には蒼い刀が握られていた。

彼女は物御姫。体内に道具を宿すもの。

('A`)は物御姫と一緒に戦うようです

こんなの思い浮かんだ保守



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/10/17(土) 11:25:43.70 ID:qaHAtJttO

>>56
( ・∀・)「ぎゃはははは!いいね!お前みたいな奴、俺さぁ…嫌いなんだよね、おい貞子」

川д川「はい…。」

モララーが貞子の頭の中に手を入れる

川д川「あっ…あっあっあっあっあ~!!!?」

そしてモララーの手が彼女の頭から出てきたとき、その手には紅い刀が握られていた

('A`)川 ゚ -゚)「Σっ!?」

( ・∀・)「なんだよその顔は…なにもお前らだけじゃないんだぜ?物御姫と契約した者はさ」

みたいなライバル登場ですね?わかります><


[ 2009/10/17 22:01 ] 1レス短編・保守文 | TB(0) | CM(3)

ドックンドックン~!ふぅん!クーにゃーんにゃーん
とぅばらてぃ
[ 2009/10/17 23:51 ] [ 編集 ]

烈火の炎思い出した
これ読みたい
[ 2009/10/18 20:15 ] [ 編集 ]

文章が稚拙。
[ 2009/10/20 09:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2674-42fe28d5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。