スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです


776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/10/09(金) 21:19:50.83 ID:eghtoqK30

从*'ー'从~♪

こんにちは!
私の名前は渡辺あやかっていうの、よろしくね!

私の家族はお父さんとお母さんとビーグルの4人家族。
とっても仲が良くて幸せなんだぁ。
今まで悩みなんてなかった、けど今は違うの。

从*'ー'从「今日も素敵な笑顔だったなぁ…」

実は好きな人が出来ちゃって…それでいつも胸が苦しいの。
他の女の子といると凄く妬いちゃうし、話しかけてもらえると凄く嬉しくなるんだ!
そして今日は、もう我慢の限界だから頑張って告白してみようと思うんだ…。

从'ー'从「…」

でも私はいつもドジばっかりだから、ちゃんと告白できるか心配…。
相談できる友達もいないし、告白なんてしたこともないからなんて言えばいいのかわからないし…。
それでもやっぱり独り占めしたいから、勇気を出して下駄箱に手紙を入れてきたんだ。

从'ー'从「来てくれるかなぁ…」

手紙に書いたとおり、私は放課後の図書室であの人を待っているの。
あの人の雰囲気がぴったりな場所だと思ったから。
授業が終わってもう1時間が経とうとしてるんだけど未だにあの人は来ない…。

不安で胸が締め付けられる…凄く苦しいよぉ…。



778 :从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです[sage]:2009/10/09(金) 21:23:15.15 ID:eghtoqK30

从 ー 从「やっぱ私なんかの話は聞きたくないのかな…」

そう思って、一つの椅子に座り俯いたとき図書室の入り口の扉が開いたの。
そして、私がそれに気づいて顔をあげるとあの人が立っていたの。

(´<_` )「えーっと…うちのクラスの渡辺さんだよね?
       他に人がいないってことは…この手紙の差出人は渡辺さんで間違いないかな?」

そう言って彼は私が書いた手紙を右手の人差し指と中指に挟みひらつかせて見せてきた。

从*'ー'从「は、はい!そうです!」

(´<_` )「ごめんね、遅くなって。
       名前が書いてなかったから悪戯かと思ったんだ」

从;'ー'从「ふぇ…ごめんなさい…」

(´<_` )「いいよいいよ。
       それで話って何かな?」

淡々と話を進めていく彼───弟者君。
少し急いでいるようにも見えるなぁ…。
と、とりあえず私の気持ちを伝えなきゃ!

从*'ー'从「え、えっとね…実は私…」

『好きです』っていう一言が言えない私はそこで俯いてもじもじしてしまった…。
早く言わなきゃ弟者君に迷惑かかっちゃうよ…頑張れあやか!



781 :从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです[sage]:2009/10/09(金) 21:26:03.64 ID:eghtoqK30

(´<_` )「なに?」

从*>ー<从「お、弟者君の事が好きです!
        付き合ってください!」

…言えた!
噛まずにちゃんと言えた私偉い!
なんか少しだけ胸の中がすっきりしたなぁ。

(´<_` )「…」

でも弟者君が私の言葉を聞いて固まっちゃった…。
ふぇ~…どうしよう…。

(´<_` )「いいよ、付き合っても」

从;'ー'从「ふぇ?」

(´<_` )「とりあえずウチ来る?
      今日誰もいないし、俺渡辺さんのことあんまり知らないから聞きたいし」

从*'ー'从「い、いいの?」

(´<_` )「全然いいよ。
      じゃあ行こうか」



784 :从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです[sage]:2009/10/09(金) 21:29:02.81 ID:eghtoqK30

人生初告白が成功しちゃった…!
しかもそのまま弟者君の家に行くことになっちゃった…凄く幸せ!

その後は弟者君に言われるがまま、手を繋いで帰ったの。
これだけでも幸せなのに、弟者君の家に行って、たくさんお話をして…。
そ、そのまま…。

ちょっと痛かったけど凄く幸せだった…。



792 :从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです[sage]:2009/10/09(金) 21:57:04.80 ID:eghtoqK30

───数日後

从'ー'从「弟者君~」

(´<_` )「あぁ、あやかか。
      どうした?」

从'ー'从「一緒に帰ろう~?」

(´<_` )「…」

あれれ~?
弟者君が黙り込んじゃった…何か用事でもあったかな?

(´<_` )「あやか悪い、今日は用事があるんだ。
      明日一緒に帰ろう?」

从'ー'从「わかったよ~、用事ならしょうがないもんね!」

(´<_` )「あぁ、じゃあまた明日な」

挨拶をしてそそくさと弟者君が帰っちゃった…少し寂しいな。
でも用事ってなんだろう…。

从'ー'从「…」

よぉし…気になるから着いて行っちゃえ!
見つかったらなんとかして誤魔化せばいいしね!



794 :从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです[sage]:2009/10/09(金) 21:59:31.31 ID:eghtoqK30

从*'ー'从~♪

もしかしたら普段見れない弟者君の姿が見れるかもしれないし…。
ちょっとわくわくしてきちゃったw

从'ー'从「こっちは…駅前かぁ」

そういえば付き合ってから二人で出かけたことないなぁ。
いつも弟者君の部屋か、私の部屋ですごすだけだからなぁ…。
まぁそれも嬉しいんだけどね。

从*'ー'从「今度の休みにでも誘ってみよっと♪」

そんなことを考えてるうちにボーっと突っ立ってる弟者君がいた。
でもなんか様子が…。
喫煙所にはいって煙草を吸ってる…?

私といるときは吸わないのに…。
もしかして私の事を気にして吸わないでいてくれるのかな?

从*'ー'从「えへへ…」

いつも見れない弟者君が見れて嬉しいなぁ。

あれ?
弟者君に声をかけてる人が…女の人?



796 :从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです[sage]:2009/10/09(金) 22:01:57.20 ID:eghtoqK30

ミセ*゚ー゚)リ「弟者ー、体に悪いから煙草やめなってw」

(´<_` )「いいじゃん、一種のストレス解消法だよ」

ミセ*゚ー゚)リ「そんなにストレス溜まってるわけー?」

(´<_` )「これでも学校ではいい子ちゃんしてるからな。
      それなりに疲れるんだよ」

いい子ちゃん…?
学校で見る弟者君は演技だったの…?

ミセ*゚ー゚)リ「あんな激しいことする弟者がいい子ちゃんなんて想像できないんだけどw」

(´<_` )「あんなことするのはお前だけだって。
      他の子には普通のことしかしてないし」

ミセ*゚ー゚)リ「他の子って…。
     あー、渡辺ちゃんだっけ?まだ続いてるの?」

私の名前…?



797 :从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです[sage]:2009/10/09(金) 22:05:47.96 ID:eghtoqK30

(´<_` )「あいつは胸デカいからパイズリするのにちょうどいいんだよw」

ミセ*゚ー゚)リ「どうせ私は小さいですよーだ」

(´<_` )「相性はお前が一番だって」

ミセ*゚ー゚)リ「どうせ他の子にも同じこと言ってるんでしょ?」

(´<_` )「本音を言ってるのはお前だけだっつーの。
      ほら、こっちこいよ」

こんなところで何をするの…?
人がいないからって…なんでその子とキスをするの…?

从 ー 从「…」

もう見てられないよ…。
弟者君は私の彼氏じゃなかったの…?



798 :从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです[sage]:2009/10/09(金) 22:07:42.54 ID:eghtoqK30

从 ー 从「ねぇ…弟者君…?」

(´<_`;)「あ、あやか…」

从 ー 从「今日の用事ってその子に会う事だったの?」

ミセ;゚ー゚)リ「…私急用思い出したから帰るね!
      またね、弟者!」

(´<_`;)「まて、ミセリ!」

从 ー 从「ねぇ…弟者君…」

从゚ー゚从「……どうして浮気なんてしたの?」

(´<_`;)「…」

どうして黙っちゃうのかなぁ。
私はただ理由を聞いてるだけなのに。



800 :从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです[sage]:2009/10/09(金) 22:09:28.32 ID:eghtoqK30

从゚ー゚从「弟者君、私だけを愛してるって言って?」

(´<_`;)「え?」

从゚ー゚从「早く」

(´<_`;)「ちょっと落ち着けあやか…」

从゚ー゚从「言ってくれないなら…」

私は、私は弟者君を絶対離さないんだから。



802 :从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです[sage]:2009/10/09(金) 22:11:04.75 ID:eghtoqK30

数日後、行方不明となった弟者の家族から捜索願が出された。
そして発見された場所は渡辺の家だった。

弟者の顔はやつれ、体は傷だらけだった。
警察の姿を見た弟者は泣きながら『ごめんなさい、ごめんなさい』と呟くだけだった。

そして部屋の持ち主である、渡辺本人は…。
右手にカッターナイフを持ち、左手は弟者の足首を持って、壊れたように笑っていた。









803 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/10/09(金) 22:13:36.61 ID:eghtoqK30

从'ー'从純粋ゆえにどうすればいいのかわからなかったようです
>>776>>778>>781>>784>>792
>>794>>796>>797>>798>>800
>>802

お題:从゚ー゚从「……どうして浮気なんてしたの?」

本当にごめんなさい
消えるとは思わなかった…orz



[ 2009/10/10 21:54 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2649-0df69637


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。